FC2ブログ

“全国住み放題”の定額制シェアサービス「ADDress」の現状を調べてみた

金村 圭介(김 용규)

watercolor-painted-house-4707956_1280.png

一昨年12月のブログで、「“全国住み放題”の定額制シェアサービス「ADDress」に大いなる期待を感じる」という記事を書きました。

4月から、光熱費込・月額4万円(税別)で、全ての拠点に住み放題のサービスが始める旨のサービスが始まるとのこと。
約3年毎の移住生活を予定していますが、面白そうだという記事を書きました。

先日テレビを見ていると、このサービスを利用している人が登場していました。
アドレスホッパーと言うらしく、充実した生活を送ってるとのこと。

ADDressのホームページを中心に、その他紹介記事も含めて、現状を調べてみました。

(紹介記事)

最近流行りの定額制住み放題サービス「ADDress(アドレス)」を徹底解説してみた
多拠点居住プラットフォーム「ADDress」正式ローンチ、MaaSとの定額組み合わせサービス提供も
【持たない幸福 レス時代の暮らし】(上)身軽に移動 広がる活動 アドレスホッパーとは

予定通りサービスが始まり、定額4万円で住み放題ができ、実際に利用している人もいるみたいです。

朗報は、首都圏の5拠点だったのが、20拠点程度増えて、順次拡大予定。
当初は、地理的にビミョーな所でしたが、都内の物件も用意されました。
首都圏だけではなく、全国に広がって都市部の札幌もあります。
鎌倉や別府みたいな、面白そうな拠点も加わっていました。

また、個室滞在契約とは別に、料金内でドミトリーベッドの契約もできて、住民票を置くことも可能。
ドミトリーベッドを“ホーム”として確保し住民票も置きつつ、さまざまな地方の拠点を転々とするユーザーも増えてきているとのことです。

1年以内で、拠点が20個増えて全国にまで広がった。
家を見てもなかなか良さげな所で、充分に快適な暮らしが出来そうです。

ただ残念なのは、「同じ個室の連続予約は、最長7日間まで」という点で、ここが最大のネックかなと。
「空いていれば、予約を足していくことができる」そうですが、いつ追い出されるか分かりません。

そもそも移住生活で7日間はちょっと短すぎる。

僕の移住生活の醍醐味は、いいこと悪いことひっくるめの経験。

一定期間以上住んで、そこでフツーに生活する。
四季を感じ、買い物に行き、地元食材を買い、住宅街を歩き、ソウルフードを食べ、ローカル番組を見て、地元の人たちと話し、ゴミを捨てみたいな日常。
その中でジワッと、街のメリット・デメリットを感じていく。
そこに旅行とは違う楽しみを見出しています。

やっぱり3ヶ月から半年ぐらいは、同じ拠点に住みたいかなと思います。

交通費、落ち着き具合から言っても、最低でも1ヶ月は保証してくれればってとこですね。

7日という縛りのため、現時点で利用することはありませんが。
非常に興味深いサービスではあります。

競合他社ももっと出てきて、内容も多様化。
連続3ヶ月OK、全国政令指定都市に拠点となってくれば、真剣に検討したい。

1年以内で拠点が充実したことを加味すると、今後5年、10年で全然あり得る話かなと。
定期的にチェックしていきたいと思います。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 7

There are no comments yet.
ちゃきちゃき恭子  

日曜の某番組で取り上げられてましたね
まだまだ発展途上のシステムの印象、特に7日縛りはネックの側面が大きい
もっとシステムを煮詰めてほしい印象でした

2020/01/13 (Mon) 20:04 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

ちゃきちゃき恭子 様

面白いサービスであることは間違いないので、今後のサービス改善に期待です。

2020/01/13 (Mon) 22:30 | EDIT | REPLY |   
-  

なんか、レイアウト変更したか?メチャ分かりずらい。

2020/01/13 (Mon) 22:47 | EDIT | REPLY |   
X  

なんだか根拠となる法令が曖昧なビジネスですね。
旅館業法を免れるとも言えず、民泊特区でやっている訳でもない。
合法なら民泊新法で運営しているのかなあ。
その割に各施設の年間180日上限には触れられてませんね。

2020/01/14 (Tue) 05:52 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> なんか、レイアウト変更したか?メチャ分かりずらい。

結構前に変えましたよ。

X 様

根拠法令!?
その発想はありませんでした。

2020/01/14 (Tue) 08:04 | EDIT | REPLY |   
元ブラック店長  

ADDressは定住を考えている人には使いづらいですね。
家族連れやペット同伴の長期旅行のホテル代わりには使えそうですが。

同じ頃に話題になったOYOやシェアハウスも利用しやすくなってきています。
(東京・横浜・名古屋・大阪がメインですが)
コスト的には、月5万~+食費+携帯代で最低限の生活はできます。

これからは、一ヵ所に定住し生活・仕事をするのは非効率な時代なのかもしれません。

2020/01/14 (Tue) 10:04 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

元ブラック店長 様

居住や移動に関しては、さらなる面白い生活になってきそうです。

2020/01/14 (Tue) 22:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply