FC2ブログ

読書感想文(『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』 藤沢 数希)

金村 圭介(김 용규)

読書

図書館で借りて、ここ数日で以下の本を読みました。



最近は、恋愛工学にメルマガにと藤沢さんの文書にハマっています。
この本も過去に読んだことがあるのですが、素晴らしい本は何度読んでも新たな発見がある。
お金について、クールに考えられるようになる良書でした。

今回、注目した部分は、DCF(ディスカウンテッド・キャッシュフロー)モデル。
あらゆる金融商品や事業の価値は、将来のキャッシュフローの総和をディスカウント・レートで現在価格に割り引いたものです。

そして本中で、以下の通り、人間の値段を計算しています。

サラリーマンの理論価格

n年間会社勤めした後引退して、その後は投資からの収入や年金などの収入でコストをまかなって生活すると仮定する。
ディスカウント・レートをrとする。

PV(現在価格)=CF₁/(1+r) + CF₂/(1+r)² + ・・・・ + CFn/(1+r)ⁿ + 貯金などの財産

ただし

CF=税引き後年収 - もろもろのコスト


各年度毎に得られる収支をディスカウント・レートを使って、現在価格に計算して足し合わせる。
それに、現在保有している金融資産額を加える。
これが、人間の値段(人的資本)だとしています。

今までにも、人的資本という言葉は聞いたことがあります。
ただ、僕はこの言葉から目を背けてきました。
なぜなら、自分の人的資本は極めて小さいと思っていたから。

普通、大卒サラリーマンの平均年収は3億円とも言われます。
しかし、僕は定年までサラリーマンを勤め上げるなんてことは到底不可能で、40歳前にドロップアウトしようとしています。
その後は、やってもアルバイト程度。
稼ぎが普通の人の半分以下なので、人的資本が小さなダメ人間だと思っていました。

しかし、計算式をじっくりと見てください。
収入に値するCFは、税引き後年収から、もろもろのコストを引いたものです。
要は収支のこと。

将来まで含めると、収入には全く自信がないけど、一応100歳まで生きても(生きてしまっても)大丈夫なプランを組んでいるので、収支は人様に迷惑を掛けない内容にはなっています。

支出が少なくても、それなりに楽しめる超低燃費男なので、人的資本にはプラス。

さらに、人的資本には貯金などの財産も含められます。
僕は2,700万円以上の資産があり、これは同年代と比較してかなり多いほうでしょう。
これも人的資本にはプラス。

本中では、お医者さんの値段が4億円あるとしてこう続けています。

ハゲ・チビ・デブのお医者さんでも、すごい美人と結婚したりするのは、身もフタもないいい方をすると、このように億単位のお金が動くからです。
どうも世の女性たちは、DCFモデルなど知らなくても、本質的なことを直感的にとらえる能力があるようですね。生物の進化の過程で、女性の脳にDCFモデル的なロジック回路が埋め込まれたのかもしれません。


僕は、今まで人的資本が脆弱なダメ人間だと思っていました。
しかし、支出が少なく、金融資産も結構持っていることを加味すると、人的資本はそう悪くないのではないか?と思えてきます。
そして、女性は直感的に、人的資本を捉える力があるのかもしれません。

そんなに自分を卑下することなく、堂々と女性にアプローチしていこう!とちょっと自信がつきました。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 2

There are no comments yet.
恋  

仮にヤフーパートナーでも、合コンサイトでもキムさんの資産額を公表したら、それはそれは
モテモテになるでしょう。
5番さんや、金融OLも、振り向きますって。

でも金持ちほどドケチの典型ですから、それ目当ての女子とは長くは続かないんでしょうが。

2016/03/12 (Sat) 20:00 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김 용규/金 容圭)  
コメント返信

恋 様

本当にモテますかね・・・

2016/03/12 (Sat) 22:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply