FC2ブログ

今年もサツドラの株主総会に行ってきた

金村 圭介(김 용규)

20190808_132451.jpg

昨年に引き続き、今年もサツドラの株主総会に行ってきました。

会場は札幌市内のホテルの大ホール。
事業報告→議案の決議→事業説明→懇親会の流れです。

サツドラは、北海道では知らない人はいないドラックストアで、そこら中で店舗を見かけます。
事業説明では、北海道の地域に貢献したいという点が強調されていました。

道外に店舗をどんどん広げていくよりも、道内での知名度と信頼を活かして、事業多角化に取り組んでいるよう。
例として、生鮮食料品店、フィットネスやプログラム教室の展開もしているとのことです。

また、IT化に向けて外注ではなく、内部で行うために人材獲得を積極的にやっていると説明していました。

人口減少が著しい北海道において、事業多角化とIT化で成長を模索しようとしている点が興味深かったです。

先日は、北海道電力の株主総会に行きましたが、こちらとは雰囲気が違っていました。
北電が、原発やブラックアウト問題で紛糾したのとは違い、サツドラは良くも悪くも牧歌的な雰囲気があります。

質問も10件ぐらいありましたが、厳しい質問はありません。
事業の内容確認、提案等の質問が10件弱あったのみで、穏やかな雰囲気。
もちろんヤジは一切ありません。

北海道の優しいおじいちゃん、おばあちゃんばかり。
地元企業応援、株主優待、株主総会出席目的の人が多そうです。

2時間弱で、事業説明終了した後は、お待ちかねの懇親会。
ホテル地下に移動して、ビュッフェをいただきます。

なかなか豪華で、多種類の料理が並びます。
寿司やスイーツは人気過ぎて取れませんでしたが、お腹いっぱい食べられて満足です。

20190808_121107.jpg

20190808_115100.jpg

20190808_115436.jpg

20190808_120049.jpg

最後はお土産まで貰って、帰ってきました。

20190808_132144.jpg

北海道ローカルで同族経営の企業ですが、旧態依然としているわけではなく、新事業やIT化など新しいことに積極的に取り組んでいる姿勢は感じられます。
また、株主総会での懇親会やお土産は廃止する企業が多い中、おもてなしの精神も見られます。

株を持ちたいかと言われればまた別問題ですが、道民として応援したい企業だなと素直に思いました。

企業トップの話も聞けて、ビュッフェも食べられて、いい日になりました。
来年も出席したいですね。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply