FC2ブログ

10年に一度の暴落直後でもセミリタイアしたか?

金村 圭介(김 용규)

planning-4897792_1280.jpg

セミリタイアブログを定期巡回しているのですが、tanner様のブログ「Synergetic LifeStyle Blog」の中に、以下の興味深い記事がありました。

果たして10年の一度の暴落直後でもアーリーリタイアしたか?

「今年のように暴落があった年(資産が大きく目減りした年)でも果たしてアーリーリタイアしただろうか?」との疑問に対して。

(起きなかったことは)判りません!!(笑)
ただし、『仮に暴落の時点でリタイアしたとしても、後悔はしなかっただろう』と書かれています。

面白い視点だったので、僕も同じ疑問について考えてみました。

結論は、時系列的にセミリタイアすることになっていました

上司に退職を伝えたのが前年10月、手続きを開始したのが1月。
この時点ではコロナ問題が出始めで、まだ株価暴落前ですから、決定に影響を与えるほどじゃありません。
いよいよヤバくなってきて、株価暴落が始まった2月中旬では、もう退職届も提出済みです。
頼み込んで撤回することも出来たかもしれませんが、さすがにそれはしてないでしょう。

これで終わってはあまりに面白くないので、仮に退職を伝える前の8・9月頃にコロナ問題発生&株価暴落したらどうだったか?を考えます。

この場合の結論は、予定通りセミリタイアしただろうとなります。

僕の計画は、セミリタイア期間はリスク資産を完全放置して、無リスク資産切り崩しとその他収入で凌ぐというもの。

株の換金は20~30年後なので、リスク資産が暴落しても、当面のセミリタイア計画に影響はありません。
不況でバイト等に影響はあるかもしれませんが、数年後には復活すると考えれば計画を根底から覆される程ではない。

よって、多少の不安はあれど、セミリタイアを強行したことでしょう。

以上の思考より、株価を前提にしたセミリタイア計画は立てないほうが無難だとお伝えしたいと思います。

そもそも今回の時系列では、退職1ヶ月半前に株価暴落でした。
普通は数ヶ月前には退職を伝えるでしょうから、後悔しても後の祭り。
セミリタイア達成というはれのひに、どんよりとした気分では台無しになってしまいます。

また、手続き前の暴落で当初計画を遅らせることになった場合、相当な不快感・絶望感だろうと容易に想像できます。
フルマラソンで40km走ってきて、あと2kmちょいでゴールの時に、「10km追加ね」と言われるようなものです。
ムリムリムリムリムリムリムリって感じですね。

特に、僕みたいに仕事が死ぬほど嫌な人は、株価が直前に暴落したとしてもセミリタイアする計画を立てることを強くオススメしておきます。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 7

There are no comments yet.
まもなく失業者  

株の運用に頼らないリタイアなら暴落してようが影響ないですね。
せっかく自由になるのにどこも旅行に行けないのが残念ですけど。

2020/04/18 (Sat) 21:06 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

まもなく失業者 様

失業おめでとうございます。
早く旅行に行けるといいですね。

2020/04/18 (Sat) 22:37 | EDIT | REPLY |   
K  

キムさんの本当の武器は金ではない。
①超人的な節約力(お金の支出に対するディシプリン)
②国立大学や公務員に現役で合格できるレベルのインテリジェンス及び計画性と実行力
③鍛え上げられた肉体

この3つがあるので株価が仮に半分になっていようがセミリタイアには全く問題なかった。仮に貯蓄が0になろうが上記3つを駆使してまたひと財産作り上げてくるはず。

2020/04/19 (Sun) 00:46 | EDIT | REPLY |   
K  

ようは何が言いたいかっちゅうとセミリタイア に必要なのは金ではなく景気や時代に左右されない自分印の武器なのだ。

2020/04/19 (Sun) 00:50 | EDIT | REPLY |   
かず  
質問

キムさんは、株で資産運用しており、それらは全て円での運用になります。これから先、円の価値がどんどん下がっていく事を考えると、ドルで運用が良いのではと思いましたが、どうですか?
あと、できたら前の質問の答えも教えて下さい。Q &Aに入ってなかったので。いつでもいいですが。

2020/04/19 (Sun) 07:15 | EDIT | REPLY |   
tanner  
時系列

引用ありがとうございます!
>株価が直前に暴落したとしてもセミリタイアする計画を立てることを強くオススメしておきます。
↑ま、ここですよね。。。リーマンショック以降、10年以上まともな暴落は無かったですから、今回のコロナショックは現在資産形成している人にとても有効な指標になると思います。つまりインデックス投資なら最初から「リスク資産」の暴落率を30%位を見込んでおけば、暴落年でもリタイアに踏み切れます。その分、リタイア計画は延びちゃいますが。。。
ちなみに自分も金村さんのように改めて時系列で考えてみましたが、年末退職だったので辞表提出は確か10月位、仕事は辞める決意でしたが、幸い続けることはさほど苦じゃなかったので、今回のタイミングの暴落ならリタイアは1年くらい伸ばしちゃったかもしれませんね(笑)。

2020/04/19 (Sun) 07:41 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

K 様

お褒めの言葉ありがとうございます。
平時に何時でも対応できる力をつけておくことの重要性を感じました。
今できることをやっていきたいと思います。

かず 様

失礼いたしました。
2つまとめてQ&Aで。

tanner 様

リタイアを遅らせても心情的に耐えられるのか?
この辺まで考慮に入れて、ベストな計画を作ることが大事だと言えそうですね。
ブログ記事、使わせていただきありがとうございました。
また拝見します。

2020/04/19 (Sun) 09:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply