FC2ブログ

非常事態でのセミリタイアのメリット・デメリット

4
国内でも新型コロナを巡る状況は悪化の一途です。ご多忙に漏れず、僕も影響を受けています。まだ2ヶ月程度で長期戦が予想されますが、現時点までに感じた、非常事態でのセミリタイアのメリット・デメリットをまとめてみました。(メリット)①自分のためだけに自由に行動できる定職がないので、何かに縛られることがありません。ヤバいと思えば引きこもればいいし、別の場所に避難することもできます。そのため時間も100%使う...

家族全員無職

13
只今実家に帰省中。近くに住んでいる妹も来て、家族団らん過ごしていました。現在の家族の状況は、以下の通り。父(62) 無職→65歳まで雇用延長することもできたが、60歳で定年退職後は働かず母(60) 無職→50歳の時に勤務先が閉鎖、以後は働かず僕(34) 無職→ご存知の通りセミリタイア中妹(31) 育休中→昨年11月に第2子出産、1年間は育休を取る予定はい、現在家族4人全員無職です。妹を無職と言うのは語...

五輪延期で緊急娯楽対策 移住の1年前倒しを検討

11
とうとうIOCも延期を認め、東京オリンピックの今夏開催が絶望的になりました。プロ野球・Jリーグもずるずると先延ばしになっていき、タイ旅行もヤバい。2020年のバラ色の計画が頓挫しかけて、娯楽の3割減は避けられない状況。このまま長引けば、5割減もありえます。逆風が吹きまくっていますが、指を咥えて見ている訳にもいきません。政府が緊急経済対策を考えてくださっているように、僕も個人的な緊急娯楽対策を検討してみ...

セミリタイア2周年 今の感情

13
今日は3月12日。ちょうど2年前、有給消化期間に入り、実質的なセミリタイアが始まった忘れられない日です。最終出勤日終了 セミリタイア生活のスタートセミリタイア1周年 今の感情上記のセミリタイア当日、1周年に続いて、2周年の気持ちも綴っておこうと思います。今強く感じているのは、セミリタイア達成による恩恵のデカさ。以前ブログ記事「セミリタイア達成が他の目標に比べて価値がある理由」で、多くの目標が達成し...

移住の新たな醍醐味を見つけた

13
現在3月下旬~4月上旬の帰省に絡めた旅行の計画を立てています。行程の中で横浜を訪れるのですが。みなとみらいや中華街等の名所に加えて、母校の横浜国大と当時のアパート周辺に行こうと思います。当時大学近くの神奈川区羽沢町というところに住んでいました。横浜のオシャレなイメージとは似ても似つかない田舎っぽい場所で、家の前にはキャベツ畑。地下鉄の駅までは徒歩20分です。ところが、2019年11月に新駅・羽沢横...

移住で考慮したい要素4つ

3
僕はこれまで、三重、横浜、福岡、札幌と4箇所に住みました。今後も全国を転々としたく、次はどこに住もうか日々考えています。これまでの移住経験、日夜移住先を考えている中で、考慮すべきは以下4つの要素だという結論に達しました。※田舎等の特殊事情は除く①家賃相場②仕事③インフラ・自然④気候この4つは、個人の努力・工夫で跳ね返すのが難しく、どこに住んでいるかにかなり左右されます。例えば札幌で東京よりも、同業種で...

セミリタイアと健康状態

6
Twitterで少しつぶやきましたが、風邪を引いてしまいました。高熱はなく、何とか仕事も行ってますが、ダルくてまともに活動できません。家事はグダグダで、スポーツクラブ等の趣味も完全停止中と、無駄な時間を過ごしています。今回の原因、はっきりしています。先週日曜日に、ブログ読者の方と会って夜更し。次の日がバイトで、睡眠時間があまり確保できなかったからです。その後体調に違和感を覚え、ヤバいな・・・と思っていた...

「時間をお金で買う人」ではなく、「時間をお金のために売る人」でありたい

15
ビジネス書やデキる人のインタビュー記事を読むと、よく時間をお金で買うことが推奨されています。曰く、人生で最も大事なのは時間であるから、お金を出してでも買ったほうがいいとのこと。だから、家賃が高くても職場の近くに住み、時間を確保するために、タクシーやグリーン車使用も厭いません。その他時間を捻出するために、様々なライフハックを持っています。逆に、10円安いスーパーをはしごしたり、クーポン券を利用するた...

関西の移住先、京都という選択肢

8
僕の計画では、今後の移住生活で2回関西に住もうと思っています。大阪はマストとして、もう1つは神戸を中心に考えていました。イメージがいいですからね。ところが最近、京都が面白いのでは?と思い始めました。僕は伝統や趣よりも新しい街が好きで、その意味で京都は敬遠していました。しかし、京都の唯一無二な感じは移住ブロガーとして、ぜひ味わってみたいもの。京都の唯一無二感は、沖縄・北海道に次いで日本第3位ではない...

セミリタイアしてバカになったのか?

9
それなりに活動的とは言え、セミリタイア後は怠惰な生活を送っています。特に難しいことを考える機会は、かなり減りました。バイトもクソ簡単で、脳を甘やかしている状態。こんな過ごし方をしていると、認知機能の低下が懸念されます。セミリタイアしてバカになってしまったのでしょうか?あくまでも僕個人、さらに何かテストを受けたわけではなく感覚的にですが。この点について、話したいと思います。まず結論。セミリタイアして...

“全国住み放題”の定額制シェアサービス「ADDress」の現状を調べてみた

7
一昨年12月のブログで、「“全国住み放題”の定額制シェアサービス「ADDress」に大いなる期待を感じる」という記事を書きました。4月から、光熱費込・月額4万円(税別)で、全ての拠点に住み放題のサービスが始める旨のサービスが始まるとのこと。約3年毎の移住生活を予定していますが、面白そうだという記事を書きました。先日テレビを見ていると、このサービスを利用している人が登場していました。アドレスホッパーと言うら...

「辛いのはみんな一緒」は最低のアドバイス

12
人が辛い時に、「辛いのはみんな一緒」と言う人がいます。僕自身も、仕事で悩んでいる時には、こういったアドバイスを受けることが何度かありました。僕のためを思って言ってくれてるのかもしれませんが、はっきり言ってアドバイスとしては最低。有害であるとすら思います。理由は以下3点。①みんな辛いなんて嘘そもそも、みんな辛いと言う主張自体が間違っています。僕は今、全く辛いことがありません。衣食住が整い、寝たいだけ...

2025年4月13日大阪万博開幕 その時僕は大阪に住んでいます

12
YAHOO!ニュースを見ていたら、大阪万博開幕の話題が出ていました。●大阪万博、25年4月13日開幕 日程変更を閣議決定 政府記事によると、大阪万博の開幕日が早まって、2025年4月13日~同年10月13日で開催されるとのこと。ちなみに僕は、この期間は大阪に住んでいる予定です。札幌→仙台へと移住して、万博開幕半年前の2024年秋頃に大阪へ引越し。その後4年ぐらい大阪に住もうと思っています。ぶっちゃけ、万博それ...

セミリタイア後の失敗談

12
先日「2020年はセミリタイアのベストタイミング 決めるなら今しかない」という記事を書きました。ボーナス支給後のこの年末や来年の6月末、キリのいい来年3月末には多くのセミリタイア達成者の方が誕生するのを願ってやみません。そこで今回はそんな方を特に対象に、僕がセミリタイア後にやらかした失敗談をご紹介します。いい反面教師にしてもらえば幸いです。①任意継続保険で大損した退職後は、公的医療保険を選択するこ...

2020年はセミリタイアのベストタイミング 決めるなら今しかない

13
セミリタイアのベストタイミングはいつでしょうか?僕は個人の事情によって、ベストタイミングは異なると思っています。具体的には、「もう仕事したくない」、「割増退職金が貰える」、「資産が充分に貯まった」、「やりたいことがある」等々の理由で、猛烈に辞めたい時があるでしょう。そう思ったタイミングこそが、まさに辞め時かなと。しかし敢えて一般化すると、来年2020年は絶好のセミリタイア時だと思っています。理由は...

セミリタイアして明らかに世間体が改善している

20
セミリタイアのマイナス点として、世間体が悪くなることを心配する人がいるかもしれません。そんなこと気にしなくていいとも思いますが、気にしてしまう人もいるんだから仕方ありません。思考なんて、早々変えられないですからね。でも僕の事例だと、セミリタイアして世間体が悪くなるどころか、むしろ明らかに改善しています。その前提にあるのが、多くの仕事が上手くやっても当たり前だけど、逆に上手くいかないとめちゃくちゃ責...

仕事を辞めるかどうかの判断基準

22
セミリタイアする、しないに関わらず、今の仕事(職場)を辞めるかどうか、迷っている方は多いと思います。人生に直結する重要な決断なので、悩むのも当然ですよね。今回は、そんな場面で僕的に有効だと思う判断基準を紹介したいと思います。視点は、以下の2点。①職場でモデルにしたい人はいるか?②いたとして再現性があるか?内容の詳細を書きます。①職場でモデルにしたい人はいるか?自分が特にすごい能力もない場合。10年後...

超長期(死ぬまで)の移住計画を立ててみた

18
何度か言っていますが、札幌への移住は大正解でした。移住を計画、下見、アパートの契約、引越し、生活構築、街散策、馴染んでいく。各ステージでの経験は、他では味わえないワクワク感があります。このフルパッケージが、20~30万円で手に入るので、今後のセミリタイア生活の柱は移住で間違いありません。いつも次の移住先に目が行きがちですが、今回は超長期(死ぬまで)の移住計画を考えてみました。■33歳~36歳(3....

完全リタイア福岡最強説

9
以前、「 実はセミリタイア最強都市は東京ではないのか?」との記事を書きました。「東京には家賃の高さを補って余りある程のバイト案件の充実度がある」との理由から。週1以上or年3ヶ月だけアルバイトするみたいなセミリタイアならば、東京が最強だと思っています。しかし完全リタイアの場合は、話が違ってきます。バイト案件の充実度というメリットが無意味化して、家賃が高いだけダメージに。都会の恵み(エンタメ)が充実し...

今後のキーワードは絶対的幸福の追求

6
以前「セミリタイアして幸せを感じる瞬間BEST5」というブログ記事を書きました。この1位~5位までを分析すると、相対的な幸せという共通点があります。過去の自分と今の自分。働いていた時は辛かったり不自由だったけど、今はそれが無いからハッピーという思考です。-100点が、今や50点になったんです。一気に150点アップしたので、そりゃー幸せを感じられるはず。当初想定したセミリタイアの目的に沿った生活を送るこ...