FC2ブログ

確定申告完了 31年度住民税と国保を概算してみた

金村 圭介(김 용규)

calculator-2811703_1280.jpg

先日確定申告書類を作成して、管轄税務署に提出してきました。

昨年3月まで働いた分とその後の日雇いバイトで、給与収入は1,354,791円。
所得にすると、704,791円。

ブログ収入等から必要経費を引いた雑所得は、207,127円。

以上で所得が(計算ミスがなければ)確定したので、31年度の住民税と国保(国民健康保険)を計算してみました。

■住民税

住民税計算上の所得は、給与所得と雑所得の合計911,918円。

ここから、社会保険料控除約66万円、基礎控除33万円を引くと、課税される所得が0になります。
ただし、所得35万円を超えると、均等割5,000円だけはかかる。

よって、31年度の住民税は、均等割の5,000円のみ。
通常普通徴収(個人払い)の場合は、年4回で納めるのですが、6月に5,000円だけ払って終了。

30年度は、年間247,500円だったので、242,500円の減少です。

■国保

今は前職の任意継続保険に加入しています。
任意継続保険は、事業者負担分がないので、働いている時よりも保険料が2倍。
それでも札幌市が運営する国保よりも安いので、任意継続を選択しています。

しかし、31年度の国保は昨年の所得で計算されます。
一方任意継続では、加入限度の2年間は料金が変わりません。
一転、国保のほうが安くなります。

そのため、3月で任意継続を辞めて、国保に切り替えることにしました。
先日任意継続の意向確認書が来ていたので、継続しないにチェックして提出。
後日喪失証明書が送付されるので、区役所で国保加入手続きをします。

住民税は、払った社会保険料を考慮してくれるので、年5,000円だけになりました。
しかし、国保では関係なし。
純粋に所得しか見てくれません。
所得から、一律の控除33万円があるのみ。

こちらも、給与所得と雑所得の合計。
計算式に当てはめると、年間134,770円となりました。
これを6~3月の10回で納めるので、1回当たり13,477円(細かい数字は初回に上乗せされるのかな?)となります。

上記は、30年度の保険料率で計算しており、31年度分は未発表。
ただ大きく変わることはないはずなので、ざっくり13,000~4,000円の範囲には収まるでしょ。

30年度は、422,160円だったので、287,390円の減少です。

住民税と国保を合わせると、30年度に比べて、529,890円の負担減。

所得は少ないけど、資産はそれなりにある偽装弱者になって、各種負担を減らす。
しかし時間的余裕はあるので、図書館や裁判傍聴等で公共サービスの恩恵は最大限享受する。


あるべきセミリタイアの形に、近づいてきました!
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 8

There are no comments yet.
-  

1.所得税(国税)はかからないのですか?

2.ふるさと納税の寄付金控除は含められたのでしょうか?

2019/02/27 (Wed) 22:38 | EDIT | REPLY |   
-  
国保保険料 おじさんの計算結果はこうでした。



所 得 金 額 算 出 基 準 額
911,918 581,918

医療分 支援金分 介護分 小   計
所得割 52,547 17,166 18,621 88,334
均等割 17,210 5,680 6,670 29,560
世帯割 32,070 10,590 9,440 52,100

支払保険料(確定) 101,820 33,430 34,730
保険料 169,980

2019/02/28 (Thu) 00:36 | EDIT | REPLY |   
-  

↑ずれててみにくい
札幌市の場合、低所得者(弱者)向けの割引では
均等割りと世帯割が割引になるはずです
キムさんは偽装弱者とのことですが、
年収百万は例え資産4千万あったとしてもあなたの生活レベルからして十分弱者ですよ
相続すれば一気に富裕層になりますが

2019/02/28 (Thu) 07:59 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> 1.所得税(国税)はかからないのですか?
> 2.ふるさと納税の寄付金控除は含められたのでしょうか?

1について
こちらも社会保険料と基礎控除、さらに配当控除で全額引けてしまいます。
住民税と違い、均等割もないので、0円。
源泉徴収された分が全額戻ってきます。

2について
上記の通り、ふるさと納税の寄付金控除がなくても所得税は0円(全額還付)になります。
よって無駄なので、昨年はふるさと納税はしていません。

名無し 様
> 国保保険料 おじさんの計算結果はこうでした。

僕の所得で計算したってことですか?

40歳未満なので僕の場合は、介護分は必要ないかと思います。
あと僕は若干30年度分と数字が違っているような。

名無し 様
> キムさんは偽装弱者とのことですが、
> 年収百万は例え資産4千万あったとしてもあなたの生活レベルからして十分弱者ですよ

消費生活自体は純粋に弱者ですが、週1弱の労働でこの生活を送ることができる点に価値があると思っています。

2019/02/28 (Thu) 09:05 | EDIT | REPLY |   
-  

はじめまして。
いつもブログ楽しみに読ませてもらっています。
一点だけ、住民税の基礎控除は38万円ではなく33万円です。
所得割のみ非課税という結果は変わりませんが、ご確認ください。

2019/02/28 (Thu) 21:12 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> 一点だけ、住民税の基礎控除は38万円ではなく33万円です。
> 所得割のみ非課税という結果は変わりませんが、ご確認ください。

あ・・・
ご指摘ありがとうございます。
所得税のほうを書いてしまいました。
修正しました。

2019/02/28 (Thu) 21:42 | EDIT | REPLY |   
-  

キムさんはじめまして今晩は、自分もセミリタイア生活をしている者です。私も先日確定申告おわりました。

自分は日々の生活費を投信を売却しながら生計建ててますが、口座を一般口座にして
投信を売却した額と同額を確定拠出年金購入してます。(年816000円)
確定申告で816000円分小規模企業共済で控除することにより一般口座の投信を売却した分の税金は非課税になりますので、キムさんも節税対策されてはいかがでしょうか、収入によっては国保の増加分でチャラまたは損になる事もあるので注意が必要ですが、調べてみる価値はあると思います

2019/03/02 (Sat) 23:34 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> 確定申告で816000円分小規模企業共済で控除することにより一般口座の投信を売却した分の税金は非課税になりますので、キムさんも節税対策されてはいかがでしょうか、収入によっては国保の増加分でチャラまたは損になる事もあるので注意が必要ですが、調べてみる価値はあると思います

ありがとうございます。
調べてみます。

2019/03/03 (Sun) 07:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply