FC2ブログ

2億円ぐらいドブに捨ててやるよ

金村 圭介(김 용규)

TSURU17623022_TP_V.jpg

先日、橘玲さんの新刊『専業主婦は2億円損をする』が出版されました。



まだ読んでいませんが、橘玲公式BLOGに要約的なことが書いてありました。

経済学では労働市場から収益を得るちからを「人的資本」と呼び、「金融資本」と並ぶ富の源泉としていますが、専業主婦は20代後半、あるいは30代前半でこの人的資本を放棄してしまいます。大卒女性の平均的な生涯収入は2億円ですから、彼女たちは(そして妻に専業主婦を望む夫たちも)2億円をドブに捨てていることになります。それにもかかわらず、「お金がない」といって(当たるはずのない)宝くじ売り場に並ぶのでは、なにをやっているのかわかりません。


僕は専業主婦になるわけではありませんが、30代前半で人的資本を放棄する点では専業主婦と全く同じ。
文書にあるように2億円をドブに捨てることになります。

2億円と言われてもピンと来ないので、分かりやすい計算をしてみます。

僕は32歳でセミリタイアしますが、定年は60歳。
60歳-32歳=28年間働かないということになります。
日数にすると、28年✕365.25日=10227日
よって、1日当たりの損失額は、2億円÷10227日≒19,566円

セミリタイアしたら、毎日2万円弱ものお金をドブに捨て続けることになるのです。
大馬鹿者と言われても仕方ありません。

僕の場合は、能力、気力、体力的に続けたくてもちょっと無理そうなかんじ。
だからこんな計算自体が、不毛かもしれません。

ただ、30代前半で人的資本を捨て去るという、経済的にはあり得ないことをしています。
そんな大損覚悟で行うセミリタイア。

現時点では、2億円とか1日2万円とか捨ててやるよぐらいの気持ちです。
仕事から逃れられること、毎日ワクワクした生活を送ることは、僕にとってこれ以上の価値があるという絶対の自信があります。
しかし2年ぐらい経って、派遣やバイトで暇を埋めるような生活になってしまえば、本当に大金をドブに捨てただけになってしまいます。

僕は、捨てた2億円以上を、セミリタイアの楽しみで回収するという重大な任務&責任を負っています。
その点を忘れずに、気楽に遊びまくりたいですね。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 15

There are no comments yet.
ボンズ  

正社員のプレッシャーが無いだけ、セミリタイアの価値はあると思います。
心の平穏があるというだけでも。(>_<)

2017/12/15 (Fri) 21:38 | EDIT | REPLY |   
AS  

セミリタイアするという事は、それまでの自身の経済観念から方針転換するという事だと思います。
少なくとも「お金を稼ぐ」という行為が上位に来なくなる(必要最低限になる)という事ですから、ドブに捨てる=もったいない、という構図は当てはまらない。
沢山稼いでドンドン消費して、という一般的な生き方とは一線を画している点では少数派ですが、やりたくても出来ない人が大勢いる訳ですから、ある意味誇っていい生き方だと思っています。
2億円ドブに捨てている・・・だから何?そこそこ暮らせるお金があるなら自由時間のほうがよっぽど大事ですよね。

2017/12/15 (Fri) 22:12 | EDIT | REPLY |   
K  
まさにTime is money

30年間の自由時間を2億円で買ったということ。

2017/12/15 (Fri) 22:46 | EDIT | REPLY |   
774  

歳を取ったら、お金よりも時間のほうが大事になってきますよ
ホント、仕事なんかに奪われている時間がもったいない

2017/12/15 (Fri) 23:04 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

ボンズ 様

僕も2億円以上と思います。

AS 様

2億円、だから何?っていい言葉ですね。

K 様

おっしゃる通り。

774 様

そうです。嫌なことをして過ごしているほど暇じゃないんですよ。

2017/12/16 (Sat) 00:03 | EDIT | REPLY |   
ひろさん  

確かに、お金よりも、時間がとても大切。
40歳を過ぎると、時間お流れが早く、本当にそのように感じます。
価値のある順番では、健康>家族>仲間>仕事>お金ですかね。
もちろん、仕事をしている時間はとても長いので、仕事が楽しくできるよう、
努力すればいいのですが・・・。

退職を心に決めてから、実際に辞めるまでの過渡期の期間は、
仕事に対するモチベーションもあがらないなか、
嫌な仕事に取り組むこととなり、仕事に対する苦痛度が倍増すると思います。
それこそ、時間がもったいない感じがしますが?

