FC2ブログ

早期リタイアは不可能じゃない

金村 圭介(김 용규)

楽天証券のホームページに早期リタイアのレポートが載っていたので、ご紹介したいと思います。
山崎俊輔「夢のアーリーリタイアメントのための運用計画」

筆者によってアーリーリタイアメントの計画について書かれています。
詳細はレポートをご覧いただきたのですが、僕なりに要約すると、

・55歳でアーリーリタイアし平均的な生活をするためには、50代前半で1億円の目標設定を!
・平均的な所得の人が所得の25%貯蓄し、5%で運用しても達成は難しく、苦しい。
・実現は困難でも、その努力は「豊かな老後」に結びつくのでチャレンジの価値はある。

とのことです。

アーリーリタイアメントの運用計画と言っているのに、「達成は難しいけど・・・」と言っているところが非常に残念です。

セミリタイアを目指すものとして、このレポートは下記の2点で疑問を覚えます。

①年収の25%貯金を苦しいものとしている

現役時代に25%貯めることは苦労を伴います。本多静六氏は25%貯めるのが何よりも優先で、おかずが買えなければごま塩を振ってご飯だけでガマンしろ、とまで述べています。ごま塩ご飯はともかくとして、苦しい努力がアーリーリタイアメントのカギになることは間違いありません。

とまで書かれています。
しかし、人にもよるでしょうがそんなことはないと思います。
僕は今年の見込みは、手取り年収350万円支出120万円なので65%を貯めています。
これで海外旅行にも行ったし、引っ越しもしてぼちぼち楽しんでいます。
まして、苦しい努力とまでは思ったことはありません

②アーリーリタイア後の支出を年600万円としている
絶対高すぎです
そんなに要りません。
夫婦でも300万円あれば十分です。
支出額を減らすとつらくなるという固定概念は捨てて、ローコストで生活する工夫をしたらどうでしょうか?

僕はアーリーリタイアメントするための条件は、
①嫌でも何とか通勤できる職場で収入を確保する
②ローコストでも楽しんで生活できるノウハウを身につける
③適度なリスクで投資をしてリターンを目指す

と考えています。
簡単ではありませんが、年収が普通でも、そんなに我慢しなくても達成可能だと思います。

リタイアではなく、セミリタイアですが、僕の計画もご覧ください。
40歳でセミリタイアです。
早期セミリタイア計画(運用3%)
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 3

There are no comments yet.
kim99  

アーリーリタイアというと、起業して会社を上場して、その会社の株売って 100億位の資産をもってる人のイメージでしたが、、、そこまでいかなくても数億円の資産をもった人がするイメージでしたが、、、

記事はよんでませんが、アーリーリタイアメントを公的意識がある組織がすすめることはないと思います。労働力が減るわけですし、納税もへるのは、(税金がほしい行政としてはすすめられない。)金融機関とかファイナンシャルプランナー的には、お金を多く動かすことで、その手数料がほしいわけですから、金額を多めに盛る。経済変化に対応するために ほそぼそでもいいから収入を確保してセミリタイアをすすめるへんが落としどころだと思います。

その程度の読みでも、いくつかの疑問が生じます。

1つ目は リタイアしてなにするの? 
収入を得るために働くのではなく、収入が得られなくてもやりたいことがあるのか? 起業までしなくてもフリーランスで働いてる人もセミリタイヤ状態なのかもしれない。ボランティアや、スポンサーさがして、冒険してる人やスポーツしている人も、、、

2つ目は、経済ってなに?
今年金をもらっている人は、払ったよりも沢山もらえてる人で、かれらの年齢からすると、かろうじて戦前にうまれたか、戦争中にうまれた世代で、今のような経済システムがなかったころを知ってるので、
金がなくてもなんとかなると腹をくくれる。

若い人は、生まれたときから、経済システム前提で暮らしている。日本の貿易収支が赤字だという報道がある。日本の国民がもってる海外の資産からの配当を加えると黒字になる。その資産ってどれくらいあって、それからあがる配当を日本国民全体に配分できないのはなぜ? それが高度成長した国なんじゃないの? なのに行政は国債をすって赤字な財政ってなんで? まるで中小企業が節税対策で赤字決算してるような、、、黒字決算が実質義務付けられた上場企業な意識を国家はなんでもてないの? 世界の中の日本国家が赤字財政でプライドに傷がつかないのはなぜ?

高度成長した後の日本の地球上でのポジションが、日本国内の経済成長から配当を得る状態から、その資産や、経済システムを活用して、世界の経済成長から配当を得る状態に変化した感じはする。それが
>③適度なリスクで投資をしてリターンを目指す
なのか? 

2012/11/17 (Sat) 08:25 | EDIT | REPLY |   
まちゃら  

>①年収の25%貯金を苦しいものとしている

わたしは、だいた50%を貯金してます。
残業代が多いときは、その分は手を付けず投資に回すので実質はもうすこし上のはずです。


>②アーリーリタイア後の支出を年600万円としている

退職後は、年180万円以下で生活できるよう考えてます。
移住+安い家賃の所をさがして固定費も減らせれば、さらによし。


2012/11/18 (Sun) 11:02 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김영규)  
コメント返信

kim99 様

いつも通り深い洞察のコメントありがとうございます。
しっかり読ませてもらってます。

まちゃら 様
> わたしは、だいた50%を貯金してます。
> 退職後は、年180万円以下で生活できるよう考えてます。

早期リタイアを本気で目指そうとするなら、そんなかんじですよね。
いかにローコスト生活を楽しむことができるか?これが重要だと思います。

2012/11/18 (Sun) 22:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply