FC2ブログ

キムファンド運用成績(2015年12回目)

金村 圭介(김 용규)

PAK25_aozoratomachinami-thumb-1000xauto-15561.jpg

月の最初の日曜日なので、個別株投資の発表です。

個別株(2015.12)

リターンは31.1%、一方のベンチマークのリターンは53.0%

ベンチマークとの差は-21.9%です。
前回は-21.9%だったので、変化なしです。

今回は三井物産とエア・ウォーターの決算がありました。

三井物産が6日発表した2015年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比41%減の1306億円だった。原油や鉄鉱石など資源価格の下落が収益を圧迫した。ブラジルの農産物子会社や発電事業でも損失が発生するなど、非資源分野の事業も振るわなかった。
(11月7日日経新聞朝刊より)



エア・ウォーターが10日発表した2015年4~9月期の連結純利益は前年同期比25%増の126億円と、最高益を更新した。電気料金の上昇が一服して産業ガスの製造コストが下がり、病院内の物流受託など医療サービスの不採算案件が減った。川崎化成工業の買収に伴う「負ののれん」28億円を特別利益に計上した。
(11月11日日経新聞朝刊より)



三井物産は、資源価格のせいで相変わらず冴えません。

エア・ウォーターも過去最高益は更新しましたが、織り込み済みで予想以上の材料ではありませんでした。

また、配当金も入金
三井物産2,550円、エア・ウォーター949円の合計3,499円。

にもかかわらず、差が縮まっていない・・・
厳しい戦いですね。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply