FC2ブログ

巨人のここまでは・・・

金村 圭介(김 용규)

開幕から1カ月ちょっとがたちました。
我らが読売巨人軍は、30試合を闘って、13勝15敗2引き分けの4位、首位のヤクルトには5.5ゲーム差(5月6日18時時点です)です。

開幕から借金生活でひやひやしたけど、やっと調子が出てきたかんじです。

特に先発陣の安定感は抜群です。
内海、澤村、杉内の3本柱に宮國とホールトン。ホールトンが少し不安定ですがこの5人を基本に廻していけば、今後も試合を崩すことはあまりないと思います。
中継ぎも山口、西村がいいので落ち着いて見ていられます。
あとはマシソンは少しコントロールが不安ですが、長身から投げおろす球の勢いは確かですので、勝利の方程式に加わってくるでしょう。

スロースターターの攻撃陣も少しずつ本来の力が戻ってきたと言えます。
長野、坂本、阿部、村田が中心となって敵からすると恐ろしい打線でしょう。
あとは、ファースト、セカンド、ライト、レフトで日替わりスタメンとなっているので、このうち2つくらいではガチっとレギュラーを取る選手が出てきてほしいと思います。
セカンドはあの走力を見ると藤村が出てきてほしいと思うし、ライトもしくはファーストは高橋由がまだまだやってくれると思っています。
ところで阿部は大丈夫なんでしょうか?

他のチームも見ているとDeNAを除いて上位5球団は飛ばないボールの影響もあり、防御率は2点台以下で投手陣は安定していますが、打てない試合が本当に多い。

そんな中ヤクルトが首位なのはバレンティンの影響でしょう。
特に最近毎日ホームラン打ってる気がします。しかも複数本。それに5番の川端もいいし、これで畠山あたりが乗ってきて、由規が帰ってきたらバランスのいいチームになると思います。
でもバレンティンは確か去年もこの時期打ちまくって後半失速したので、去年と同じだと信じたいです。

それとやはり阪神に注意です。
上位打線は巨人を上回る実力があると思いますし、メッセンジャーとスタンリッジがこんないいとは思いませんでした。
でも捕手がいないのは深刻ですし、下位打線が弱いです。

中日も何気に強いですね。ピッチャーはやっぱりいいし、打線も和田が去年とは違うし、平田も成長が見えます。
でも吉見の抹消や山本昌が調子よすぎるなど不安材料も多いです。

上位を走るヤクルト、中日も圧倒的な戦力というわけではなくこのまま逃げ切るのは無理だと思います。
実力のある巨人、阪神が必ず追いついてくるはずです。

巨人としては、とにかく使える選手を見極めて今年の闘い方を確立していき、夏以降に一気に勝負する流れでいってほしいです。
スタートダッシュに失敗したので、ぶっちぎりとはいかないかもしれませんが、戦力は頭1つ抜けています。
必ず優勝できます。

ちなみに6月5日のヤフードームでのソフトバンク戦のチケットを買いました。
福岡に住む巨人ファンの皆さん、応援しましょう。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply