FC2ブログ

セミリタイアへの反応を統計化

4
これまで個別に「セミリタイアの話をしたらこんな反応だった」と言及したことはあります。ただセミリタイア2年ちょいが経過して、かなりサンプル数も溜まってきたので、反応をまとめてみました。結果は以下の通り。少し説明を。全体数は34名。正社員(正規公務員)退職、今は週1~2日労働でまったり暮らしているとまで説明した人が対象。バイト先で聞かれて話した人が主。あとは旧友や退職前に予定段階で話した職場の同僚も含...

住みたい街の生活コストを比較してみた

2
昨日国保料の通知が来て、ふと「そう言えば、他の街はどのぐらいやろ?」と思い、調べていました。最初は仙台市と大阪市。気になって他の街も調べ、次にじゃあ水道代は?と疑問が次々発生。結局、住みたい街のセミリタイア1人暮らしの生活コスト(国保、水道、電気、ガス)全部まとめちゃいました。結果がこちら。それぞれ年間料金を算出。月平均を出して、今住んでいる札幌市との差を比較してみました。各項目の補足を少し。■国...

強行退職vs円満退職

7
今回の話題は、セミリタイア最後のビックイベント、退職について。特にタイミングについて書きたいと思います。言うまでもなく、ベストは自分の希望と職場の都合が合致する場合。しかし、往々にして両者は利益相反関係となります。そこで、強行退職vs円満退職として考えていきましょう。まず合理的には、強行退職が良いのは確実だと思います。僕自身は円満退職でしたが、損失がありました。本当はボーナスを貰って、12月末で退職...

僕のセミリタイアを正当化してみる

5
ブログで厳しい意見を言われることもあるので、今日は弁明させてください!え~、僕のセミリタイアは社会貢献です。根拠として持ち出したいのが、ゼークトの組織論。名前はあれですが、内容は多くの方が聞いたことがあるでしょう。以下のサイトを参考にして、まとめさせていただきました。https://hataractive.jp/useful/1991/人間の資質は、有能or無能と怠け者or働き者に別れ、2×2で4タイプ。そのうち、組織で使えるのは3タイ...

「セミリタイアは暇すぎて辛い」に反論する

23
セミリタイア前に言われた批判No.1が「暇すぎて辛いよ」でした。彼ら曰く、「たまの土日だからいいのであって、ほぼ毎日が休みで、それが数ヶ月、1年と続いたら辛くなってくる」とのことです。たぶんそれはないな~と思いつつも、未経験だったので、自信を持っては反論できませんでした。しかしセミリタイア3年目を迎え、少なくても暇すぎて辛い状態にはなっていないので、ここらで強めに反論しておきたいと思います。①仕事の...

首都圏での移住先 埼玉はどうか?

9
セミリタイア後最大の楽しみである移住計画、通称”キムノプラン”青写真としては、仙台→関西→沖縄→首都圏となっています。で、この首都圏の部分。神奈川は、住んだことがあるので除外。千葉や東京を複数回視察して、立川市(及び隣接する国立市、東大和市含む)が筆頭候補になっています。理由は街並みが綺麗、多摩川や昭和記念公園等の自然スポットがある、23区外の中心地で都市規模がデカい、裁判所がある、家賃もそこそこ(4...

キングボンビーだけは全力で避ける

5
自粛期間中ゲームに興じているんですが、中でも好きなのが桃鉄です。大人になって改めてプレイしてみると、人生とシンクロする部分があって、実に示唆深いゲームやなと感じました。大抵の人は知っていると思うので詳しいルールは省きますが、このゲームのポイントはキングボンビーです。普段はマイナス駅でお金を取られたり、ボンビーがちょっとイタズラするぐらいで平和な日常。しかし、ランダムでボンビーがキングボンビーになる...

誰も知らない街に住みたい

15
高校生の時です。家族で近所のガストに行きました。すると中3で同じクラスだった女子がバイトをしており、注文を取りに来ました。完全にスルーすることも出来ずに、「あれ?あ・・・どうも・・・」みたいな気まずい空気。早く帰りたい気持ちMAXになったことを覚えています。他にもバイト中の同級生に会った経験は、何度もあります。FRIDAYのグラビアページを立ち読みしていたら、友だちのお母さんがパート中だったこともありまし...

セミリタイアのモチベーション維持法

4
セミリタイアへの道は長丁場です。時には挫けそうになることもあるはずで、僕も節約疲れは皆無でしたが、仕事を続けることの辛さがありました。でもその時でもどうにか踏みとどまれたのは、セミリタイアへのモチベーションを維持できたからだと思っています。参考になるかどうか分かりませんが、効果的だったモチベーション維持法を紹介していきましょう。①仕事へのヘイトスピーチブログ等で仕事の辛さを書き殴る中で、より仕事が...

学生時代からセミリタイアを目指すことの是非

8
昨日のブログ記事に、下位駅弁大生様から、以下のコメントをいただきました。はじめましていきなり自分語りで恐縮ですが、私は下位駅弁大の一年で、猛烈に働くのが嫌で(今やっているアルバイトでさえシフトが近づくと胃がキリキリします)、かといってニートになる勇気もありません。そのためアーリーリタイア、セミリタイアを目指しているのですが、そんな中このブログにたどり着きました。在学校からしてまともに就職していては...

コロナ禍における収入まとめ

8
新型コロナによる自粛要請で、実体経済にも大きな影響が出ているようです。僕もあくまでもセミリタイアなので、多方面からの収入を前提にしています。状況をまとめてみました。■日雇い案件自体が減って、特に新規参入者に厳しくなっています。僕は以前からのコールセンターで定期的に仕事をしていますが、メンバーは見たことある人ばかり。それもそのはずで、前はHPに求人がアップされ応募していましたが、最近は「今週もどうです...

移住先 自然が最高な中都市という選択肢

15
最近、近所の河川敷をジョギングor散歩する時間を長めに取っています。冒頭の写真のように、緑が綺麗な河川敷で水の勢いを感じられる。遠くにはまだ雪が残った山が見えて、癒やされます。イベントや海外旅行は当分先ですが、自然との触れ合いを維持して、ジムや図書館が再開すれば、コロナ前とそう変わらない満足度になるんじゃないかと思っています。と考えると、移住先は自然が最高な中都市でもいいなとなります。今まで移住先を...

FIREのWikipediaを発見 中身を考察してみた

4
先日何気なくWikipediaを見ていると、FIREについての記事を発見しました。FIRE ムーブメントFIREは、セミリタイアとかなり近い概念だと認識しており、大いに感心があるので、中身を見ていきたいと思います。詳細は記事を読んでいただくとして、特に関心のある箇所を要約させていただきました。・FIRE (Financial Independence, Retire Early) ムーブメントは、 経済的独立と早期退職を目標とするライフスタイルを啓蒙するムーブ...

自粛期間中はミニマム生活費を把握するチャンス

0
緊急事態宣言の延長により自粛期間が続くので、5月の生活費はセミリタイア後最低になりそうです。同じような状況の方が多いのではないでしょうか?マイナス面を上げればきりがありませんが、この自粛期間中は自分のミニマム生活費を把握する絶好のチャンスだと位置づけます。ミニマム生活費とは、最低限どのぐらいあれば満足できる生活が送れるか?の金額と定義。生活プランを設計する上で、この金額を知っておくことが重要と言わ...

セミリタイア志望者は給付金10万円全額貯金しろ

10
セミリタイア志望の方へ。もし給付金10万円をその趣旨通りにパーッと使おうと考えているとしたら、忠告しておきます。給付金10万円は全額貯金しろそもそもセミリタイアなんて、ある意味反社会的な生き方です。自分の能力・経験・時間を社会に還元するのではなく、全部自分のためだけに使う。社会貢献する喜びよりも、自分貢献する喜びが勝ると考えるのです。なのに、10万円は経済を回すためにとか、青臭いことを考えてはいけ...

10年に一度の暴落直後でもセミリタイアしたか?

7
セミリタイアブログを定期巡回しているのですが、tanner様のブログ「Synergetic LifeStyle Blog」の中に、以下の興味深い記事がありました。果たして10年の一度の暴落直後でもアーリーリタイアしたか?「今年のように暴落があった年(資産が大きく目減りした年)でも果たしてアーリーリタイアしただろうか?」との疑問に対して。(起きなかったことは)判りません!!(笑)。ただし、『仮に暴落の時点でリタイアしたとしても、後...

自粛要請ごときで暇ならセミリタイア無理やで

9
現在全国的に大なり小なり言われている自粛要請。辛い面もありますが、セミリタイアを目指す人にとっては、特性を見極めるいい機会になるかもしれません。もし現在の自粛要請ごときで、暇で辛いなと感じているようでは、セミリタイア特性があるとは到底言えません。確かに各種イベントは中止、人と集まれない、やってない店や施設もある、行動も制限される。よほどのインドア派でもない限りは、娯楽が削られていることでしょう。し...

セミリタイアが当たり前になってしまうことが心配

17
セミリタイア生活、どう控えめに言っても最高との言葉しか出てきません。最高の源泉ですが、僕の場合、過去の自分との比較が大きいように感じます。セミリタイアして2年以上が経過しますが、フルタイム労働時代のしんどかった日々に基準が置かれています。だから、好きな時間に起きて、日中スポーツクラブの風呂にゆっくり入ったりみたいな些細な日常がありがたい。バイトがちょっとダルいなと思っても、過去の仕事と比較して超絶...

非常事態でのセミリタイアのメリット・デメリット

13
国内でも新型コロナを巡る状況は悪化の一途です。ご多分に漏れず、僕も影響を受けています。まだ2ヶ月程度で長期戦が予想されますが、現時点までに感じた、非常事態でのセミリタイアのメリット・デメリットをまとめてみました。(メリット)①自分のためだけに自由に行動できる定職がないので、何かに縛られることがありません。ヤバいと思えば引きこもればいいし、別の場所に避難することもできます。そのため時間も100%使う...

家族全員無職

13
只今実家に帰省中。近くに住んでいる妹も来て、家族団らん過ごしていました。現在の家族の状況は、以下の通り。父(62) 無職→65歳まで雇用延長することもできたが、60歳で定年退職後は働かず母(60) 無職→50歳の時に勤務先が閉鎖、以後は働かず僕(34) 無職→ご存知の通りセミリタイア中妹(31) 育休中→昨年11月に第2子出産、1年間は育休を取る予定はい、現在家族4人全員無職です。妹を無職と言うのは語...