Time is money  キムのお金日記

「お金について語りたいっ!!」と思ってブログやってます。







2017.02.02 19:47|カテゴリ:仕事コメント(15)

嫌われないコストが高すぎる


justice-9016_1280.jpg

先日仕事をしていると係長に「金村さんは、残業代はどれぐらいつけてる?」と聞かれました。
年度当初に付与された残業代が底をついたので、どのぐらい追加で要求するか調査しているよう。
僕は「やったら普通につけてますよ」と答えました。
ごくごく当たり前の回答。

その後、同僚の回答が聞こえてきたのですが・・・
「全部はつけてないですね」
「半分ぐらいです」
「最近あんまりつけてないです」
等々、驚きの連続。

前提として、ブラック企業ではないので、「残業代はあまりつけないように」とか言われたことは一度もありません。
にもかかわらず、同僚の多くが、自主的につける時間を制限している。

なぜこんなことが、起こるのでしょうか?
原因は、嫌われることを恐れているからだと推測できます。

残業代をつけない人もいるなかで、しっかりとつけている。
なんてお金にがめつい奴だと思われることを危惧しているんでしょう。

残業代に限らず、一番早く帰るとき、有給を申請するときも申し訳なさそうにしています。
お付き合い残業をしているっぽい人もいます。
とにかく、みんな嫌われないように必死。

じゃあそれで嫌われないかというと、普通に悪口は言われています。
あんなに気を遣っているのに、「あの人が間違ったことを言ったせいで私は・・・」「あの仕事締め切りにまでに間に合わせてくれなかった」「このタイミングで休むってあり得ない」など、居ないところで、結構な言われよう。

人は人の欠点を探す天才であり、少しでもヘマをしようものならすぐに悪口を言います。

ただ、その一方で完全に嫌われることも稀。

僕なんか、仕事がボロボロのくせに、半分ぐらいの日は一番早く帰っているし、有休もそこそこ取っています。
居ないところではボロクソ言われているでしょうが、直接言われることはないし、分からないことを聞けば、一応は教えてくれます。
仕事以外でも完全にぶかれているわけではなく、話しかけられることもあれば、冗談を言えば笑ってくれたりもします。

残業代をつけなくても、お付き合い残業をしても、有休をあまり取らず、一生懸命嫌われないように行動しても、多少は嫌われる。
ある程度好き勝手振る舞っても、そこまで嫌われない。

結局は、自分が思っている程、みんな見ていない、見ててくれないということ。
残業代を諦めたり、時間を無駄にしたり、ストレスを感じても、それほど効果が大きくない。
つまり、嫌われないためのコストが高すぎる。

無駄な行動は辞めましょう。
特に何も言われないうちは、残業代は全額つける、仕事が終わればサッサと帰る、休みたいときは有休を取る。
軋轢を避けるのは当然として、自分の思うように振る舞っても案外大丈夫です。
関連記事
みんな嫌われないように必死ですね。
私はキムさん派で、有給とるし残業も100%つけちゃってます。
[ 2017/02/02 20:11 ] [ 編集 ]
全く、100%、そのとおりです。
[ 2017/02/02 20:12 ] [ 編集 ]
ほんとにそう思います。
今回の件でも、中にはキムさんのやってることが全うなことだと賛同してる人もいるでしょうし。
何やっても嫌う人、何とも思わない人、共感してくれる人はいるんですから、気にしないのが一番です。
[ 2017/02/02 20:34 ] [ 編集 ]
自分が思っているほど、他人は自分のことを見ていない。まさにその通りです。
[ 2017/02/02 21:40 ] [ 編集 ]
コメント返信
とんとろ 様

それが一番いいですね。

たなか 様

同意ありがとうございます。

あ 様

自分のやりたいようにやっていくだけです。

snufkin 様

驚くぐらい興味ないですからね。
[ 2017/02/02 23:18 ] [ 編集 ]
残業したら残業代付けるのが当たり前ではないでしょうか?
それとも、正直につけると空気読めないとか言われるのかなぁ。

自分の時間を犠牲にして(と、私は思います)仕事をするのだから、
時間外賃金をもらうのは当然だと思いますけどね。

日本ってまだこんな事で気を遣っているんですね。
もっと違うところで気を遣うのならわかるけど。変ですよね。
[ 2017/02/02 23:30 ] [ 編集 ]
前の部署では部長にぐちぐち言われるのが怖くて申請してなかったこと何度もありました。

今は遠慮なく有給取ったりとかしてますが、上司が高圧的な人だとそれがまたできなくなるかも
[ 2017/02/02 23:54 ] [ 編集 ]
というか労働した時間は対価を受け取るのは当たり前であり、企業側にその意識が薄いから生産性が低い要因になっていると思います。有給も権利ですから行使するのに気を使うのはおかしいですよね。
[ 2017/02/03 03:23 ] [ 編集 ]
わたしは、残業代は、半分くらいしかつけてないかな。
残業したらその分つけてもいいよ、と言われていますが、
正直につけると、時間が多過ぎて、上司からのプレッシャーがかかってくる。
何はともあれ、能力に見合った業務量にして欲しいのですが、上司に言っても、改善されない。
早期リタイヤしたい要因の一つです。
[ 2017/02/03 06:51 ] [ 編集 ]
コメント返信
海外在住節約日本人女子 様

当たり前のことが当たり前じゃなくなっています。

草ムッシュ 様

最低の上司。

hetarebacchus 様

嫌ですね。

ひろさん 様

最低の上司。
[ 2017/02/03 07:31 ] [ 編集 ]
日本の企業
嫌われる云々以前に、The社蓄って感じですね

上の人間が決めたことには、どんなに理不尽でも意見のひとつもできない人々の集まりなんでしょう

キムさん同様にそれなりの学校を出ているはずなのに全くの思考停止ですね
そう考えると、日本の学校教育って何のため・誰のためなんでしょうかね?
[ 2017/02/03 18:02 ] [ 編集 ]
上司のプレッシャーという意見がおおいですが、もし私なら上司からプレッシャーもしかけられたら、
「わたしは一生懸命やってこの結果です。その上でわたしの残業時間と仕事量を管理するのが貴方の仕事でしょう?そのことについて、もっと上の上司と、人事に相談してもいいですか?必要があれば労働に関する弁護士にも相談して3者・4者面談を希望します。」
と逆プレッシャーを私ならまじでかけようと思ってるんですが、それは普通できないんですかね・・。幸いにもそこまでひどい上司に会ってないのでそこまでいってませんが・・。
キムさんならそこまでいけませんか?
[ 2017/02/03 22:04 ] [ 編集 ]
コメント返信
774 様

従順な人を作る教育としか思えません。

たなか 様

そこまではできなそうですね。
[ 2017/02/03 22:11 ] [ 編集 ]
相談
いつも拝見しています。悩んでいることがあるので、相談させてください。東京在住アラサー女性です。

配偶者の海外転勤により、5年間務めた会社を退職せざるを得なくなりました。
休職の相談しましたが、前例がないため認められないとの回答。週明けに退職の手続きに入らざるを得ません。

有給が40日耳をそろえて残っているので、これを消化したいのですが、所属長がパワハラまがいの女部長で、これまでの退職者にも「有休消化は認めません」と平気で言ってきたらしいのです。これは違法のようですし、会社も問題視はしているようです。
有休消化は全く問題ないことのようなのですが、心臓が小さいので、その女部長を突破できるか、怪しいです。ちなみに、この会社に戻る可能性は0%です。有給を勝ち得たことによって得られる給与は、その期間内に寸志支給があることもあって、手取り60万円くらいだと思います。

キムさんなら、こういうとき、どうしますか?
[ 2017/02/04 11:36 ] [ 編集 ]
コメント返信
ヤドン 様

基本争いが嫌いなので泣き寝入りしてしまうかもしれません。
ただ、今後関係もないので立つ鳥後を濁してもいいかなとも思います。
基本的に役職が上になるほど立場は弱いです。
部下は何でも言っても全然問題ないので、言いたいこと言ってもいいのでは。
[ 2017/02/04 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





Ads by google
プロフィール

金村 圭介(김 용규)

Author:金村 圭介(김 용규)
福岡に住む1985年生まれのダメサラリーマンです。
節約とインデックスファンド・ETFを使っての長期国際分散投資を実施し33歳までの早期セミリタイアを目論んでいます。

(趣味)
巨人応援、オリックス応援、グランパス応援、筋トレ、ジョギング、裁判傍聴、資産運用、節約、料理、旅行、テレビ観賞

(メール)
kimyonggyu1985@gmail.com

(Skype)
kimyonggyu1985

(ブログランキング参加中)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

(フォロー)
follow us in feedly

本を出しました!
家計相談
個別の家計相談を行っています。 下記で詳細確認の上、メールでお申込みください。
ほしい物リスト
よければ下記から何か送ってください☆
運用方針
投資が感情的にならないように規則を定めて運用しています。
早期セミリタイア
Ads by google
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by google