2017/12/16 (Sat) 06:43 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

ひろさん 様

確かにもったいない・・・

2017/12/16 (Sat) 08:58 | EDIT | REPLY |   
シルバー  

労働時間、日数の計算が滅茶苦茶ですね。
わざと、ツッコミを入れてもらおうとしているのですかねえ。

別に1日24時間、1年365日間、ずっと働くわけではないですから。
土日と祝日、年次有給休暇を除けば、大体の年間労働日数は220日間。
1日8時間拘束として、1,760時間/年。

確かに1年あたり1,760時間、働かなくて済むのは魅力的かもしれないけど、労働することで1年の残りの3,520時間を充実させることができる側面がある。

労働日数220日/年×28年=6,160日
2億円÷6,160日=32,467円/日

なんだか計算結果がかなり違うけど、大丈夫?

2017/12/16 (Sat) 20:00 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

シルバー 様

大丈夫です。

2017/12/16 (Sat) 22:43 | EDIT | REPLY |   
招き猫の右手  

かといって死ぬ時に枕元に2億円あったところで何にもなりませんからね。
これが何なの?という感じです。
それどころか、この2億のために60歳70歳まで無理して働いたのか、、なんだったんだ、と後悔になる可能性も高いです、実際、あんなに働かなければ良かった、は死を直前に迎えた人の定番の後悔です。
そこそこの資産でさっさとセミリタイアするのは悪くない人生プランですよ。

2017/12/16 (Sat) 23:13 | EDIT | REPLY |   
シルバー  

偉そうに書いておきながら、計算違いしてましたね。
1年365日、8,760時間のうち、仕事での拘束時間を1,760時間とすると、それによって残りの7,000時間が充実するということ。
人によって拘束時間は増えるのだろうけど、上記の設定だとわずか2割しか働いていないことになる。
計算してみると、大したことないね。
確かに時間は有限で大事だけど、実際は時間には濃度とか密度というものがつきまとっていて、使い方次第で人によって価値が全然違う。
薄っぺらい人生にならないことを祈ります。

2017/12/17 (Sun) 03:03 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

招き猫の右手 様

もっと働けばよかったって人はあまりいなさそうですね。

シルバー 様

どうも。

2017/12/17 (Sun) 09:20 | EDIT | REPLY |   
KAZU  

ヤフーコメでも記事書いた人が叩かれていたが、この手の人の論理の頭の悪さは何かがトレードオフになっている、という観点が抜け落ちてること。
働く事は自分の時間を切り売りすることなのだから、お金は手に入るが、その分自分の自由時間が減るのだから、なにも徳はしていないし、逆に仕事量を減らせば、それだけ自由に使える時間は増える。
完全に仕事に拘束される時間とお金はトレードオフであり、どのくらいを望むかは本人がどの程度の収入を望み、どの程度の自由を望むがだけ。
専業主婦とフルタイムで働く主婦じゃあ好きなことに避ける時間は圧倒的に違うわけで、働かないから2億円の損とか本当に短絡的で頭が悪い。その分時間は有り余るから自分の好きなことをたっぷり出来るんですよ。

セミリタ思考の人は自分の自由時間を沢山確保して仕事の拘束は最低限、その分好きなことに時間を割くというだけでなにも損はしていない。もちろん徳をしてるわけでもなし

2017/12/17 (Sun) 12:51 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

KAZU 様

よー分からん。

2017/12/17 (Sun) 22:43 | EDIT | REPLY |   
ひで  

橘伶氏は前からだけど、人的資本を高く評価しすぎだね。人間は機械じゃないし、そんなにうまくいくとは限らない。

2018/10/15 (Mon) 17:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply