Time is money  キムのお金日記

「お金について語りたいっ!!」と思ってブログやってます。







2016.06.12 10:30|カテゴリ:仕事コメント(16)

ダメ社員はすぐにクビにできるようになったらいいと思う


river-1094617_1280.jpg

全く人のことを言えた立場ではありませんが・・・
以前の職場に、すごく仕事のできない人がいました。

最初は別に普通にやっていると思っていたのです。
しかし、半年くらいしてみると、予想以上に何もやっていませんでした。
放置している仕事が多すぎるのです。
少し面倒くさい仕事は全部ほったらかし。

当然、やるべきことを避けているので、スキルが身につきません。
机にやり残しの書類が山のように積まれているし、途中からは関係者から「あれはどうなったんだ?」的な電話が頻繁にかかってきました。
残業など結構してはいましたが、迷っている時間が長く、一向に仕事が進んでいる気配がありませんでした。
歓送迎会の際に聞いた話では、最近はさらにひどくなっており、周りがフォローしているとのことです。

その仕事をやり始めて1年半も経ってこの状態なので、はっきり言って向いてない。
仕事スキルなどは分かりませんが、少なくてもその仕事には向いてない。

こういった場合、僕は会社はすぐにクビできるようになればいいと思います。

向いていない仕事をしても、誰も幸せになりません。

もちろん、本人が一番辛い。
周りも困るだろうし、お客さんにも迷惑をかけます。
生産性が低いので、会社にとってもメリットはありません。

半年から1年もやらせてみれば、仕事ができるか否かは一目瞭然。
当然、本人が一番よく分かっているはず。
そして、ダメだと判断されれば即刻クビにできればいい。

じゃあクビにされた人はどうなるんだ?と批判が聞こえてきます。

しかし、ダメ社員の解雇が一般的になれば、中途入社などが促進され再就職もしやすくなります。
これこそがダメ社員を簡単にクビにできる真の目的、雇用の流動化。

現在では、労働者が過度に守られており、簡単にクビにすることなどできません。
単に仕事できないでは難しく、不祥事でも起こさないと辞めされられません。
そのため、労働力が固定化され相変わらず新卒一括採用が中心となっています。

安定した暮らしをしたければ、新卒で採用された会社に長く勤める。
一度辞めたら、高いスキルを持っていないと、同じ条件で雇われる望みは低い。

だから、向いていない仕事でも簡単に辞められないし、ギリギリまで頑張ってしまい心身を壊してしまう人も出てきます。
ブラック企業でも辞められないのもこのため。

仕事には向き不向きがあります。
仕事内容だけではなく、職場環境や周囲の人間など、複雑な要素が絡み合い、発揮できるパフォーマンスが決まってくる。
ある職場では全くダメな人が、職場が変われば大車輪の活躍を見せることだってあるのです。
向いていない人を一生懸命教育するよりも、元々向いている人をあてがったほうがいいに決まっています。

会社がダメ社員を簡単にクビにして、どんどん次の人を雇う。
社員も向いていないと思ったらすぐに辞めて、向いている仕事を探す。
雇用の流動化が進めば、社会全体としての適材適所に近づくのです。

じゃあ本当に何をやってもダメな人はどうするのか?
雇用の流動性によって、社会全体で稼いだお金で養ってあげればいいと思いますよ。
関連記事
私もそう思います。
[ 2016/06/12 10:41 ] [ 編集 ]
同意します。
雇用の流動化の副産物として、「働き続ける」か「早期リタイア」かの2択ではなく、1年休んでまた働くというような選択も可能になります。
今の日本だと、特殊スキルの仕事を除いて、一度辞めてしまうと最低賃金クラスの仕事しかなくなるから(特に中年以上の男性はそれすら怪しい)、1年休みたいと思えば一生分の金融資産を作るしかないんですよね。
[ 2016/06/12 15:53 ] [ 編集 ]
とても良い内容の記事だと思います。
雇用が流動的になれば鬱病等も減って社会が明るくなると思います。
今の日本は大学出て就職しても社内スキルしか身に付かないで
条件等を考えると向いてなくても辞められないか、辞めたくても本人が頑張って上司や周囲に切り出さなくてはいけないので厳しい状況です。
[ 2016/06/12 16:19 ] [ 編集 ]
同意できません。

私はダメ社員として、仕事を適当にしてもクビにならないのをいいことに、定年まで勤めあげてお給料をもらいたいです。

日本の会社は職種を指定して雇うわけではないので、本当に向いていないなら会社が配慮して別の職場に回すべきです。

[ 2016/06/12 16:47 ] [ 編集 ]
コメント返信
はなはな 様

雇用情勢変わってほしいですね。

syv 様

今は自由の代償が高すぎますね。

ヴィクトリー 様

入るよりも辞めるほうがよっぽどエネルギーが必要。

通りすがり 様

そんなにメンタル強い人なかなかいないですよ~。
部署異動はおっしゃる通り簡単にできるといいですね。
[ 2016/06/12 18:27 ] [ 編集 ]
社会全体の議論としては正しいのですが、キムさん個人としてそうなったら、著しく困りませんか?

今の仕事を突然やめさせられて、キムさんが持っているスキルで、年収500万円の仕事にありつけるか?なかなか難しいんじゃないかなぁと思います。福岡で年収500万円だと、たぶん東京で年収600万円ぐらいの価値かなぁと思うんですが、完全に雇用が流動化して600万円のギャラでキムさんがやってる仕事できる人は手を上げて、となったら他の候補者に勝てますか?

橘玲とか藤沢数希はこの規制緩和論が大好きですが、彼らは能力が常人離れして高かったり、外資金融だとか文筆業などの終身雇用前提が全く無い組織で生きてきたから。もともとそういう社会で生きてきた人から出た意見は、少し距離を置いてみたほうがいいのかなぁと思います。
[ 2016/06/12 18:54 ] [ 編集 ]
普段のキムさんの記事は共感できますが、、、
この考えはキムさんの働き方の場合、得しないと思いますよ!
雇用の流動化を促進した場合、以下の2パターンが切られますよ
①【キムさんの言っているできない人】
②【仕事に向上心がなく社内政治を行っていないそこそこの人】

②は会社の動向が芳しくないときに間違いなく対象になります。過去の日系企業のリストラ対象は、単純な実力で決まってないそうですよ
決めるのも所詮人ですからね
[ 2016/06/12 19:21 ] [ 編集 ]
コメント返信
中野 様

いかに雇用が流動化しても600万円とか無理でしょうね。
増えたGDPでお世話してほしいですね。

ポム 様

①②ともに該当するので僕は間違いなく損するでしょうね。
日本のために言ってみました。
[ 2016/06/12 22:27 ] [ 編集 ]
まったく正論だと思います
解雇規制が厳しすぎるから追い出し部屋みたいなところに押し込められるような
陰湿なパワハラが存在するんだと思います
[ 2016/06/13 05:17 ] [ 編集 ]
コメント返信
ken89 様

淀んでますね。
[ 2016/06/13 08:53 ] [ 編集 ]
上位1~2割は、高い能力などで流動的に働くことも可能で

約6割が、それなりの会社への忠誠心とそれなりの能力で、それなりに働き

下位1~2割が、追い出され対象というのが、現実でしょうか。

[ 2016/06/13 10:19 ] [ 編集 ]
コメント返信
通りがかり 様

そんなもんじゃないでしょうか。
ただ、ちょっとしたことで、下位の人が普通に仕事ができるようになったり、普通の人がまるでダメになったり。
だから適材適所のために流動性が必要と思うのです。
[ 2016/06/13 12:20 ] [ 編集 ]
どんどんクビにできるぐらい
再就職制度などが充実していれば、特に問題はないと思いますが
現状では、しがみつかざるをえない現実もあるのでしょうね。
[ 2016/06/13 13:13 ] [ 編集 ]
コメント返信
通りがかり 様

現状では厳しいですね。
[ 2016/06/13 21:34 ] [ 編集 ]
≫残業など結構してはいましたが、迷っている時間が長く、一向に仕事が進んでいる気配がありませんでした。

とありますけど、キムさんは迷ったりはしないんですか?即ささっと動きます?
[ 2016/07/15 15:44 ] [ 編集 ]
コメント返信
グッソン 様

調べたらわかるようなことでも、すぐ聞いちゃうんですよね・・・
[ 2016/07/15 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





Ads by google
プロフィール

金村 圭介(김 용규)

Author:金村 圭介(김 용규)
福岡に住む1985年生まれのダメサラリーマンです。
節約とインデックスファンド・ETFを使っての長期国際分散投資を実施し2018年3月末でセミリタイアします。

(趣味)
巨人応援、オリックス応援、グランパス応援、筋トレ、ジョギング、裁判傍聴、資産運用、節約、料理、旅行、テレビ観賞

(メール)
kimyonggyu1985@gmail.com

(Skype)
kimyonggyu1985

(ブログランキング参加中)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

(フォロー)
follow us in feedly

本を出しました!
家計相談
個別の家計相談を行っています。 下記で詳細確認の上、メールでお申込みください。
ほしい物リスト
よければ下記から何か送ってください☆
運用方針
投資が感情的にならないように規則を定めて運用しています。
早期セミリタイア
Ads by google
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by google