金融商品選択のポイントは思考よりも知識|Time is money キムのセミリタイア日記
FC2ブログ

Time is money キムのセミリタイア日記

「セミリタイアについて語りたいっ!!」と思ってブログやってます。







2018.03.05 19:59|カテゴリ:投資コメント(4)

金融商品選択のポイントは思考よりも知識


ELL75_yousyohondana20120620_TP_V.jpg

会社に生命保険の外交員が来て、同僚が説明を聞く。
その後自席に戻って、パンフレットを見ながら考えている姿をたまに見かけます。
大事なお金のこと、保険のことなので、よく検討しているのでしょう。

「自分の頭でよく考えましょう」
こんなことが言われて久しく、とても大事なことだとは思いますが・・・
こと金融商品に限っては当てはまらず、むしろ危険な姿勢だと思っています。

そもそも知識がない状態での思考なんて、意味がありません。
無から有を生み出すことができないように、正しい答えなど導けるわけない。

生命保険なら、関連書を2冊ぐらい読めば、保険の種類を理解でき、生命保険が損な賭けであり、極力加入しないことが正しいと分かるはずです。
選ぶのは、頭のいい人が共通して勧めている本でいいでしょう。

知識を身につけたら、その知識を元にマイルールの設定。

例えば、僕の生命保険のマイルールは以下の通り。

①生命保険には極力加入しない
②起こったら対処できないイベントのみ加入する(火災保険、個人賠償保険等)
③生命保険控除の枠が余っていれば、ほぼ貯金的な生命保険に加入する(明治安田生命の「じぶんの積立」等

こうやってマイルールを定めているので、高コストの生命保険など全く検討に値しないと自信を持って即座にスルーすることができます。

しかし、知識・マイルールがなく、自分の頭で一から考えようとすると、往々にして失敗する。
生命保険は入ったほうがいいように思えてくるし、毎月分配型の投資信託もお得に見えてきます。

金融商品は、我々の不安や思考の歪みを利用して極めて巧妙に作られているので、ちょっと考えた人が一番引っかりやすくなっています。
セールスマンや無知な周囲のアドバイスが、さらに助長する。

考えるのではなく、まずは知識の習得。
1に知識、2に知識、3・4がなくて、5にマイルール設定。

知識を習得して、マイルールさえしっかりと固めておけば、余計な思考をして時間やお金を浪費することもなくなります。
あとは変化に応じて、知識やマイルールをアップデートしておけば完璧です。
関連記事
残り5日やね
[ 2018/03/05 21:18 ] [ 編集 ]
コメント返信
松井 様

ですね。
[ 2018/03/05 23:05 ] [ 編集 ]
精神障害者手帳を申請されたらいかがですか?
コミュ障で仕事を辞めたことをしっかり医師に伝えたら交付されると思います。
どれだけの割引や無料のものがあるのか、もうご存知のことかも知れませんが。
[ 2018/03/07 11:20 ] [ 編集 ]
コメント返信
名無し 様
> 精神障害者手帳を申請されたらいかがですか?

そんなんじゃない。
[ 2018/03/07 23:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





Ads by google
プロフィール

金村 圭介(김 용규)

Author:金村 圭介(김 용규)

1985年生、横浜国大卒、元超ダメ公務員。
節約と資産運用に励み、2018年3月セミリタイア達成。
10年間住んだ福岡から札幌へ移住し、セミリタイアアドバイザーとして活動中。

(趣味)
巨人応援、オリックス応援、グランパス応援、筋トレ、ジョギング、裁判傍聴、資産運用、節約、料理、旅行、テレビ観賞

(メール)
kimyonggyu1985@gmail.com

(Skype)
kimyonggyu1985

(ブログランキング参加中)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

姉妹ブログ
最高にエキサイティングな裁判傍聴ワールドへようこそ!
本を出しました!
家計相談
個別の家計相談を行っています。 下記で詳細確認の上、メールでお申込みください。
ほしい物リスト
よければ下記から何か送ってください☆
運用方針
投資が感情的にならないように規則を定めて運用しています。
早期セミリタイア
Ads by google
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by google