FC2ブログ

仙台視察&山形旅行記(3・4日目 山形観光編)

金村 圭介(김 용규)

本日は、旅行記第2回の山形観光編をお伝えします。

■3日目

仙台視察がメインの旅行ですが、今日・明日と1泊2日で山形観光に行きます。
西日本中心で暮らしてきたので、知りませんでしたが、仙台市と山形市は意外と近い。
伴に山間部があるので、隣接しておりバスで1時間。
片道950円で、本数もかなり出ています。

山形駅に降り立つと、結構立派で意外と発展しています。

20200928_100622.jpg

無料レンタサイクルを調達して、市内観光に繰り出します。
始めは、霞城(かじょう)公園へ。
お城が復元されています。

20200928_110427.jpg

20200928_110026.jpg

敷地内には、山形郷土館も。
元は病院だった洋風建築で、山形近代化の歴史を学ぶことができます。

20200928_111220.jpg

昼食は、山形牛の焼き肉。
絶妙な脂の甘味が口の中でとろけて、最高に美味しい。

20200928_120544.jpg

20200928_120634.jpg

続いて、文翔館へ。
こちらは元の県庁で、ここでも山形近代化の歴史を知ることができます。

20200928_124519.jpg

20200928_124911.jpg

そして、七日町御殿堰、もみじ公園、馬見ヶ崎川を散策。
山形は、歴史、趣、文化を感じる街並みで、程よく都会でいい感じですね。
4月に行った長野・松本市に近い雰囲気でした。

20200928_133801.jpg

20200928_135510.jpg

20200928_144419.jpg

ホテルで少し休憩して、夕食に冷やしラーメンを食べます。
冷やし中華ではありません。
字の如く、ラーメンが忠実に冷たくなっている感じ。
口での説明は難しいので、ぜひ食べていただきたい。

20200928_181708.jpg

駅前の霞城セントラルという高層ビルに登ってみました。
展望フロアからは、山形市の夜景が一望できます。
どんどん山形の評価が上がっていきますね。

20200928_185611.jpg

もう少しグルメを抑えておきたかったので、夜食を食べることに。
どんどん焼き、だだちゃ豆スイーツ、ぶどう(スチューベン)。

どんどん焼きは、山形名物の具なしお好み焼き的なものが串に巻いてあります。
祭り屋台の定番とのこと。
もっちりして220円とは思えない食べごたえ。
醤油とソースがあり、僕は醤油にしました。

20200928_195833.jpg

だだちゃ豆は、山形名産で、スイーツに大変合います。
ぶっちゃ、ずんだと違いが分かりませんでしたが。

20200928_201506.jpg

ぶどう(スチューベン)は物産館で100円で売られていたので買ってみました。
主に北日本で栽培されている品種で、糖度が高く美味しい。
さすがフルーツ王国の山形。

20200928_200412.jpg

■4日目

山形から仙台に戻るのですが、途中の山寺に寄りました。
山形市の山間部にあるお寺です。

階段を登っていきます。

20200929_093435.jpg

頂上の寺からの景色は、噂に違わず絶景。
紅葉や雪景色も大変綺麗らしいので、また訪れてみたいですね。

20200929_100120.jpg

20200929_100356.jpg

20200929_100617.jpg

近くにある山寺芭蕉記念館も訪れました。
故郷・三重県出身の偉人です。

なんでも、有名な『奥の細道』で山寺を訪れたそうで。
名句「閑さや岩にしみ入蝉の声」はここで詠まれたそうです。

館内では、松尾芭蕉先輩の侘び寂びの世界に触れることができます。
またここから見る山寺もGOOD!

20200929_104355.jpg

20200929_105646.jpg

20200929_104235.jpg

触発されて、僕も一句詠んでみました。

名残り惜し 夏の終りと 山寺や

季節は9月下旬、暑くてうんざりだった夏もいざ終わるとなると、寂しくなってきます。
初めて訪れ気に入った山形・山寺を後にする名残惜しさに重ねてみました。

備え付けの箱に投函して、優秀作品には商品も出るみたいです。

昼食は、山寺で山形名物・芋煮にしました。
醤油ベースの汁に、里芋や牛肉が入っています。
優しいお味で、とても美味しいですね。
玉こんにゃくや蕎麦も、いいお味です。

20200929_121336.jpg

20200929_115728.jpg

山寺から仙台駅に戻り、しばし駅ビルを散策。
博多駅、札幌駅とは異なるレトロな駅舎。
夕暮れ時の雰囲気も良くて、ここに住みたいと思いました。

20200929_144923.jpg

20200929_173349.jpg

夕食は、彼女と合流してはらこ飯。
鮭といくらの親子丼ですが、鮭が煮てありその煮汁でご飯を炊いています。
ご飯のいい風味と親子丼がよく合います。

20200929_184557.jpg

その後、彼女の車で少しドライブ。
先日の蛮行を謝罪して、たぶん許してもらいました。

正直、カー○ックスをしてみたかったのですが、適当な駐車スペースがありません。
スカートに手を突っ込むだけに留めておきました。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 7

There are no comments yet.
あかさ  

俺も俳句作ってみたよ
寺の坂 つくつくぼうしに 励まされ

2020/10/03 (Sat) 20:25 | EDIT | REPLY |   
ピコ氏  

何よりも 性生活が 羨ましい

そんなことを思う、記事の連投ですね。
同い年として、元気で羨ましい限りです。

2020/10/03 (Sat) 21:17 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

あかさ 様

いい句ですね。
さすがです。

ピコ氏 様

すぐに立ちますね。

2020/10/03 (Sat) 22:45 | EDIT | REPLY |   
愛知の住民  

山形には昨年出張で行きました。
とにかくお米の美味しさには驚きましたね。
水が美味しい土地の特権でしょう。
来年こそは仙台に旅行に行きたいと思ってます。また色々とブログで穴場などを教えてください。

2020/10/03 (Sat) 23:42 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

愛知の住民 様

どんどん旅行に行って、紹介できればと思っています。

2020/10/04 (Sun) 07:41 | EDIT | REPLY |   
-  

彼女こんな乞食と良く一緒にいられんな!
車の免許もないキムだから最後まで彼女運転だろうし、ヒモ以下かも!

2020/10/04 (Sun) 15:34 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> 彼女こんな乞食と良く一緒にいられんな!
> 車の免許もないキムだから最後まで彼女運転だろうし、ヒモ以下かも!

おっしゃる通りですね。
感謝の気持ちを忘れないようにします。

2020/10/04 (Sun) 16:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply