FC2ブログ

ボーナスがあるさ症候群

金村 圭介(김 용규)

本日から日経電子版の無料で読める記事で横山光昭さんの「もうかる家計のつくり方」という連載が始まりました。そしてその第1回目の記事が非常に素晴らしいんです。

この中で筆者は不確実でもボーナスをあてにし、何とか生活をしている人を、私は「ボーナスがあるさ症候群」と呼んでいます。
そして、家計のやりくりの大原則は

「ひと月の収入の中で、ひと月の支出を収めること」です。これがお金をためるための鉄則ですし、この原則から家計管理へのすべてが始まっていきます。この原則を守るよう努めていくのです。

と述べています。

シンプルではありますが、これさえ押さえておけば、しっかりと資産を築くことができます。

例えば僕の場合は月の給与の手取りが20万円超でボーナスの手取りが35~40万円くらいです。
僕と同じくらいの給与水準の人がいるとして、20万円で月の生活をやりくりして、ボーナス分はまるまる貯蓄に回す。
そしたら1年間で70~80万円も貯まる。
不運なことにボーナス額が一生変わらなくてもこれを40年続ければ2,800万円~3,200万円です。
老後の備えとして標準的な額ではないでしょうか?

とは言っても、旅行に行ったり、いいものを買ったりしたい人もいるでしょう。
それは給与の20万円から出すんです。毎月20万円の中からちょっとずつ貯めておきそれでプチ贅沢をする。

ボーナスがあるさ症候群ではなく、ボーナスがないさ症候群になる。
僕みたいに落ちこぼれサラリーマンでさっさと辞めたい人はボーナス以外にも貯めていかないといけないですが、そこそこ定年まで働き、そこそこ遊びたい人は、ボーナスだけ貯めるというシンプルな方法で十分だと思います。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply