FC2ブログ

読書感想文(『逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録』 市橋 達也)

金村 圭介(김 용규)

読書

先週末に、図書館で借りて以下の本を読みました。





言わずと知れた、千葉県市川市で英会話講師を殺して、2年半も逃亡を続けた市橋達也。
そんな彼が書いたノンフィクション。
事件が起きたとき、僕は関東に住んでおり、逃亡中の市橋達也は博多にも潜伏していたので、事件には興味を持っていました。
偶然にも図書館で見つけたので、借りてみました。

ノンフィクションというジャンルはあまり読んだことがなかったのですが、面白いですね。
奇異な体験をした方のリアルな話だし、読みやすい文章だったので、1日で読んでしまいました。
おススメの本です。

逮捕された時のニュースでも何となく知っていましたが、一番の驚きは市橋達也が普通に働いていたこと。
大阪西成などで仕事を見つけ、未経験の土工として、複数社で働いていました。

もちろん、身分証明書など出せるはずもなく、偽名。
バレそうになって、仕事を放り出して逃げたこともあります。
大阪と沖縄を行ったり来たりして、無職だった期間も。

それでも、普通に食べていくことができていました。
しかも、100万円弱のお金を貯めて、整形をしたり、沖縄に逃亡する旅費まで捻出。

これには、もちろん市橋達也の辛い仕事に耐える努力、火事場のバカ力、器用さ、頭の良さもあるのかもしれません。
しかし、何の経験もなくても、身分も明かせないような人でも働き、貯金できてしまう労働環境が日本にはあるのです。

メディアの報道もあり、正社員こそが絶対で、非正規社員では日々の生活がやっとぐらいの認識をしている人が多くいます。
だから正社員の身分を捨てると、人生終わるぐらいのイメージ。
そのため、極限まで頑張って体調を崩してしまう人も・・・

しかし、何だかんだ言って、日本は豊かな国。
もちろん贅沢な暮らしはできませんが、レールから外れても全然生きていくことができます。
さらに、貯金までできちゃうのです。

それほどひどい環境でもないので、今すぐに会社を逃げ出したり、犯罪を犯そうなどという気はありません。
でも、どんな境遇でも、心身の健康さえあれば、最低限の受け皿はあるんだと思うと、安心できます。
社畜にされならなければ、自分らしく、楽しく生きていくことは十分に可能です。

そんな勇気をもらえた1冊となりました。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 3

There are no comments yet.
市橋達也  

キム君僕の本読んでくれたんだ!
嬉しいな~
今度一緒に餅まき行こうよ♪
君と僕はなんだか似てる気がするんだ。

2016/06/04 (Sat) 08:20 | EDIT | REPLY |   
望月  

犯罪者、しかも殺人犯から勇気をもらうとは…
あなたそれでも日本人ですか?

2016/06/04 (Sat) 08:29 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김 용규/金 容圭)  
コメント返信

市橋達也 様

あれ?シャバにいるの?

望月 様

日本人ですよ。

2016/06/04 (Sat) 08:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply