FC2ブログ

誘われた店が「え?高くね?」と思った時の対処法を考え中

19
昨日は、大学の同級生が札幌に来ていたので会ってきました。6月に会ったのと同じ人です。夜2時間半程食事しながら、近況報告や思い出話しに花を咲かせました。連絡を取ることができるほぼ唯一の同級生ですし、今後も大事にしていきたいと思います。ただ1つ課題が残りました。1ヶ月程前に、「札幌に行くことになったから、夜ココで食事したい」というLINEが届きました。リンクをクリックすると、旅行サイトで紹介されている海鮮...

みんな仕事外だと突然バカになるのがもったいないと思う

13
消費増税やポイント還元のニュースを見ていると、「複雑すぎて分からない」と言っています。軽減税率に加えて、店舗ごとにキャッシュレスポイントの有無や%が違う。そして店舗やキャッシュレスの種類ごとに、還元方法も違う。仕組みを理解して、手間や自分の経済圏を考えて、最良の方法を使えばいいだけなんですが・・・その仕組みを理解したり、新たにキャッシュレス決済を登録するのが難しいらしいんです。コメンテーターのパフ...

「お金は使わないと意味がない」に反論したい

17
僕たち貯金派に対する反対意見として、「お金は使わないと意味がない」があります。お金は使ってナンボ。貯金残高が増えても、何の価値も産まないという訳です。僕はこの考え方には、真っ向から反論したい。お金は持っているだけで、使わなくても圧倒的なパワーがあります。例えば僕はセミリタイア後も、収支均衡を実現しています。これだけ見ると、貯金0円でもセミリタイア出来ると言えるかもしれません。しかし貯金がなければ、...

収入が倍でも大差ないと思った話

2
公務員時代の周りの人で、職場結婚がかなり多かったように感じます。男女差別は基本ないので、夫婦で公務員なら単純に給与が2倍。税金や社会保障費、育休や時短の関係上、単純に2倍とはいかないでしょうが、かなりの金額になります。アラフォーの公務員夫婦なら、世帯年収1,000万円は余裕で超えてくるでしょう。一方で、奥さんが専業主婦orパートという方も普通にいました。40歳前後で、既婚で子どもが2人いて、郊外に一...

不労所得にはこだわらない

4
運用の点で非常に参考にさせてもらっている山崎元さんが、興味深い記事を書かれていました。●人気の「高配当利回り株式」に軽い気持ちで投資してはいけない理由気になった箇所をまとめてみました。・値上がり益(「キャピタルゲイン」と呼ぶ)と配当(「インカムゲイン」と呼ぶ)を合算して総合的な損益で投資について判断する必要がある。一方だけを重視する見方は不適切だ。・「配当によるインカム収入で年金を補填して老後の生...

人生楽しむには月10万円程度で充分

13
僕は当たり前のように、月10万円程度で生活してきました。これを言うと周りから驚かれることが多く、露骨には言われませんが「そんな生活で何が楽しいの?」的な意図を感じます。しかし、人生楽しむには月10万程度のお金があれば充分です。その根拠として使いたいのが、大学生の支出。以下のサイトに、1人暮らしの大学生の生活費が載っていました。●第54回学生生活実態調査の概要報告最新の2018年の調査では以下の通り。...

年金や投資が云々言っているが完全無視できる

7
例の2,000万円不足の報告書で、世間がちょっとざわついているようです。各種窓口への問い合わせも増えているらしい。テレビやネットでも、この問題の議論が多いように感じます。各世代で「年金ってちゃんと貰えるのかな?」とか「投資ってやったほうがいいのかな?どうすればいいんだろう?」と不安に感じている人も多いのかもしれません。しかし僕としては、一度しっかりお金の知識を入れて、それを基に自分の考えも整理して...

家計簿が超役立つ理由

4
僕は99.9%の人にとって、家計簿をつけることは超役立つと思っています。家計簿と言うと、面倒くさいとかケチくさいとイメージする方もいるかもしれません。節約には有効だけど、別にそこまで考えてないという方も多いでしょう。しかしただ節約のためだけのツールではありません。家計簿の自分の価値観と実際の支出を一致させることができる点は、めちゃくちゃ役立ちます。よく「なんでこんなお金ないんだろう・・・」という、...

体力は確実に金になる

8
僕は日頃から運動に励んでいることもあってか、比較的体力には自信があるほうです。そしてその体力が、確実に金に結びついていると思います。例えば以下のような事柄。・15km以内なら迷わず自転車で行く・帰りが遅い日でも絶対に自炊・夜行バス、青春18きっぷ、カプセルホテル宿泊の旅行でも無問題・風邪引いて病院に行くことがない・(在職時)本業にプラスして、MS等も勢力的にこなせた・肉体系のバイトもすることができる学...

ゴーン事件について思うこと

7
みなさんもご存知の通り、日産のゴーンさんが逮捕されました。有罪になるか否かは分かりませんが、少なくてもグレーゾーンなことをしていたのは、事実だと思います。この事件で思うのは、「なんで数十億円も報酬がありながら、あんな危ない橋を渡っちゃったんだ?」ということに尽きます。一部報道によると、金融派生商品で約17億円の損失が生じて、その損失を日産に肩代わりさせたとのこと。ゴーン前会長の投資損17億円、日産...

女子高生がスタバのカップを持っているのを見かける

25
老害と思われそうで躊躇していましたが、我慢できなくなったので書かせていただく。札幌の中心部に行くと、女子高生がスタバのカップを持って歩いているのを、ちょくちょく見かけます。前に東京に行ったときには、もっといたような気がします。見る度に、「いやいや!マジか!?」と思います。女子高生のお小遣いって、どのぐらいなんですかね?5,000円ぐらいですかね?5,000円とします。あとスタバって、なんぼぐらいす...

自称節約家になってはいけない

9
「収入がこれだけしかない、1日1食の時もあって、本当に生活が苦しい」みたいなネット記事をよく見ます。それで支出の内訳を見てみると、ツッコミどころが満載。この記事のライターさんは、彼らの辛さや社会の闇を書きたいんじゃなくて、暗にこんな無駄使いして苦しいとかぬかしてますよと揶揄したいのでは?と思ってしまうほど。典型的なのが、派遣切りが云々、ネットカフェ難民で云々と言いつつも、タバコを吸っていたり、携帯...

節約とケチの違い

7
よく「節約はいいけど、ケチはダメ」と言われます。僕はこの言葉を聞く度に、過度にお金を使わない人はケチと思われるけど、そんな線引きは無意味。節約家なら、ケチと言われてナンボやぐらいに考えていました。過去には、こんな記事も書いています。ケチで上等しかし、小室さんの借金問題を見て、正直ケチで嫌やな~と。で両者には違いがあり、ケチは避けたいなと思いました。ケチで嫌われるぐらいならいいですが、トラブルったら...

外食をしまくってみて感じたこと

11
随時Twitterで報告していますが、ここ3週間MSで外食する機会が多くありました。店もバラエティーに富んでおり、普通の居酒屋、焼き鳥、沖縄料理、ジンギスカン、小料理屋、寿司、料亭等、様々。連日のように、ガッツリ飲み食いしていました。集計してみると、計17件の店に行き、約66,000円使っています。月の食費がだいたい8,000円ぐらいなので、その8ヶ月分以上に相当する金額です。これだけ経験してみて感じたこ...

お金について期間を変えると発見がある

7
僕のフル就労での最終年である2017年の年収は、576万円でした。年収と言われてもピンとこないので、1日あたりで計算してみます。有休とかも加味して、だいたい月20日就労だとすると、576万円÷(月20日×12ヶ月)=2.4万円細かいことは無視してザックリ言うと、1日分の価値が2.4万円。それを放棄して、今ほぼ働かない生活を送っています。もちろん満足はしていますし、そもそも能力的に続けられなかった面も...

節約は法の抜け穴

22
以前のブログ記事「セミリタイア後の税金と社会保障費を試算してみた」で、今後の支払いを計算してみました。現在は、住民税を年間で25万円、任意継続保険料を年間42万円払っています。で上記の記事通り、来年度からは住民税は年5,000円、保険は国保に切り替えて年19万円。さらに再来年度は、住民税は非課税、国保は年2万円程度まで下がりそうです。計算した金額を見て、正直ボロいな!と思いました。税金や社会保険料...

それをお得とは呼ばない

15
札幌移住後、僕はスポーツクラブのデイタイム会員になって通っています。利用料は、月約7,500円。日曜日と週1の休館日は通えないので、平均すると月の利用は20日程度。1回あたりの利用額は、7,500円÷20日=375円となります。公共施設よりも安いぐらいの金額。それで各種マシンや設備は、圧倒的に充実しています。専門のスタッフさんがいて、いつでも相談することもできます。風呂、サウナやプールもあるし、ラ...

一度下がった生活費は、そう簡単には上がらない

14
セミリタイア前、僕には1つ不安材料がありました。セミリタイアして時間と精神的余裕ができたら、お金を使ってしまうのではないか?在職時の平日は朝から晩まで仕事をしているので、その間お金を使う時間はありません。休日も、ブログをまとめて書いたり、MSやスポーツクラブに行ったりと、定型的な予定がありました。また精神的にも消耗していたので、お金を使って楽しもうという余裕がありません。僕の節約力は環境に依存する部...

自信を持って節約できれば貯めるのは簡単

17
節約やセミリタイア関連のブログを見ていると、月の支出を公開している人がたくさんいます。それで面白いことに、各項目の消費強弱は意外とバラバラ。頻繁に旅行に行っている方。外食をよくしている方。車を所有している方。酒をよく飲む方。保険に加入している方。かく言う僕も、スポーツクラブに加入して毎月7,500円払っています。旅行もぼちぼち行くし、光熱費も高いほうでしょう。こんな感じで、節約法はバラバラですが、...

現代社会の身分制度

17
どこかの国や過去とは違い、日本に身分制度は無くなったという建前。しかし、現代社会にも明確な身分制度があるように感じます。労働者と資本家。男性と女性。正社員と派遣社員。日本人と外国人。以上の差別もあるのかもしれませんが、僕が最も感じる身分制度は、労働者と消費者です。労働者はお金を貰って仕事をしているんだから当たり前、と言われればそれまですが。諸々差し引いても、消費者強すぎじゃないですか?労働者は、不...