FC2ブログ

読書感想文(2014年11月8日)

金村 圭介(김 용규)

先日、ミステリーショッパーで本屋調査をした際に下記の本を買って読みました。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく



今年1番の本でした。
自分の生き方を考える本当にいいきっかけになりました。
たぶん、ずっと手元に置いて何度も読み返すと思います。
人生が順風満帆にいってない方、超おススメの1冊です。

この本のタイトルは「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」ですが、

人が新しい一歩を踏み出そうとするとき、次のステップへ進もうとするとき、そのスタートラインにおいては、誰もが等しくゼロなのだ。
(中略)
そしてゼロになにを掛けたところで、ゼロのままだ。物事の出発点は「掛け算」ではなく、必ず「足し算」でなければならない。まずはゼロとしての自分に、小さなイチを足す。小さく地道な一歩を踏み出す。ほんとうの成功とは、そこからはじまるのだ。

と述べられています。

これにすごい勇気をもらいました。
「みんなゼロなんだ」と。

進むスピードは全然違うかもしれませんが、堀江さんも僕も、スタートはゼロ。
成功するには、小さく地道な一歩を踏み出していくんです。

一番大事なのは、できないできないと諦めるのではなく、その一歩を踏み出すこと。
まずはやってみること。

僕はダメサラリーマンで、追い込まれて休職し、1年で職場を異動になったときには、多くを失いました。
職場での信頼や将来、自信、希望、目標。
友達、彼女もいなく周りに頼れる人もいない、これまでの人生を全否定されたような絶望感に陥りました。
僕は何にもできない。
完全にゼロの状態でした。

でも、このブログのスタートという一歩で、僕は少し変われたような気がします。
仕事では、特に相手にされていない状況ですが、
ブログで記事を書けば、
読んで何かを感じてくれる人がいる。
コメントをしてくれる人がいる。
面白いと言ってくれる人がいる。
企画した家計相談にも応募してくれた人がいる。

僕も世の中から必要とされているんだ。
僕にもできることがあるんだ。

1日のアクセスは平均750件とまだまだ超零細ブロガーですが、ゼロだった僕に少しずつイチを足していっている感覚があります。
それによって、自信、希望、目標も少しずつ持てています。

僕はまだ何にも知らないし、本当にダメな人間です。
そして今後も多くの失敗や挫折を経験するでしょう。
でもゼロでも、またイチを足していけば、うまくいくことも出てくるかもしれない。

そんな勇気をもらえる、僕のバイブルにしたいような素晴らしい本でした。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 3

There are no comments yet.
サイバー  

今日の話は良かったな。

2014/11/09 (Sun) 00:03 | EDIT | REPLY |   
kim99  

資産運用していると、自分の資産が毎日1%位増えたり経たりするのを感じる。資産運用しなくても、ダウ平均や、日経平均、ドル円の為替の変動は 毎日1%位 動くのは感じる。これを感じることができれば、1%位自分を変えようとは思う。サボりますが、、、

2014/11/09 (Sun) 14:53 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김 용규/金 容圭)  
コメント返信

サイバー 様
> 今日の話は良かったな。

そうでしたか。ありがとうございます。

kim99 様
> 資産運用していると、自分の資産が毎日1%位増えたり経たりするのを感じる。資産運用しなくても、ダウ平均や、日経平均、ドル円の為替の変動は 毎日1%位 動くのは感じる。これを感じることができれば、1%位自分を変えようとは思う。サボりますが、、、

思っててもなかなかできないですよね。でも頑張ります!

2014/11/09 (Sun) 23:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply