Time is money キムのセミリタイア日記

「セミリタイアについて語りたいっ!!」と思ってブログやってます。







2018.01.30 19:41|カテゴリ:仕事コメント(18)

副業禁止ってどう考えてもおかしくないか?


stop-634941_1280.jpg

働き方改革の一貫として、副業を解禁するという議論がされているみたいです。

僕の会社もそうですが、現在では多くの会社では副業が禁止になっているかと思います。
本業に集中してほしい、情報漏えいとか色々なリスクがある等の理由なんでしょうが・・・

いやいや、おかしくねーか!

僕たちは会社に労働を提供して(僕は大してしてませんが・・・)、その対価として給与を得ています。
少しぐらいは守ってくれますが、永遠の保障してくれるわけじゃありません。
仕事が嫌になってサボりまくったり、問題を起こしたりすればクビになるでしょう。

家族であれば、どうしようもないクズでも助けてくれる場合も多い。
だから、ちょっとぐらい口を出されてもまあ甘んじます。

でも家族程の関係でもない会社が、仕事外にまで口を出すのはいかがなものでしょうか?
人生に責任も取ってくれないのに、副業禁止なんて明らかに過干渉です。

仮に副業に熱中するあまりに、遅刻したり、ミスを連発すれば、辞めるように言うのは分かります。
しかし、そうなるかもしれないと疑って、規制するって・・・
そんなんこっちの責任でちゃんとやるから、ほっとけって感じです。

少なくても僕が仕事ができないのは、副業をしているからではなく、ただ単に能力が低いからです。
副業は、本業に何の影響も及ぼしていません。

昔は、飲酒運転しても黙認されていたり。
職場や電車でも、平然と喫煙していたり。
妊娠したら、退職するのが当然だったり。

今では考えられないことが、平然と行われていました。
まあ世の中そんなもんだの一言です。

僕的には、副業禁止もそのレベルだと思います。

いずれ副業禁止がなくなり、10年ぐらい経った時。
新入社員に「昔は副業禁止だったんだよ」と言ったら、「いやいや、あり得ない人権侵害じゃないですか」と笑われるかもしれません。
今は当然のように受け入れられていますが、それほどおかしいことだと思います。

まあ僕は無職になるから、関係ないんですが。
関連記事
ホンマその通りです。うちの会社も実力主義になるので尚更私みたいなダメリーマンは低賃金になります。
だから副業である程度賄わないといけません。それなのに禁止とか意味不明です。
まあ私の会社はグレーなんですけど
[ 2018/01/30 19:53 ] [ 編集 ]
三井物産のコードが8301であることの方がよっぽどおかしくないかい??
[ 2018/01/30 19:58 ] [ 編集 ]
副業禁止は終身雇用制の名残だと思います。
私が就職した頃は、まだ、終身雇用制が多少残っていました。
ですが、今は終身雇用がない時代ですからね。
会社が社員の一生を面倒見れない以上、社員は自分の人生を考えなければいけません。
それを制約する副業禁止は、現代の雇用情勢に合ってないと思います。
[ 2018/01/30 21:24 ] [ 編集 ]
そう無職40年50年という膨大な時間を一人で生きられるわけないけどな
残念 30年あたりで後悔して泣いてるよ笑
[ 2018/01/30 22:20 ] [ 編集 ]
コメント返信
ボンズ 様

意味不明ですわ。

ぷあーきむ 様

はい。

八百祢 様

悪いところだけ残っている。

CS 様

僕は1人で生きていく。
[ 2018/01/30 22:56 ] [ 編集 ]
わたくし、36年間、一度も彼女が出来たことがありません。
それどころか、女性と会話したことがないのです。
ずっと男女共学でしたが、話したことがありません。
大学は工学部で職場も理系なので、オトナになってからは
完全にゼロなのです。コミュ障なので友人もいません。
ずっと恋愛工学の本を読み研究を重ねているのですが
実際に女性と会話したことが一度もないことに気づき
もしかして自分やばいんじゃないのかな?と思い始めたところ
です。わたしもリタイアを目指してる身なのですが
彼女を作ることが出来ないことのみが唯一の心残りです。
彼女さえいれば心おきなく旅立てるのですが・・・・
[ 2018/01/30 23:36 ] [ 編集 ]
過干渉!!
たしかに副業禁止にピッタリの表現だと思います。

プライベートで収益を得ることの何が悪いのか??
結局は会社側は社畜だけを望んでいることがよくわかります。
[ 2018/01/31 00:31 ] [ 編集 ]
まったくだわ
昔の高度経済成長期のように
会社の運営に乗っかっていれば終身雇用は保証するよ
だから副業なんかしないでうちで全力尽くしてね なんていう構造は
とっくに崩壊しているのにいまだに従業員を拘束したがる会社
社員の拘束時間外にその会社の直接的な利害関係がある場合を除いて
口を挟む資格はない

長い目で見ていくとそういう会社はこれから淘汰されていくでしょうね
[ 2018/01/31 01:24 ] [ 編集 ]
コメント返信
モテナイ君 様

僕もそれは心残りですが、一番大事なことは働かないことなので。

てっぺ 様

あり得ないですよね。

ミナセッチ 様

まったくです・・・
[ 2018/01/31 07:31 ] [ 編集 ]
キムさんのご意見↓

「いやいや、おかしくねーか!」


キムよ、おかしいのはお前の方だ
[ 2018/01/31 08:41 ] [ 編集 ]
その通り
副業禁止なんて過去の遺物。本当は副業している人の方が考え方が柔軟で、視野が広くなると思います。
ついでに「早期リタイアすると暇で仕方ない。すぐに働きたくなる」も、過去の遺物。リタイア生活は楽しいです。
[ 2018/01/31 09:41 ] [ 編集 ]
仕事を続けるのも大変だけど、ずっと無職生活するのはかなりキツイと思う

会社員も無職も適性がないと継続し続けるのは困難だろう

俺はキムが無職生活をどう楽しむのか、そしてどれぐらい継続できるのかみてみたい

経済力とか能力は数値や他人との比較で評価できるけど
幸せだけは自分基準だから
他人が無職生活なんて悲惨だと思っても本人が幸せなら幸せなのだと
[ 2018/01/31 10:09 ] [ 編集 ]
コメント返信
通りすがり 様

どこが?

リタイアの先輩 様

みんな保守的ですからね・・・

タンブラ 様

仕事を続ける辛さに比べたら、世の中のほとんどのことが余裕に感じます。
[ 2018/01/31 22:20 ] [ 編集 ]
大人の事情
まぁ大企業のサラリーマンが本気で副業すると大資本のインフラを利用できる点で圧倒的に有利ですからね。自営業とか士業の人の職域を侵すことにもなります。大企業サラリーマン+副業はリスクをとらずに冒険できる最強のコラボですよ。

体制の整備も含めて政治や経済界に与えるインパクトは少なくないでしょう。
[ 2018/01/31 22:39 ] [ 編集 ]
本業+副業の収入で税率上がったら誰が払うの?
[ 2018/01/31 23:15 ] [ 編集 ]
コメント返信
K 様

みんな稼ぐようになれば、世の中いい流れになるんじゃないですかね。

名無し 様
> 本業+副業の収入で税率上がったら誰が払うの?

当人です。
[ 2018/02/01 08:49 ] [ 編集 ]
副業禁止は会社が自分に有利になるように決めた規則です。
社員に副業があって、最低限の生活費が副業で賄えるようになれば、社員は会社の命令を拒否できるし、不満があれば辞めることも可能です。
それは会社にとっては不利益なので、副業禁止にして、社員が会社の言いなりになるようにしているのです。
[ 2018/02/03 22:40 ] [ 編集 ]
コメント返信
礼二郎@セミリタイア達成 様

怖いですね・・・
[ 2018/02/03 22:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





Ads by google
プロフィール

金村 圭介(김 용규)

Author:金村 圭介(김 용규)
福岡に住む1985年生まれのほぼニート。
節約とインデックスファンド・ETFを使っての長期国際分散投資に励み2018年3月末でセミリタイア達成。

(趣味)
巨人応援、オリックス応援、グランパス応援、筋トレ、ジョギング、裁判傍聴、資産運用、節約、料理、旅行、テレビ観賞

(メール)
kimyonggyu1985@gmail.com

(Skype)
kimyonggyu1985

(ブログランキング参加中)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

(フォロー)
follow us in feedly

姉妹ブログ
最高にエキサイティングな裁判傍聴ワールドへようこそ!
本を出しました!
家計相談
個別の家計相談を行っています。 下記で詳細確認の上、メールでお申込みください。
ほしい物リスト
よければ下記から何か送ってください☆
運用方針
投資が感情的にならないように規則を定めて運用しています。
早期セミリタイア
Ads by google
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by google