Time is money  キムのお金日記

「お金について語りたいっ!!」と思ってブログやってます。







2016.07.29 19:43|カテゴリ:早期セミリタイアコメント(16)

お金が減っていくってどんな気持ちだろう?


YUUKI150321490I9A4375_TP_V.jpg

先日のブログ記事「仕事とお金のストレス」で、僕はお金に関してはある程度ストレス耐性があると書きました。
すると、こんな批判コメントが寄せられました。

仕事がダメでも投資家があるから大丈夫位に思ってるからそんな情けない事言ってられると思うよ。安定収入に甘えてられるうちに甘えてなよ。安定収入が無くなったら投資だけじゃあんたののみの心臓じゃやっていけんよ。


少し考えさせられる批判でした。
名無しさんの言う通り、フローが安定してプラスだからこそ、資産が少しぐらい減っても平穏でいられるのかもしれません。

しかし、セミリタイア後は、資産が減っていきます。
早期セミリタイア計画では、毎年40~50万円ぐらいのマイナス。

こんな時、どんな気持ちになるのでしょうか?
仕事もないので、平穏に暮らせるとは思いますが、確実にそうとは限りません。

理由は、経験したことがないから。
社会人になってから、確実に資産を増やしてきました。
資産が減っていくのは未知なる境地で、実際にどう感じるかは、やってみないと分かりません。

僕が一番恐れるのは、不安に感じて、資産を減らさないように働いてしまうこと。
これではセミリタイアした意味がありません。

不安に感じる大きな原因は、未来が見通せない点が大きい。
セミリタイアが近づけば、さらにシミュレーションを精密化させて、万全の姿勢で臨みます。

僕は、決して無理して働かないという強い決意を持ってセミリタイアする!
そのために、今無理をして働いているのです。
資産の減少は想定内なので、動揺することなく、穏やかに暮らしたいと思います。
関連記事
初めてコメントさせていただきます。
いつもキムさんのブログを楽しく読ませていただいております。
キムさんに一つ質問があります。

自分は世間一般でいう大企業に勤めておりますが、物欲もなくETFによるインデックス投資をするくらいしか給料の使い道がありません。
(交際相手との費用は相手がすべて支払ってくれます。)
このまま一人暮らしをするならば40歳手前でリタイア可能な状況です。
ただ一つ懸念があり、それは今年結婚する予定なのです。
両親や結婚相手の資産を含めて今にでも退職可能な状況ですが、子供が生まれると早期リタイアが教育に影響を及ぼすのではないかという懸念があるのです。
仕事がストレスになるのはキムさんと同じですが、お金に余裕があるものの教育面が心配で仕事がやめれらない場合はどのように考えらばよいと思いますか?
[ 2016/07/29 20:34 ] [ 編集 ]
コメント返信
名無し 様
> 両親や結婚相手の資産を含めて今にでも退職可能な状況ですが、子供が生まれると早期リタイアが教育に影響を及ぼすのではないかという懸念があるのです。
> 仕事がストレスになるのはキムさんと同じですが、お金に余裕があるものの教育面が心配で仕事がやめれらない場合はどのように考えらばよいと思いますか?

いつも読んでいただき、ありがとうございます。
僕は子供については全く考えたことがありませんが・・・
予定の子供の数と教育費を計算して、いけそうならってとこでしょうか。
[ 2016/07/29 21:16 ] [ 編集 ]
私は無職で収入ゼロの1人暮らしだった時期がありますが、預金残高がゲームで言う自分のヒットポイントのように思えてましたよw

それよりも辛かったのは、誰からも必要とされていないという虚しさでした。キムさんは無職経験ありますか?
全く働かないというのも、精神的に結構きましたよ、私の場合は。
[ 2016/07/29 22:52 ] [ 編集 ]
少しでも不労所得があればストレスは軽減されると思います。
[ 2016/07/29 23:06 ] [ 編集 ]
ほんとアホやな~コメ主が一言言わせて頂きますわ~心のよりどころを求めてセミリタイヤだの本当の無職は辛いだの彼女が欲しいだの恋愛工学だのとほざきまくってるが、これって親に仕送りされてる大学生のサークル活動みたいなものでもっと言わせて頂きますとバーチャルゲーム的な発想と変わらん感覚ですがね。置かれた状況下で一番何ができるかを考えその道で成果を出せなければ何をやってもついてくる結果は同じですねぇ。人間の能力なんて皆大体同じレベルなんですよ志をもって進んでいる奴が成果を出しているだけなんよ。隣の芝を見てる奴はどこのステージでも指をくわえてるだけなんよ。覚悟が決まらない奴はいつまでたったって半端もんよーその覚悟がないならやめときなはれ。
[ 2016/07/29 23:16 ] [ 編集 ]
コメ主が確信を突き過ぎてて良いね
でも多分悪意のない、人生の先輩からのアドバイスなんやろなぁ
[ 2016/07/30 00:26 ] [ 編集 ]
↑何言ってるかわからんし。アホはお前じゃね?
[ 2016/07/30 00:27 ] [ 編集 ]
お金が減っても不安にならない方法
セミリタイアの時期同様、事実上の人生リタイアの時期も
決めておけば良いと思います。
[ 2016/07/30 02:44 ] [ 編集 ]
要は毎年40~50万減っていかないようにすればいいのでは?
6000万以上も持ってリタイアするならば、対策の仕方はいろいろあると思います。
例えば、
・株式インデックスを解約してETFに乗り換える。
リタイアする頃には株式投資額も2000万以上になってると思いますので、配当額も40~50万に匹敵するような金額になってると思われます。税の効率性を考えたら配当を出さない商品のほうがいいんだけど、ETFは管理費や連動性においてインデックスファンドより優秀です。株価はもちろん上下しますが、配当額は株価ほどには変動しませんので、配当収入を収入としてカウントすれば収支はある程度安定します。
・リートを解約して実物不動産を持つ
空き家リスクはありますが、借り手が見つからない時に自分で済んでもいいと思えるワンルームか中古戸建に投資しておけばリスクを減らせます。また、貸してる間は確定申告して一応自営業と名乗れますw
[ 2016/07/30 08:10 ] [ 編集 ]
コメント返信
名無し 様
> 全く働かないというのも、精神的に結構きましたよ、私の場合は。

経験ないですが、働くことの辛さに比べたら屁でもないはず。

まい 様

不労所得のバリエーションは増やしたいですね。

名無し 様
> 隣の芝を見てる奴はどこのステージでも指をくわえてるだけなんよ。覚悟が決まらない奴はいつまでたったって半端もんよーその覚悟がないならやめときなはれ。

セミリタイアを目指すのは辞めないよ。

ふーむ 様

そうかな?
批判は超簡単やと思うけど。

名無し 様
> ↑何言ってるかわからんし。アホはお前じゃね?

さすがに僕よりは頭いいだろうけど、たぶんアホ。

K 様

ありえない。

syv 様

ご提案ありがとうございます。
時間はあるので、しっかりと考えます。
[ 2016/07/30 08:59 ] [ 編集 ]
35歳で無職
働いていた時のほうがマシだと思えるほどつらいよ。
年取ってからの無職は

俺の感想ではあなたは耐えられない。
女と付き合いたい、人と付き合いたいという意思がはっきり見えるから。

リタイアするより今の会社で限りなく労働時間減らして楽する方法を考えるのがベスト。
会社はあまり働かない程度ではクビにできない。
[ 2016/07/30 13:50 ] [ 編集 ]
コメント返信
名無し 様
> 働いていた時のほうがマシだと思えるほどつらいよ。

そんなもんですかね・・・
[ 2016/07/30 14:57 ] [ 編集 ]
まぁ何でもええけど
人の意見を聞かない頑固モンやから恋愛も上手くいかへんのやろなぁ
性格的にはセミリタイア目指すにはええんちゃうか?

ただ、肝小さいヤツが仕事辞めたら
毎月目減していく残高見続けるのを耐えられるんか?ちゅう話なんやけどな
[ 2016/07/30 16:02 ] [ 編集 ]
個人向け確定拠出年金が、、、
リタイヤ後 収入は減る。資産も減るその中でどう行動すべきか?
メンタルが耐えられる自信はないのですけど、
節税の為に以下のことをやらなきゃならないことはなんとなくわかっている。

退職金のうち、退職控除がきく部分を一時金としてうけとり
その資金を使って 個人向けの確定拠出年金で買いなおす。
その分、特定口座/一般口座の課税されるリスク資産を売却
確定拠出年金の購入枠は年額70万円位あるらしい。
ということを60歳までやってこうかと、、、
確定拠出年金の購入分が所得控除されるので、
リスク資産の売却で含み益がでた場合でも
課税所得を 195万円以下にできそうな感じはする。、
そうすると特定口座の配当に対して15%の還付申告が可能になる。
問題は、給与所得がない状態で含み損が出た場合に、
還付申告していいものなのか? わからない。
早期退職する人向けに、
年末位にならないとキャンペーンがでてこないかとは思うが
退職一時金を 確定拠出年金で有利に運用できるキャンペーンがみあたらない。
それがでてこないのは、
個人向け確定拠出年金は資産運用会社からみて うまみがないのだろうなとはうすうす感じる。
日本の行政が年金の運用方法でチャレンジさせるって、、どういう意図なんだ?
[ 2016/07/30 17:30 ] [ 編集 ]
確かにお金が減っていくのは不安ですが、年をとれば人生の残り時間も減るし体力やバイタリティー、記憶力・思考力も失われていきます

早期リタイア・セミリタイアをするにあたってどの辺りに妥協点を見いだすか、ですよね
[ 2016/07/30 22:10 ] [ 編集 ]
コメント返信
名無し 様
> 性格的にはセミリタイア目指すにはええんちゃうか?

それなら十分です。

kim99 様

やるべきことはやってメンタルは保っていきたいですね。

774 様

仕事さえやらなくていいなら、かなりのことは耐えられます。
[ 2016/07/30 22:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





Ads by google
プロフィール

金村 圭介(김 용규)

Author:金村 圭介(김 용규)
福岡に住む1985年生まれのダメサラリーマンです。
節約とインデックスファンド・ETFを使っての長期国際分散投資を実施し33歳までの早期セミリタイアを目論んでいます。

(趣味)
巨人応援、オリックス応援、グランパス応援、筋トレ、ジョギング、裁判傍聴、資産運用、節約、料理、旅行、テレビ観賞

(メール)
kimyonggyu1985@gmail.com

(Skype)
kimyonggyu1985

(ブログランキング参加中)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

(フォロー)
follow us in feedly

本を出しました!
家計相談
個別の家計相談を行っています。 下記で詳細確認の上、メールでお申込みください。
ほしい物リスト
よければ下記から何か送ってください☆
運用方針
投資が感情的にならないように規則を定めて運用しています。
早期セミリタイア
34歳で早期セミリタイアするための資金計画です。
Ads by google
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by google