FC2ブログ

資産運用の出口戦略を調べてみた

金村 圭介(김 용규)

exit-335818_1280.jpg

先日のブログ記事「お金の自己責任論が弱いから、貯金が重要でない気がしてきた」で、老後の必要資産について言及しました。
しかし老後と言っても、リスク資産をいつ・いくら・どうやって売却していくのか?いわゆる出口戦略について、あまり考えてきませんでした。

難しい問題なのですぐに結論は出せませんが、前提となる方法論を調べてみました。

以前より、直前で暴落する可能性もあるので、一括売却はしないほうがいいと何となく考えてきました。
そこで複数回に分けて売却することになるのですが、東証マネ部のサイトで分かりやすくまとめられていました。

資産形成の出口戦略(売却方法)を検討する

記事によると、時間分散して売却する方法には、以下①口数 ②定額 ③定率の3つがあるとのこと。

①口数売却は、定期的に同じ口数を売却。
期間は確定できますが、1回の売却額は上下します。

②定額売却は、定期的に一定額を売却。
期間は伸び縮みしますが、1回の売却額は一定です。

③定率売却は、定期的に残高に一定割合を掛けた額を売却。
期間は売却額が減少していき無期限、1回の売却額は減少傾向で、市場環境によっても変動。

どれも一長一短ありますね。

ただ②定額売却は、優先順位が低いかなと考えています。

確かに、金額が同じなので当初の資金計画は立てやすそうですが、①③に比べて株価が安い時に多く、高い時に少なく売ることになり、資産運用のセオリーから外れるのではないか?と率直に思いました。

まだ軽く調べただけなので、計画を立てるのは時期尚早です。
引き続き情報や意見を集めます。

何十年も先の老後のことなんか考えても仕方ないと意見もありますが。
ザックリとでも計画があることで、過度な楽観論、悲観論に陥ることなく、賢明なお金の使い方ができるので有効と考えています。

老後どれぐらいの資金を残すのかも含めて、今年中には出口戦略の暫定計画を立てたいと思います。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 2

There are no comments yet.
おはヨウ素  

キムさんは楽天unlimitは申し込みました?

2020/04/26 (Sun) 15:33 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

おはヨウ素 様

申し込んでないですね。

2020/04/26 (Sun) 23:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply