FC2ブログ

世の中は公平ではない

金村 圭介(김 용규)

さっき、報道ステーションを見ていたら、女子中学生のいじめの問題をやっていました。

その女子生徒は中学校1年生のときからいじめに遭い、適応障害を患いました。
授業には出られなくなりました。
しかし、不登校になるのではなく、別教室に登校し、問題集を解くなど1人で一生懸命解きました。
努力の甲斐あって、実力テストでは学年上位に入り偏差値は60超え。
中学ではいじめられたけど、希望の進学校に行けば変わるのではないかと、勉強を頑張りました。

でも授業に出ていないので内申点は3が中心。実技系の科目では1もありました。
高校受験では内申点の割合が大きいので、希望の進学校への絶望的になっています。

これを見て古舘伊知郎やコメンテーターは
「いじめられた生徒が不利になるのはおかしい。特例措置でも実力を評価してほしい」という意見でした。

僕はこれを聞いて違和感を感じました。
そんな綺麗な理論というのは、普通はありえません。

会社に入って、いじめられて会社に行けなくなれば、最終的には解雇になる場合が大半でしょう。
別室出社して、そこでできる仕事をさせてもらえるなんてところは少ないでしょう。
まして、別室での仕事が評価され、高い給与を貰えるなんてことはありません。

結局は周りとうまくやっていくという世渡り上手かどうかが極めて重要なわけです。
公平な評価というのはありません。
世の中は、不条理と常に付き合っていかなければなりません。

残念ですが、それは基本的に中学生でも同じでないといけないのかなと思います。

追記(10月20日) 皆さんから記事に違和感の意見をいただきました。自分で読み返してみても、「世の中は不条理だ」ということを主に伝えたかったのですが、「いじめられる奴にも原因がある」とも思われるような記事内容で、しょうもない記事になってしまいました。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 7

There are no comments yet.
吊られた男  

個人的には、内申点という制度に違和感。

仕事で成果を出すの同様に、学校の根本は学業であり勉強ができればよい。宿題を一度もやらなくても勉強の理解度が高ければ好成績で、宿題を全部やっても理解していなければ1でいい。

(推薦はちょっと別ですが)大学受験なんて内申点なんてありませんし、中学受験もまず試験で決まる。なんで高校では内申点なる不可思議な点数が出てくるのか…

仕事は仕事での成果、学校は学業での成果で判断すればいいのに。

2012/10/20 (Sat) 00:32 | EDIT | REPLY |   
トミカ  
中学生は子供

いつも楽しみにブログ拝見させてもらっています。

本件については私は違う意見です。
中学生は子供です。
大人社会でのいじめも最近は○○ハラスメントということでなんらかの処置が施される場合が増えていると思います。

この手の話題には、「いじめられる側にも問題あり」などの意見がつきまといますが、いじめは万国共通で、なんの理由もなく突発的に起こるものです。

私も小5の頃、突然町内の遊び仲間から無視されるといういじめにあったことがあります。ガキ大将の首謀者がそのように誘導したのです。
私にはなんの落ち度もありませんでしたので、わたしも逆無視してやりました。

然しながら、世の中の子供は私のように図太い子ばかりじゃありませんし、なんといっても教育的配慮からなんらかの措置が取られるのはいじめの被害者の権利でしょう。

最近は、先進諸国にはいじめ防止法があるところが多いですし。

大人のハラスメント問題も被害者が泣寝入りばかりでなく、最近は救済される措置がとられることも多いようです。
もっとも大人の場合裁判などの大変めんどうな手続きが必要かと思いますが。

内申点が機械的に下げられるののも学校側の手抜き処理のように思えて、私は古館氏は個人的に嫌いですが、この点に関しては古館氏の意見に賛同します。

世間はそんなに甘くないよ、どうせ不条理な大人社会に成長していくのだから、子供のうちから同じ苦汁を舐めなさいというのは、いじめ被害者の基本的人権をないがしろにした安易なやりかたで、いただけません。

2012/10/20 (Sat) 03:51 | EDIT | REPLY |   
たか  
私は

違和感を感じます。そういう処置、待遇がなされた場合、別室が特別な授業等の待遇を受けてるのではないかとの不信感が生徒の間で生まれるのではないでしょうか。社会に出たらそんな甘い考えは通用しないとのことを教えることも義務教育の中で必要です。イジメであれば学校を変えるなりの努力は必要かと

2012/10/20 (Sat) 17:45 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김영규)  
Re: 私は

吊られた男様、トミカ様、タカ様

皆さんの意見本当にごもっともです。
昨日の記事ですが、なんであんなくだらない文章を書いてしまったのか?って恥ずかしく思います。
でも、こうやってレスポンスがあって、我に変えることができてよかったです。

2012/10/20 (Sat) 23:01 | EDIT | REPLY |   
みずほ  
初めまして!

そんな事があったのですね。
元々、高校入試の内申書重視は、一度の試験で実力が充分に発揮できなくて、不合格になってしまう可哀想な子が出ないように、普段、真面目に勉強していれば合格するようにしてあげた優しさ?からの配慮で、そうなったと理解しています。
また、受験戦争が厳しかったので、プレッシャーの軽減が社会的に求められだしました。

当時は不登校ってあまり聞いた事なかったし、今、このようなケースの対応が必要になっている事がわかりました。

私は、キムさんの最初の違和感、おかしくないと思います。
いつどこででも不条理はあって、みんなみんな救われたらhappy!ですが、一人ずつの事情に制度や法や周りや他人などなど…がその都度、対応を変えたり合わせる事は不可能だし、そうすべきとも思いません。
あの人が可哀想なら私だってここが可哀想、ってことにみんながなっちゃいますよね。

そんな社会を知恵や学習や経験や人との交流などを通じて生き抜く力をつけるのが人生なのかな、と思います。

今回の中学生については、進路相談や指導がどうだったのかな。。。と残念です。。。コミュニケーションをどうとっていたのかな…。


ブログは書きたいことを自由に表現なさったらいいと思いますので、無理なく楽しんでくださいね!
お邪魔いたしました!

2012/11/24 (Sat) 13:13 | EDIT | REPLY |   
みずほ  
すみません、

肝心な事が。。。
不条理はともかく、この子は、頑張って登校して勉強もしているのに、登校と見なされないのですね。どうしてでしょう?

何度もお邪魔してしまいました。

2012/11/24 (Sat) 15:02 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김영규)  
コメント返信

みずほ 様
> いつどこででも不条理はあって、みんなみんな救われたらhappy!ですが、一人ずつの事情に制度や法や周りや他人などなど…がその都度、対応を変えたり合わせる事は不可能だし、そうすべきとも思いません。
> 不条理はともかく、この子は、頑張って登校して勉強もしているのに、登校と見なされないのですね。どうしてでしょう?

全体としてのルールは必要ですが、それぞれの事情に合わせて個別の評価も大事だと思っています。
それが学校での絶対評価の意義だと思います。
もちろん登校とは見なすべきだと思いますが、授業に出ていないというのは、他の生徒を同じように扱うべきではない(マイナスに評価されても仕方ない)と思います。

2012/11/24 (Sat) 22:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply