FC2ブログ

台湾野球観戦記(富邦ガーディアンズvs統一セブンイレブン・ライオンズ@新荘棒球場)

金村 圭介(김 용규)

先日の台北旅行で、台湾プロ野球を観戦してきました。
なかなか面白かったので、単独記事として発表したいと思います。

観戦したのは、9月4日台湾・新荘市の新荘棒球場で開催された富邦ガーディアンズvs統一セブンイレブン・ライオンズ。
台湾プロ野球は4チームありまして、富邦は2位、統一は4位の試合でした。

新荘棒球場は、台北地下鉄の新荘駅から徒歩15分程度。
他に体育館等がある公園にあります。

20190904_175146.jpg

まずはチケットの購入。
種類は、内野と外野の2択。
内野には全票と半票があって、全票は一般のチケット、半票は学生や老人等用みたいです。
お値段は、内野350台湾ドル(約1,200円)、外野200台湾ドル(約700円)と激安。

20190904_175202.jpg

インフィールド・ファーストサイド(内野1塁側)と言って、お金を渡すと問題なくチケットが購入できました。
詳細な席も指定できるんですかね?
僕は言葉が分からないので、そこまでは聞かれずに勝手に決めてくれたようです。

20190904_175357.jpg

チケットに、B3區9排13號と書いてありこれが指定席。
B3が区画、前から9列目の13番席という意味でした。

球場図があったので、座席近くの入り口からチケットを見せて入場。
日本の球場のような持ち物検査はなく、食品の持ち込みも自由っぽいです。
球場内に店もありますが、そんなに安くないので、持ち込んだほうがいいと思います。

20190904_175641.jpg

さて肝心の席は、めっちゃいい場所でした。
1塁側でもかなりバックネット裏に近い席で、プレーはめっちゃ見やすいです。

20190904_183541_20190906223610b4e.jpg

20190904_183546.jpg

写真から分かる通りガラガラ状態。
平日で天気が微妙と言うこともあったのでしょうか?
後で調べたら観客は3,000人でした。

特に外野席。
ビジターチームの応援団はレフトスタンドに固まっており、内野席は1塁側を中心に全体でホームチームを応援します。
どこにも属さないライトスタンドはほとんど客がおらず、冗談抜きで20人ぐらいしかいませんでした。

観客は少ないのですが、試合は盛り上がっています。
台湾プロ野球はエンタメ要素が強く、打球音を楽しむという感覚は一切ありません。
ホームチームがヒット1本打っただけで、シュワと煙が上がります。
内野席では大音量が流れて、ホームチームが攻撃の時は美女応援団がダンスで盛り上げます。



めっちゃ可愛いです。
正直試合どころではありません。

そしてイニング間では、美女応援団が一箇所に集まって踊ります。
日本同様カメラ小僧が群がって撮影していますが、惜しげもなく笑顔を振りまいてくれます。



可愛ぇ~~~。

さて試合は、両外国人投手が好投して投手戦に。
富邦ガーディアンズが1-0で勝利しました。

レベルとしては、1試合見ただけですが、日本に比べて劣るな感じました。
外国人投手が150kmの速球と変化球を交えられると、外野まで飛ぶ打球も少なく、内野ゴロと三振で凡打の山。
守備は器用さはあるものの、ショートの深い所に打球が飛ぶと内野安打になったり、まだまだかなと。

ただレベルと面白さはまた別。
エンタメ要素が強く、会場も盛り上がっており、美女応援のダンスを間近で見られて、面白かったですね。
日本のプロ野球とはまた違った雰囲気なのもいいです。

値段もいい席でも1,200円程度と激安なので、台湾旅行の際には立ち寄ってみるのもいいと思います。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 2

There are no comments yet.
アクセル  

台湾旅行満喫されたようで何よりです。
私も再来週に台北行く予定で、桃園で野球観戦しようかと思ってます。
ただ、時間が空港いく直前しか空いてないんですよね、
スーツケース引いてたら邪魔ですかね?空いてるならいけます?

2019/09/08 (Sun) 22:27 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

アクセル 様

僕が行ったときならガラガラだったので、スーツケース引いて、観戦中は横に置いても問題なかったと思います。
桃園球場のラミゴは人気があると聞いているので、休日だと人も多いかもしれませんが。
たぶん大丈夫じゃないかなという印象です。

2019/09/09 (Mon) 07:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply