FC2ブログ

読書感想文(『幸せになる勇気』 岸見 一郎 古賀 史健)

金村 圭介(김 용규)

DSC_0433_20161003202922afa.jpg

先日、ミステリーショッパーの書店調査で以下の本をゲットして、読みました。



この本は、「嫌われる勇気」の続編。
「嫌われる勇気」は以前読んで、非常に感銘を受けたので、ブログ記事にも書きました。

読書感想文(『嫌われる勇気』 岸見 一郎 古賀 史健)①
読書感想文(『嫌われる勇気』 岸見 一郎 古賀 史健)②

今回の本では、前回の復習もありつつ、新たな内容にも踏み込んでいます。
後半で出てくる愛の話は、なかなか理解が難しく、何度か読み込むことが必要。
その他の部分で、現時点で感銘を受けた箇所を紹介しておきたいと思います。

人間にとっての試練、そして決断とは、受験や就職、結婚といったシンボリックなライフイベントのときにだけ訪れるのではありません。われわれにとっては、なんでもない日々が試練であり、「いま、ここ」の日常に、大きな決断を求められているのです。その試練を避けて通る人に、ほんとうの幸せは獲得できないでしょう。


ハッとさせられる内容でした。

先日ブログで書いた通り、僕は血圧が149になって現在改善中。
ただ、2年ほど前から血圧が高くなってきていることを意識していました。
「このままではヤバいんじゃないか・・・」と何となく意識していたのです。

血圧を改善するには、毎日の生活習慣が大事。
僕の場合は、特に食事です。

以前は、調味料をたっぷりと漬けて、白飯をドカ食いしていました。
野菜やフルーツも少なめ。
とにかく味のしっかりとついたものが、好きでした。

改善したほうがいいとは感じていたのですが、何となく避けて過ごしていました。
その結果、血圧はさらに上昇して、31歳で高血圧と診断される情けないことに・・・・

そう言えば、愛読している藤沢数希さんのメルマガにもこんなことが書いてありました。

僕が思うことは、ある程度の成功には運もいらない、ということだ。
人生とは、無数の小さな決断の連続である。1回の決断が成功するか失敗するかは運である。しかし、1000回の決断なら大数の法則で、その人の実力に収束する。人生とは数十万回の決断で作られる。つまり、人生で成功するかどうかは運などほとんど関係ないということだ。多くの人は、成功を遠ざける習慣をやめることができず、運にかかわらず成功しない。


1日1日が勝負です。

一時の快楽のために不健康な食事をするのか?
貴重な時間を、何の生産性もないダラダラとしたネットサーフィンに費やすのか?
チャレンジせずに、ぬくぬくと自分の殻に閉じこもっておくのか?

「いま、ここ」の日常こそが、試練だと意識して、日々過ごさないといけません!
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 6

There are no comments yet.
みい  

愛の話も理解できたらまた感想聞きたいです。

2016/10/05 (Wed) 19:48 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

みい 様

その時はぜひ。

2016/10/05 (Wed) 21:40 | EDIT | REPLY |   
-  

私血圧98だった

2016/10/05 (Wed) 22:31 | EDIT | REPLY |   
お医者様  
問題ないでしょう

血圧149は普通です。気にしなくて良いと思います。

2016/10/06 (Thu) 00:03 | EDIT | REPLY |   
-  

旅行記やテレビ、書評など、恋愛から解き放たれた日記に充実感が見えて良いですね。そういう自分らしさを積み重ねて楽しむ姿こそがアーリーリタイアを考える多くの人に共感されると思います。

2016/10/06 (Thu) 01:13 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> 私血圧98だった

低っ!

お医者様 様

そうなんですか?所説ありますよね。

名無し 様
> 旅行記やテレビ、書評など、恋愛から解き放たれた日記に充実感が見えて良いですね。そういう自分らしさを積み重ねて楽しむ姿こそがアーリーリタイアを考える多くの人に共感されると思います。

共感いただけて何よりです。

2016/10/06 (Thu) 07:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply