Time is money  キムのお金日記

「お金について語りたいっ!!」と思ってブログやってます。







2014.07.29 20:35|カテゴリ:お金についての考え方コメント(4)

人間の味覚は超適当


中国の食肉工場でのずさんな管理体制が話題になっていますね?
過去にも、ホテルでエビを偽装したり、古くは赤福とか白い恋人の偽装もありました。

上記の問題で、憤りを感じた方、不安に感じた方も多いでしょう。
でもポイントは、結局おかしいと気がついた人、健康被害を訴えた人はいないという点です。
今回の中国の事件でも発覚したのはテレビ、他でも内部告発が多い。

特にエビの偽装であったようなホテルで食事をするような人は、自称グルメの人が多い人ではないでしょうか?
でも、エビの種類とか全然気がつかずに、満足して食ってるんです。
またちょっと賞味期限切れのものを出しても、何の問題もなくみんな元気。

所詮、人間の味覚とか体なんか超適当。
そんなもんなんです。

まして、自称味覚オンチの僕ならなおさら。
食べ物のおいしさなんか対して分かりません。
肉と米がいっぱいあればそれでいい。

だから我々、庶民が取るべき戦略はタダ1つ。
食材はとにかく安い物を買う。
産地とか一切関係なし。中国産、ブラジル産全然OK。

そして、レシピを調べてその食材で忠実に料理をすること。
もちろん、健康のために野菜なんかもそれなりに取っていきます。
1万円もあれば、それなりの満足な食事を取ることができます。
関連記事
賛成。
ほんとうに違いが分かるのでなければ,安いもので十分ですよね。
[ 2014/07/29 23:42 ] [ 編集 ]
この中国の管理体制から考えるに、
長期的に食べ続けると発がん性がある食べ物がいっぱいあるんじゃないかな。
まあそれは検証するのは難しいでしょうが・・。
中国産の安かろうは何かがあると読まなくてはいけないと思います。
[ 2014/07/29 23:47 ] [ 編集 ]
中国産は気を付けて
安いに越したことはないですし、違いも分からないのにわざわざ高いものを選ぶ必要はないことも同感です。
ただ、安物買いの銭失いと言う諺にある通り、判断基準が安いかどうかだけにならないようにだけはご注意くださいね。
中国産を食べて健康を損ない、莫大な治療費を払う、なんてこともありえます。

僕たち節約家は幸せになる手段の一つとして節約を行っているだけです。
節約はあくまで手段であって目的ではないんです。
7/27でキムさんご自身が述べているように、節約に気を取られてお金に使われないようにしないといけないですね。
[ 2014/07/30 05:36 ] [ 編集 ]
コメント返信
z 様
> ほんとうに違いが分かるのでなければ,安いもので十分ですよね。

どうせ僕たち凡人には違いが分からないので。

ミスターリットウ 様
> 中国産の安かろうは何かがあると読まなくてはいけないと思います。

正直、何かあっても安いほうがいいかなって思います。

オッくん 様
> 中国産を食べて健康を損ない、莫大な治療費を払う、なんてこともありえます。

たま~にニュースになりますが、大部分のものは普通なはずと思っています。
[ 2014/07/30 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





Ads by google
プロフィール

金村 圭介(김 용규)

Author:金村 圭介(김 용규)
福岡に住む1985年生まれのダメサラリーマンです。
節約とインデックスファンド・ETFを使っての長期国際分散投資を実施し33歳までの早期セミリタイアを目論んでいます。

(趣味)
巨人応援、オリックス応援、グランパス応援、筋トレ、ジョギング、裁判傍聴、資産運用、節約、料理、旅行、テレビ観賞

(メール)
kimyonggyu1985@gmail.com

(Skype)
kimyonggyu1985

(ブログランキング参加中)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

(フォロー)
follow us in feedly

本を出しました!
家計相談
個別の家計相談を行っています。 下記で詳細確認の上、メールでお申込みください。
ほしい物リスト
よければ下記から何か送ってください☆
運用方針
投資が感情的にならないように規則を定めて運用しています。
早期セミリタイア
34歳で早期セミリタイアするための資金計画です。
Ads by google
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by google