FC2ブログ

消費行動を解明する

金村 圭介(김 용규)

e-commerce-402822_1280_20170121091616ed2.jpg

お金について日々考えていると、消費行動に興味を持つようになってきました。
実際にはかなり複雑なモデルで、経済学者が研究しているような分野ですが、僕なりに書いていきたいと思います。

何が人の消費行動を決めるのか?
お金があるのは当然として、パッと思いつくのが欲の強さ。
何々が欲しい、行きたい、食べたい、したいという思いが強ければ、強いほど消費行動につながる。

これに加えて、もう1つ重要な要素があります。
それが、どうやってお金を手に入れたか?今後手に入れるか?

大学時代にこんな出来事がありました。

僕は、某飲食チェーン店でバイトをしていたのですが、ある日別の店舗の応援に行くことになりました。
自転車で行ったのですが、応援先の店長はバスで来たと思い、バス代の約400円をくれました。
当然しれっと受け取ります。
その後、帰り道にお菓子やアイスを買い込み、400円を費消しました。
普段、店長に怒られたりしながら苦労して得たバイト代で、お菓子を買うことはほぼありません。
しかしこの日は、労せずして得た400円だったので、何となく使ってしまったのです。

同じような経験がある人は、多いのではないでしょうか?
一般的にも、ギャンブル等で楽して得たお金は、散財してしまうようです。

以上のように、どうやってお金を得たかによって、消費行動が変わってしまいます。

2つの数値を使って表してみましょう。

それがどれぐらい欲しいのかを欲望指数、お金を得るためにどのぐらい労力を使ったのか&今後どのぐらい労力を使いそうかを労力指数と定義。
「とにかく欲しいんだよ」という欲望指数を、「いやいや苦労して得たお金やから慎重に」という労力指数が食い止めて、結局はその差で落ち着きます。
例えば、欲望指数が50、労力指数が30だとすると、その差の20だけ消費する。

上記が平均的な人だとすると、僕の場合は、欲望指数は少な目で45、仕事がめちゃくちゃ嫌いなので労力指数は40。
よって消費は5と人よりもかなり少なくなるのです。

また、宝くじを当てた人だと、欲望指数は50と変わりませんが、労力指数が一気に5まで下がるので、消費は45。

この2つの指数は、常に変化しています。
商品の勧誘を受けて魅力を感じれば、消費指数が上がったり、将来の収入に不安を感じれば、労力指数は上がる。
この変化によって、時に消費行動が活発になったり、下火になったります。

僕の仮説はいかがでしたか?

仮にこの仮説が正しいとすると、労力指数がかなり大事なことが分かるでしょう。
欲望指数は、性格的な部分もあるので改善するのが難しい。
だからこそ、労力指数に注目してしてみましょう。

と言っても、仕事で苦労しろと言っているわけではありません。
お金に対して、真摯に、誠実に向き合っていくのです。

具体的には、家計簿をつけて、予算・決算をしてみるのはどうでしょうか?
こうやって貯めたお金は労力指数が上がって、決して無駄遣いをするなどできないはず。

逆に、お金をバカバカ使っている人は、欲望がスゴイのかもしれませんが、労力指数が低い可能性もあります。
つまり、稼ぐことにあまり苦労していない。
だから、どんどん働いて稼いでもらいましょう。
借金してまで使うような多重債務者には、特に働きまくってもらいましょう。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 8

There are no comments yet.
草ムッシュ  

セミリタイアするかしないかでその労力指数ってのは変わるんじゃないですか?
セミリタイアにはお金必要ですから、その目標のためにお金を貯めようとしますし。
仮に労働が嫌でもセミリタイアとか考えてない人はストレス発散で使っちゃう人もいるだろうし。
そのお金を貯める目標を持つか待たないかでその労力指数は変動する気がします

2017/01/21 (Sat) 20:41 | EDIT | REPLY |   
星 玉三郎  
KKさん

今日のエントリー、欲望指数、労力指数、クソワロタですwww。
確かにその通りですよね。楽して得たお金は簡単に使ってしまいますね。

それでは、相互リンクされているKKさんについてはどうでしょうか?
仕事では苦労されてるみたいですが、海外でスパン三昧散財してますよね。たしか海外移住を考えているはずなのに、未だその費用も捻出されていないwww。

KKさんにお会いした金村さんは、このようなKKさんのことを欲望指数、労力指数を使ってどのように説明されますか。分析、お願いいたします。

2017/01/21 (Sat) 21:46 | EDIT | REPLY |   
とんとろ  

この間、会社の飲み会で電車があるにも関わらず、タクシーで帰っている方がいました。
どうやら駅から10分の距離を歩くのが嫌だそうです。
電車だと200円、タクシーだと2000円、私は電車で帰りましたが、、、。
あまり、真摯にお金と向き合ってないんでしょうね。

2017/01/21 (Sat) 21:50 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

草ムッシュ 様

それも変動要素になるかもしれませんね。

星 玉三郎 様

KKさんはスゴいっす。
この公式では表わせません。

とんとろ 様

仕事が余裕か好きで簡単に稼いでいるんじゃ。

2017/01/21 (Sat) 22:58 | EDIT | REPLY |   
4444  

気になったんですが最近裁判傍聴してないのですか?

2017/01/22 (Sun) 17:22 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

4444 様

有休が取れてなくて行っていません。

2017/01/22 (Sun) 22:31 | EDIT | REPLY |   
吉村雅夫  
深い。その通り

汗水たらして(労働して)稼いだお金は、簡単には使えない。
(半)自動的に入って来るお金は、比較的、楽に使える。

その通り。

私もその点に気付いてはいたけれど、それを法則っぽい形にしようとするのが、すごいですよ。

マーケティングの専門家の研究テーマになるようなものですね。

2017/01/23 (Mon) 20:09 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

吉村雅夫 様

お褒めの言葉ありがとうございます。

2017/01/23 (Mon) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply