FC2ブログ

家計簿が超役立つ理由

金村 圭介(김 용규)

buj0142-001.jpg

僕は99.9%の人にとって、家計簿をつけることは超役立つと思っています。

家計簿と言うと、面倒くさいとかケチくさいとイメージする方もいるかもしれません。
節約には有効だけど、別にそこまで考えてないという方も多いでしょう。

しかしただ節約のためだけのツールではありません。
家計簿の自分の価値観と実際の支出を一致させることができる点は、めちゃくちゃ役立ちます。

よく「なんでこんなお金ないんだろう・・・」という、自虐的な発言を聞くことがあります。
半分冗談かもしれませんが、何にいくら使っているか、自分でもよく分かってない人は意外に多いのではないでしょうか?

支出の内訳を詳しく把握していなくても、月の収支が継続的にプラスになっているからいいという反論もあるかもしれません。
でもこういう人にこそ、家計簿は有効です。

支出内訳が分かっていない人が、2・3ヶ月間家計簿をつけたとしましょう。
当然何にいくら使っているかが、バチッと数字で出てきます。

その結果には、ほぼ間違いなく気づきがあるでしょう。
例えば、飲み会に月4万円も使うよりも、その分日々の食事に使ったほうがいい、何ヶ月分か貯めて旅行に行ったほうがいい、はたまた貯めておいたほうがいいとか。

支出内訳を把握していなければ、飲み会<日々の食事という価値観と、実際の支出行動がかなり乖離している可能性があります。
その実態を把握して、価値観と実際の支出行動を合わせてやる。
間違いなく生活の満足度は上がるはずです。

僕はzaimという家計簿アプリを使っていますが、買い物の合計額を入力して、食費や日用品等の支出項目を選択するだけ。
1日3分もかかりません。

99.9%の人にとって、使えるお金は有限。
その中で、より納得の支出に近づくための家計簿をいうツールを、使わない理由はないと思っています。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 4

There are no comments yet.
ななし  

私も家計簿で支出を見直し、お菓子は100g70円以下・フルグラは100g60円以下で購入するというルールで制限しています。
が、たまに手にしたとき、何日かに分けて楽しみたいのに、食べ尽くしてしまいます。
キムさんもフルグラをお菓子のように食べてしまうと以前コメントでおっしゃっていたので、もらった時だけ食べると入口を制限されているのかな?とお見受けしていました。
購入制限までは順調なので、消費を調節する方法はありませんか?
回数を減らすのではなく、完全に断つべきと、以前の記事でおっしゃっていましたが、特例を設けまくって逆に支出を増やしてしまいそうで踏み切れません。

2019/06/12 (Wed) 08:02 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

ななし 様

僕も全く同じ状況です。
あるとどうしてもボリボリいってしまい、どうしても改善できないので、ある状態をたまにしてバランスを取るしか無いという結論に至りました。
あって食べない状態を我慢するよりも、手に入れないことを我慢するほうが余程楽と感じます。

2019/06/12 (Wed) 13:01 | EDIT | REPLY |   
あゆみ  

私の場合、食費+雑貨代に月々かかる金額が一定であることがわかり、それ以上無理なく減らすことが
できないことがわかったので、家計簿をずっと昔にやめました。

現在は袋分けで、比較的うまくいっています。

家計簿を手書きでつけていたときに難しいと思っていた点は、スーパーで食料品と雑貨の合計のレシートが
出るため、それぞれの金額を電卓で計算しなければならない点でした。

スナック類にお金をかけすぎてしまう理由のひとつは、日本人には食のタブーがないので、
販売されている食べ物を人はなんでも買って食べてしまうことだと思います。

私の場合は、ジムに通うようになって、タンパク質の点数を計算するようになり、タンパク質が含まれていない間食は少なくなりました。

2019/06/12 (Wed) 14:00 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

あゆみ 様

色々考えて工夫されているんですね。
そこまで考えているなら、家計簿という方法にこだわる必要はないと思いました。

2019/06/12 (Wed) 23:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply