FC2ブログ

国民年金を納付するか?免除するか?考えてみた

金村 圭介(김 용규)

photo0000-6021.jpg

セミリタイア後、厚生年金から国民年金に切り替わりました。
初回は社会保険料控除にも使えるので、2年前納で納付済。
来年になると、再び納付の必要が出てきます。

国民年金は、納付する以外に、僕みたいな低所得だと免除という方法もあります。
扶養親族がいなくても、前年所得57万円以下なら全額免除対象なので余裕です。

以前コメントで「免除したほうがいいのでは?」と質問を受けて、「長生きリスクに備えるため納付予定」とさらりと回答しました。
ただ納付時期も少しずつ迫ってきたので、納付するか?免除するか?数字で考えてみることにしました。

計算方法として、納付すると1年当たりいくらの負担になるのか?、それに対して免除に比べていくら年金が増えるか?を算出。
何年で元が取れるのか?が分かります。
この年数が納付するに値するか否かを考えていきます。

(納付の場合)

一番割引率のいい2年前納口座振替、付加年金にも加入で、388,860円。
1年当たりだと、194,430円。

国民年金支給の満額は、年780,100円。
付加年金満額は、年96,000円。
合計すると、年876,100円。
納付期間が40年なので、876,100円÷40年≒21,902円

194,430円払うと、21,902円に相当します。

(免除の場合)

僕の所得だと全額免除が可能なので、負担は0。
免除しても半額は支給されます。

前述の国民年金満額年780,100円と納付期間40年を使います。
780,100円÷40年÷2≒9,751円

1年免除すると、負担0で、9,751円になります。

(納付と免除の比較)

納付と免除で、1年の支給額の差は、21,902円-9,751円=12,151円

まとめると、納付すると1年194,430円の負担ですが、免除に比べて1年で12,151円年金が増えます。

194,430円÷12,151円≒16.001なので、
16年で元が取れることになります。

ただ付加年金に関しては、落とし穴があります。
国民年金は物価連動機能がありますが、付加年金にはありません。
なので、16年で元が取れるは言い過ぎかもしれません。

同じ計算方法で、付加年金なしで同じように計算してみました。
2年前納口座振替379,640円を使うと、19.5年で元が取れる計算になりました。

16年と19.5年。
65歳支給開始なので、81歳~84.5歳に均衡点があると思います。
男性の平均寿命は約81歳なので不利ですね。

この数字をどう捉えるか?
考え方は別れるでしょうが、僕は納付しようと思っています。

年金に関しては、当然改悪が予想されます。
しかし、『人生100年時代の年金戦略』(田村 正之 著)の読書感想文でも書いた通り、年金の実質額は所得代替率の低下ほど減りません。
所得代替率という相対的な地位が下がりますが、物価変動も考慮した実質額は意外としぶとい印象です。

支給の繰り下げも予想されますが、年金寿命が伸びればそれも相殺されます。

僕みたいに所得控除が適用できない場合、期待値的には若干損。
ただし生きている限り、物価連動で支給され続ける。

まさに長生きリスクに備える終身保険ですね。

物価連動終身保険は他では実現困難ですし、納付前提でセミリタイア計画を作っており支払う余裕はあります。

当初の考えどおり、長生きリスクに手厚く備えるために納付する結論に至りました。

ちなみに一番割引率のいい口座振替を紹介しましたが、僕はクレジットカードで納付予定です。
納付額は増えますが、ポイントまで考えると、クレジットカードがお得でした。
手続き締め切りを忘れないようにします。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 10

There are no comments yet.
-  

年金は掛けたほうがいいと思います
早死にしたらとか その時になって貰える確証がないとか言う人いますが
掛けてなかったらずっと「掛けてない」不安が消えません
計算表見ましたけど難なく出費出来ますね

2019/09/16 (Mon) 21:03 | EDIT | REPLY |   
-  

年金は65歳ではもらえないでしょう。
70歳、下手すれば75歳開始とかになりませんか。
そうすれば損益分岐点はもっと上になりますね。
また、長生きした場合は遺産があるので問題ないのではないでしょうか

2019/09/16 (Mon) 21:57 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> 早死にしたらとか その時になって貰える確証がないとか言う人いますが
> 掛けてなかったらずっと「掛けてない」不安が消えません

年金を払わない場合は、その分自分年金を作っておく必要がありますが、早死したら無駄になるのは一緒ですもんね。
いつ死ぬか分からないから全部使っておけという考え方は全く賛同できませんし。

名無し 様
> 年金は65歳ではもらえないでしょう。
> 70歳、下手すれば75歳開始とかになりませんか。
> そうすれば損益分岐点はもっと上になりますね。
> また、長生きした場合は遺産があるので問題ないのではないでしょうか

その辺の考えはQ&Aで述べたいと思います。

2019/09/16 (Mon) 23:14 | EDIT | REPLY |   
-  

納付との結論のようなので関係ないかと思いますが、申請免除の場合、年金支給額には反映されません。
また、(一部)免除の場合、付加保険料は納付できません。
ご参加まで。

2019/09/17 (Tue) 01:57 | EDIT | REPLY |   
-  

私も年金はかけた方がいいと思いますが、実質賃金がプラスで推移する年金の財政検証は非常に危険だと思います。日本の過去の実質賃金の推移を見ると実質賃金のマイナスもありえます。

2019/09/17 (Tue) 06:46 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> 申請免除の場合、年金支給額には反映されません。

どういう意味ですか?

名無し 様
> 私も年金はかけた方がいいと思いますが、実質賃金がプラスで推移する年金の財政検証は非常に危険だと思います。

そうですね。
ただ一番信用できるのは財政検証だと思っているので、そこを参考にその時々で適切な判断をしていきたいと思います。

2019/09/17 (Tue) 08:39 | EDIT | REPLY |   
-  

資金的に払える状態なんだからあれこれ損得計算なんかしないで精神安定剤と思ってとっとと払ったがいいよ
年寄りの年金格差の実態見たら酷いもんです
年金高い老人ほど金も貯めているのが現実 海外旅行したら老人夫婦が多すぎ!
衣食住すべてをチマチマ計算ばかりして死んでいくのでは惨めだよ

2019/09/17 (Tue) 10:59 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> 資金的に払える状態なんだからあれこれ損得計算なんかしないで精神安定剤と思ってとっとと払ったがいいよ

精神安定も含めた損得も考えますが、株・債券・不動産に加えて、物価連動型終身保険はなかなかいいポートフォリオだなと思います。

2019/09/17 (Tue) 14:23 | EDIT | REPLY |   
匿名  

これまでの保険料納付額(累計額)を資産に計上できると思いませんか、してる人いないみたいですが。

2019/09/17 (Tue) 16:21 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

匿名 様

確かに同じ年で年金300万円払ってきた人と、100万円の人だとかなり違いますね。

2019/09/17 (Tue) 22:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply