FC2ブログ

職場の人間関係でのストレスはほぼなかった

金村 圭介(김 용규)

children-1056064_1280.png

僕は職場の人間関係で、ストレスを抱えたことはほぼありません。

「仕事のストレスなんてほぼ人間関係だ」ぐらいに言う人がいる中、この点はかなり救いでした。
10年間何とか職場に居られたのも、人間関係で失敗しなかったからと言えるかもしれません。

当時それほど意識していませんでしたが、今振り返ってみると、思考法や言動が良かったように思います。

職場のメンバーや性格による違いもあり、参考にならないかもしれませんが、今日はこの話をしていきます。

なぜストレスを感じなかったか?
理由は、嫌いな人がいなかったからです。

一度自分の中で嫌い認定がされると、何をやっても上手くいきません。
些細なことでもイライラします。
相手も悪い感情を持ちがちなので、衝突も起こりやすくなります。
こんな場面が積み重なり、深刻なストレスになるのではないでしょうか。

確かに、ちょっとそれは・・・みたいな対応を受ける場面もありました。

ただ、相手が攻撃的になるのは、少なからず自分にも非がある場合がほとんどです。

だから、反抗することは決してせずに、とりあえず「すいません」と謝ります。
さすがに白旗を上げている人に対して、それ以上詰め寄ってはきません。

次の日挨拶をすれば、何事もなかったかのように返してくれました。
別の機会に話でもすると、普通に会話ができたりもします。
結果、「あれ?この人実は結構いい人なんちゃうか?」と思い直したりします。

こんなことの繰り返しで、キツい人、厳しい人、ちょっと変わった人でも、完全に嫌いになることはありませんでした。

すぐに人の悪口を言う人がいますが、あれはネガティブの増幅行為であり、安易に嫌い認定すると損。
聞いていて、「そこまで悪い人じゃないけどな」と思うことが多かったです。

すぐに嫌い認定をしなければ、意外といい面も見えて、無用な人間関係のストレスを避けられると経験則から思います。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 12

There are no comments yet.
あかさ  

ネットとは違う人格演じてるんですか?
結構ネットでは嫌われてた感じだったと思うけど

2019/07/13 (Sat) 20:02 | EDIT | REPLY |   
コミュ障  

どこの職場に行っても必ずと言って良いほど人格に
相当程度の異常を抱えた人間がいて自分に対して
敵意をむき出しにしてきます。
職場の中には逃げ道がないので、強烈なストレスになるのです。
正直仕事で大失敗をして組織に損害を与えたとしても人間関係さえ
問題なければ何も感じないと思います。
能力に欠陥がある人でも人間関係がしっかりしている職場であれば
いくらでもリカバリー可能です。逆に突出した能力があっても
上司とぶつかったりして潰れるケースも多いはずです。

2019/07/13 (Sat) 20:36 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

あかさ 様

自分が嫌われているかどうかじゃありません。
僕が嫌いな人がいないから、特に人間関係のストレスを感じなかっただけ。

コミュ障 様

本当に相手がおかしい人で10:0で相手が悪いことが何度もあれば、周りが助けてくれるでしょうね。
職場は完全実力主義で、地位や年齢などほぼ関係なく、能力があって正しいものが活躍できるようになっていると思います。

2019/07/13 (Sat) 22:09 | EDIT | REPLY |   
アクセル  

羨ましいですね。。。
ちょっとしたことでネチネチ言う女の後輩がいて本当に嫌です。
会議で配る書類の順番が違うと
わざとらしく「ちゃんと書類並べて欲しいよねー」と周りに言ったり。。。
でも怒ればセクハラになるしなあ。

2019/07/13 (Sat) 23:16 | EDIT | REPLY |   
あかさ  

言葉を変えて言うと卑屈になれって感じのアドバイスかな?
あんまり賛同したくはないけど

2019/07/13 (Sat) 23:24 | EDIT | REPLY |   
コミュ障  

あとアーリーリタイアは選択としては間違いです。
経済的には終わっていますし世間から犯罪者予備軍として
見られています。どんなに無能な人間でも死ぬまで
職場にしがみつく必要があります。辞めるのは
死ぬときです。

2019/07/13 (Sat) 23:38 | EDIT | REPLY |   
ヨシ  
どうしても一言

それはキムさんの真面目な人柄にところもありますが、地方公務員という一定レベルの試験をパスした人々の中で、出世してもしなくても、民間ほどには給与の差がつかない、ほぼ終身雇用が保証された世界だから、さほどストレス無く過ごせたのです。仮に全く同じメンバーがサービス残業当たり前、いつクビになるかわからない世界に放り込まれたら、大きく違う状況になったと思います。キム氏はきちんと試験を受けてその職を手に入れたのですから、そういう恵まれた待遇を享受したのは当然です。しかしご自分の経験を日本の多くの勤労者に一般化して考えるのはお控えください。今回の記事では、とくに言及されていませんが。

2019/07/14 (Sun) 00:29 | EDIT | REPLY |   
AS  

仕事中は嫌な人でも、仕事を離れた所(飲み会とか)で話をすると「あれ?この人そんなに悪い人じゃないな」と思う事も多かったです。苦手意識を持ってこちらが避けていると、やはり相手にも伝わりますからね。本当に人格が破綻しているなら、社会人として生活出来ていないと思うし。自分に非があれば素直に謝る、これ、ホント大事だと思います。

2019/07/14 (Sun) 06:07 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

アクセル 様

そんな人もいるんですね~。
実際に見てないので、何とも言えませんが。

あかさ 様

そうではありません。
また別途回答します。

コミュ障 様

もしかしたら見られているかもしれませんが、そんな空気は出してきませんよ。
でもまあそう思われるなら、頑張ってくださいとしか言えません。

ヨシ 様

状況も違うので、参考にならないかもしれないと言及してるじゃないですか。
それに、いつクビになるか分からない世界ってまずなくないですか?
解雇規制はかなり厳しいですから。

AS 様

そうですよね。
ちょっとした言動で全て判断して、人のこと嫌いになりすぎだと思うんですよね。

2019/07/14 (Sun) 07:42 | EDIT | REPLY |   
南北  

私は金村さんと同意見です。
私も職場においては、人間関係よりも仕事ができるかどうかの方がはるかに重要な問題であると考えております。
性格等人間性に問題のある人でも仕事が人並み以上にできる人であれば、職場に居場所はあって、職場の人からも一目置かれるようになるものです。
また、性格云々はともかく仕事のできる人は会社としても手放したくはなりません。
逆に、どんなに人格者であっても仕事のできない人は会社にとって存続を脅かしかねない穀潰しですから、正直、辞めてもらいたいくらいです。
たとえ、人格者であろうとも、いずれ「あいつはいい人なんだけど、仕事はとろくてミスばかりする。全く役に立たない穀潰しだ。」「給料泥棒。」などと陰口を叩かれるようになります。
仕事が人並み以上にできれば、人間関係は大した問題ではない。
これが私が約25年にわたって勤めてきた一労働者としての感想です。

2019/07/14 (Sun) 10:22 | EDIT | REPLY |   
-  

結局は、静粛化された日本の社会がよくないのよね。当たり障りの無いように過ごすのが大間違い。
仕事で疑問があれば、オレは仕事しに来てるんだ、わかんねーからちゃんと教えろよ。と言えばいい。また、男女の婚活でもそうだ。よく連絡先交換しても返って来ない時がある。
そういう場合、女にオメーも出会い求めて来てるんだろ?積極的にしろよと言えばいい。
陽気でない日本が悪い。

2019/07/14 (Sun) 15:29 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

南北 様

仕事ができれば人間関係は問題にならない。
仕事ができないと人間関係も悪くなっていく。
全ては仕事だと思います。

名無し 様
> 仕事で疑問があれば、オレは仕事しに来てるんだ、わかんねーからちゃんと教えろよ。と言えばいい。

それは絶対ヤバい。

2019/07/14 (Sun) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply