Time is money  キムのお金日記

「お金について語りたいっ!!」と思ってブログやってます。







2013.05.23 22:52|カテゴリ:投資コメント(5)

こんな日もあるさ


いや~。驚きました。今日の日経平均1,143円安。
なんとITバブル崩壊以来、13年ぶりの下げ幅だそうです。
原因は中国の景気指標が悪かったことと、最近の株高を警戒してとのこと。

そして僕は昨日、TOPIX連動型の投資信託を買っているのです。
がーんってかんじです。
あと1日遅かったら・・・

しかし、残念だし悔しいけど、反省や後悔はしていません。

世界経済の成長に伴い、長期的には株価は上昇する。
そしたら、僅かではありますが、今日より明日のがよくなるわけです。
なので、クズクズしないで20日に給与が出たら、さっさと22日の積立にまわす。

そういった考えなので、22日に積立投資したこと自体は、今の自分の能力と情報では最善の方法だったんです。

まあ、こんな日もあるさ。
関連記事
前向きなのは素晴らしい事です。
長い目で見れば強という日はたいしたことないです。
目指せハッピーリタイア
[ 2013/05/24 14:48 ] [ 編集 ]
water boyも今月の投資をした後の下げでしたね。今日は下にも上にも乱降下してるみたいでボラティリティの高さのほうが気になります。
[ 2013/05/24 20:19 ] [ 編集 ]
コメント返信
アフロ 様
> 長い目で見れば今日という日はたいしたことないです。

そうなんですよね。
相場のことなんか考えず、淡々と投資していきたいと思います。

water boy 様
> 下にも上にも乱降下してるみたいでボラティリティの高さのほうが気になります。

そうなんです。記事に書いた日は総資産が40万円弱下落しました。
対して気にならないですが、1日で月給よりもはるか多い金額がなくなるって・・・ってかんじです。
[ 2013/05/24 23:28 ] [ 編集 ]
サブプライムあたりで大きな暴落って起きにくいように金融市場のルールは
規制されてくので、小規模な暴落がこれからは増えてく感じはしてましたが、
(大規模な暴落は致命的ですが、小規模な暴落はガス抜きで健全な方向でありますが)
この暴落は、これかと思ってましたが、なんか違う。
暴落の理由が、実態経済とリンクしてなくて、投資家の心理、
わかったのは、金融緩和のお金が投資家心理暴落を増幅させるような気はする。
暴落したら、負けるもんだろう感があっててみてて気持ち悪いのは、
円が高めになるので、日本経済がダメダメなので売りってわけではないこと

世界の経済の大きなひずみは、
市場は実態経済を反映すべきなのだが、
行政というか中央銀行が、実態経済を反映しない方向へ働かせる
金融緩和をしてること。

アメリカが金融緩和する理由は基軸通貨の国だからゆるされるとして、
ヨーロッパは、破綻する国の救済もちろん痛みという代償ははらっている。
日本の金融緩和は、デフレ環境で得られなかった富をもたらしてくれるのか?
[ 2013/05/25 15:26 ] [ 編集 ]
コメント返信
kim99 様

相変わらず、すごい知識ですね。
kim99さんって何者なんですか?
[ 2013/05/26 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





Ads by google
プロフィール

金村 圭介(김 용규)

Author:金村 圭介(김 용규)
福岡に住む1985年生まれのダメサラリーマンです。
節約とインデックスファンド・ETFを使っての長期国際分散投資を実施し33歳までの早期セミリタイアを目論んでいます。

(趣味)
巨人応援、オリックス応援、グランパス応援、筋トレ、ジョギング、裁判傍聴、資産運用、節約、料理、旅行、テレビ観賞

(メール)
kimyonggyu1985@gmail.com

(Skype)
kimyonggyu1985

(ブログランキング参加中)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

(フォロー)
follow us in feedly

本を出しました!
家計相談
個別の家計相談を行っています。 下記で詳細確認の上、メールでお申込みください。
ほしい物リスト
よければ下記から何か送ってください☆
運用方針
投資が感情的にならないように規則を定めて運用しています。
早期セミリタイア
Ads by google
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by google