FC2ブログ

2014年ふるさと納税のまとめ

金村 圭介(김 용규)

今年最大の節約と言えば、ふるさと納税の活用を始めたこと。
初めて利用したのですが、自分なりに結構うまく活用できたと思うので、まとめてみたいと思います。

確定申告の煩わしさはありますし、特産品で釣って寄付金獲得合戦になって本来の目的から外れている気もしますが、お得な制度なんで、収入がそれなりにある人はジャンジャン利用しちゃいましょう!

(制度の概要)
ふるさと納税は、納税と名前がついていますが、自治体に対する寄付金。
そして多くの自治体では、寄付をすると、地元の特産物などを貰えます。

寄付金のうち、確定申告によって、2,000円を超える額が、所得税還付&住民税から控除される仕組み。
要は2,000円で地域の特産物をゲットできるのです。

ただ、いくらでも寄付しても2,000円の負担というわけではありません。
個人の年収や家族構成などによって、上限があり、それ以上寄付しても控除されません。

(寄付金額)
30,000円

2,000円の負担のみでいいMAX金額は、年収・家族構成等により異なります。
計算サイトを記事下の(参考サイト)につけています。

(寄付自治体)
長野県大町市 5,000円 クオカード2,000円分

無題1  無題2

千葉県長生郡睦沢町 10,000円 米15キロ

無題1 (3)

宮崎県東諸県郡綾町 10,000円 豚肉2,550g

詳細内容
ロースとんかつ用肉 100g×3枚
バラ焼肉用 550g
ももしょうが焼き用肉 550g
ももしゃぶしゃぶ用肉 550g
ウデ小間切れ用肉 600g
で、合計2550g

無題

北海道十勝郡浦幌町 5,000円 ジンギスカン等

詳細内容
ラムジンギスカン 500g
豚ジンギスカン  500g
味噌ホルモン   400g
ウインナー(スモーク) 5本
ウインナー(ノンスモーク) 5本

無題1 (2)

(2015年の予定)
今回の自治体はどこもコストパフォーマンスが高く、満足しています。
ただ、米に関しては1万円の寄付で20キロ貰える自治体もありましたが、申し込み終了していました。
人気の特産品については、ある程度のスピードも求められるでしょう。

来年も今年同様に徹底的にコストパフォーマンスを求めていきたいと思います。
寄付上限額の拡充、確定申告の省略の話も出ているので、さらに魅力的。

具体的には来年の特産物を見て決めますが、①③④は引き続き利用する予定。
米はある程度、ストックがあるので、どうしようかな?ってかんじ。

そんな中、今注目しているのが、大阪府泉佐野市
関空のお膝元ということもあり、1万円の寄付でLCCピーチの5000ポイントが貰えます。
来年は那覇に行く予定で、ピーチが使えるので、いいかなと思っています。

(参考サイト)
ふるさと納税ポータルサイト ふるさとチョイス
税金控除額シュミレーター
お得なふるさと納税情報局
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 2

There are no comments yet.
-  

確か、確定申告も不要になって、手続きが楽になるんでしたっけ?
わたしもやってみようかなあ・・。

2014/12/31 (Wed) 07:06 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김 용규/金 容圭)  
コメント返信

名無し 様

本当に今年1番得したなと感じる制度でした。

2015/01/02 (Fri) 23:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply