FC2ブログ

支出税とは?

金村 圭介(김 용규)

今日は前の職場の応援としてイベントの駐車場整理をしてきました。
イベント会場からは離れた駐車場で、車の出入りもあまりなかったので下記の本を読んでいました。

人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?  角川oneテーマ21人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? 角川oneテーマ21
(2005/11/10)
門倉 貴史

商品詳細を見る


門倉さんというと、さんまの「ホンマでっか!?TV 」に出てるちょっと変な人というイメージがありましたが、特に税制や地下ビジネスについて分かりやすく書かれており、面白かったです。
この本の中で気になったのが、筆者が紹介した支出税です。

支出税についての説明をまとめると、

現状の所得税は、サラリーマンの所得はほぼ100%捕捉されているのに、自営業者は農業従事者については低い捕捉率にとどまっている。また地下ビジネスで稼がれたお金は所得として把握できずに課税されないなど不公平がある。
そのため、所得税に変わる新しい税制として支出税の導入を提案する。
支出税とは、一定期間の所得から貯蓄を控除して求めた消費に対する課税であり、納税者が自己の所得及び貯蓄の額を申告するという申告納税制度がとられるものである。
消費税とは違い直接税であり、控除や累進税率の適用が可能になり、お金のない人ほど税負担が重くなるということもない。
支出税の導入によって地下ビジネスで稼がれたお金にも課税でき公平な課税となる。また生涯という長い期間で見れば稼いだお金や蓄えたお金はいつか消費することになり、平等に課税が行われる。

という主張である。

確かに、自営業者や地下ビジネスの所得からも何とか税金を取ろうとするのは必要なことだと思います。サラリーマンで所得が完全に把握されている立場からすると、自営業の人が何でもかんでも経費で落として所得税が安くなったり、風○嬢が、どえらい稼いでいるのに税金を取られない実態を見ると悔しく思います。

ただ筆者も実行できるかが疑問と述べているように。実現は非常に困難であると思います。
それは、申告税制制度である点です。
現状でサラリーマンだけでもほぼ正しく課税されているのは面倒な税務処理を会社でやってくれているからだと思います。ほとんどの人は税のシステムを分からない人達です。そんな人達にいきなり自分で、貯蓄額を計算して申告しろと言っても、そこまでの知識や几帳面さがないでしょう。また、本当は使ったのに貯金したことにして税金を安くする人も相当程度出てくると思います。そもそも申告しない人はどうするのでしょうか。

それに消費税も使ったお金に対して税金をかける点では支出税と同じなので、地下ビジネスで稼いだお金を消費すること(地下ビジネス以外のもの)で所得額からすると消費税の5%は低いですが、ある程度は課税できています。

なかなか実現性が難しい支出税ですが、このように多くの知識人が税に対して色々な意見を発信していただくことは大変望ましいことだと思います。筆者も述べるとおり現状の税制に課題があることは明らかで、活発な意見の末に「正直者がバカを見る世の中」が少しでも改善されればいいのかなと考えました。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply