FC2ブログ

ダメリーマンは労働者を救う

金村 圭介(김 용규)

trust-440224_1280.jpg

先日、回転寿司店に行った時、2つのまずい接客を受けました。

入店して、番号札を取って待っていました。
ただ、忘れられているようで、後から来た人がどんどん席に案内されていきます。
やっと食事を始めて、以前は1皿90円だったと思い、確認すると今も90円と言われました。
しかし、実際に会計をすると、まさかの100円。

で僕は、その時にどうしたかというと・・・
抜かされた時には、店員さんが忙しくテンパっていたので、10分くらい待って、「あの~この番号なんですが・・・」と柔らかく言いました。
金額を間違えられた時は「1皿90円って終わったんですかね?」と確認して、100円で間違いないと分かると、何も言わずに支払います。

抜かされた時は、店員さんが忙しくてもすぐに指摘すれば、早く食事にありつけたでしょう。
金額の間違いについては、言った人を呼んで、責任者に言えば安くなったかもしれません。

それをしなかった理由は、僕も同じようなミスを頻繁にしているから。
ミスする人の気持ちが分かるので、僕は仕事をしている人に対して、強く出ることはほぼありません。
自分がお客さんの時だけではなく、仕事中も同僚や取引先の人がミスをしても、まず怒りません。

経験上、僕みたいなダメリーマンって、非常に物腰が柔らかい。
逆に仕事がスゴいできる人も、優しい場合が多い。

クレーマーみたいな人は、仕事ができないわけじゃないんですが、変な自信というかこだわりを持っている人が、多いような気がします。
そんな人が、相手のミスに対して、理解や許容ができずに暴徒化します。
少しミスしたぐらいで、そこまで怒る?ってことや、そもそも自分のことは棚に上げて・・・ってこともあります。

クレーマーと対応すると、時間も取られれるし、関係部署に説明したりで、心身ともに消耗します。
こんな人が、組織内外にたまにいるから最悪。

IT化が進み仕事が効率的にでき、休日も増えているのに、精神を病む人が多いなど、厳しい労働環境になっています。
その原因の1つが、クレーマーの増加ではないでしょうか。

僕たち、ダメリーマンは仕事で迷惑をかけたり、思うようにいかずに凹むことが多いです。
その点は、本当に申し訳ありません。
しかし、その経験があるからこそ、優良顧客でもあります。

仕事の難しさ、辛さを身をもって体験しているが故に、労働者に対して、思いやりのある温かい対応をすることができます。
その優しさこそが、労働者を救っているに違いありません。
自信を持っていきましょう!
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 5

There are no comments yet.
-  

正直申し上げて、普段は腹を立てながら記事を読まさせていただくことも多いのですが、今回の記事はすばらしい内容だと思います。

2017/03/08 (Wed) 00:42 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> 正直申し上げて、普段は腹を立てながら記事を読まさせていただくことも多いのですが、今回の記事はすばらしい内容だと思います。

おー、どうもどうも。ありがとうございます。

2017/03/08 (Wed) 07:28 | EDIT | REPLY |   
rose  
上と下は近い

ちょっと話は違いますが‥かつての学習院で‥皇族を囲む「上」のグループと、全然関係ない「下」のグループは仲良くて、「中」はどっちとも仲悪かったそうです。
身分制社会のときも、上と下は怠惰で無能、中は勤勉で有能‥だから革命が起きちゃったんですが。今も勤勉で有能な皇族は、皇族らしくなくて辛いみたいですね。
ともあれ、「下」になって「上」とくっつくのも案外ありかもですね。

2017/03/08 (Wed) 09:42 | EDIT | REPLY |   
ななし  

ちょっとしたミスで鬼の首を取ったかのようにわめく方は
多かれ少なかれどこにでも生息しているようです。
このような方々は、弱者をいたぶらないとストレスが解消できないのでしょうかね。

わたしは他人のささいなミスなら笑って流しています。
それがごくごく普通の対応だと思いますし、
わめく方々は自分の品位を下げている気がします。そんな事は気にもとめないのでしょうが・・。

2017/03/08 (Wed) 17:56 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

rose 様

深いい。

ななし 様

現実的にはわめいたものが得をする。
それが嫌ですね。

2017/03/08 (Wed) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply