fc2ブログ

自分エビデンスこそが最強

金村 圭介(김 용규)

web-ga73f1cd33_1280.jpg

僕はセミリタイアする時に、かなりの自信を持っていました。

一般的には、セミリタイア的な生き方は決して幸福に繋がらないと考えられています。

自己実現の機会を失い、金銭的にも不利になり、膨大な時間ができ、何にも所属しなくなる。
たぶん、エビデンス的には幸福からは遠ざかる行為に違いありません。

しかし、僕個人の自分エビデンス的には、セミリタイアで人生が大きく改善されると確信していました。

これまでの32年間、特に仕事を始めての10年間で、膨大な感情データを収集しました。
とある出来事があった時に、自分がどう感じるのか?

分析の結果、ストレスの99%は仕事でした。
仕事が上手くいかないと、他が良くても全てダメになってしまいます。

それ以外のことで、大きな不安を感じて、ストレスになることはありません。
株価が暴落しても、人から嫌なことを言われても、貧しい生活でも、ハゲてきても、健康診断の数値が悪くても、そこまでの苦痛は感じません。

以上より、仕事から逃げることが1番いいとの結論に達しました。
これでストレスからはほぼ解放され、あとはどれだけプラスを積み上げていけるかを考えるだけでいい。

一般的なエビデンスとは反するかもしれませんが、自分エビデンスでセミリタイアにゴーサインを出しています。
より精度の高い自分エビデンスを信じるのは当たり前。
言うまでもなく、自分エビデンスが正しかった。

感情の分野においては、自分エビデンスこそが最強。
エビデンスを作成するために自己分析には価値があります。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 17

There are no comments yet.
-  

日本語だとEvidenceの意味が英語と違うのかな?
ちょっと意味不明でした。

2022/03/09 (Wed) 19:56 | EDIT | REPLY |   
-  

最近の金村いいぞ!やけに以下を推すけど
教員免許取ろうぜ。小中校高、なんでも良いけどバイトで良いなら非常勤か学習指導員やろうよ。今後バイトはそれにしよう。
金村さんなら、受験のステレオタイプとそうでもない生徒児童、結果的にこうなったことの今だからこそ両方の気持ちに寄り添えるよ。

それと、恣意的に技術・理論の習得が必要な趣味でギター、ピアノやろうぜ?死んでも答えのでない、素晴らしいものだ。

これまでの事は振り返らずどうでも良い。
春夏の甲子園大量失点でもコールドはないぜ。

2022/03/09 (Wed) 20:43 | EDIT | REPLY |   
kib  
趣味

趣味はセミリタイヤ前後で変わりましたか?

2022/03/09 (Wed) 21:12 | EDIT | REPLY |   
-  

「データ」という意味で使ってますか

2022/03/09 (Wed) 21:35 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

名無し 様
> 日本語だとEvidenceの意味が英語と違うのかな?
> ちょっと意味不明でした。

そうでしたか。
ご理解いただける記事を書けるように努めます。

kib 様

クオリティを上げてる感はあるけど、対象はそんな変わってないですね。

名無し 様
> 「データ」という意味で使ってますか

どういうことがあって、それに対してどう感じたっていう具体的事例。

2022/03/09 (Wed) 21:57 | EDIT | REPLY |   
あああ  

ストレスになるのは仕事というか仕事に付随する人間関係なんじゃないの?

>一般的には、セミリタイア的な生き方は決して幸福に繋>がらないと考えられています。

なに、その謎理論は?
だったら多くの人がFIRE目指している状況を説明できんだろ。

あと「エビデンス」連発しすぎ。

2022/03/09 (Wed) 22:08 | EDIT | REPLY |   
-  

簡素に述べれば、それは、誰だってイヤな奴、生け簀かない職場環境で辞めた奴など五万といるって。
それを省みて考察するのは辞めよう。
EU.USAのように、これからの事を楽しもうぜ。
金村アルファベットのAは他に何だとも言えますか?
ドレミファソラシドの「ラ」です。

2022/03/09 (Wed) 23:25 | EDIT | REPLY |   
-  

結局は現実に目を背け固定概念に固執し強硬した結果と言う事でしょう。
努力(進学・就職)して得た結果(現実)が理想とのギャップでストレスになる。
自分が変われない(変わる必要が無いと思っている)ので結果(現実)も変わらず、ストレスはいつまで経っても解消できない。
どこかで失敗を受け入れて軌道修正出来れば違った結果になったかもしれませんね。

2022/03/10 (Thu) 02:41 | EDIT | REPLY |   
あかさ  

言葉の使い方が普通とは違う部分はアスペっぽい部分もあるのかなあ?

2022/03/10 (Thu) 04:45 | EDIT | REPLY |   
あかさ  

通説みたいな意味で使ってるって感じか?
なぜ通説って言わないんだろう?謎だ

2022/03/10 (Thu) 04:54 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2022/03/10 (Thu) 08:53 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

あああ 様

人間関係でそんな悩むことはないかな。
FIREがジワジワ来ているのは事実ですが、全体から見るとごく少数で、基本的には就労期間は長くなっています。
老後が長いなら、その分働こうと考えるのが一般的だと思います。
エビデンス連発は、その通りだと思うので、キーワードを使う頻度は見直します。

名無し 様
> どこかで失敗を受け入れて軌道修正出来れば違った結果になったかもしれませんね。

就職をミスったことを軌道修正した結果がセミリタイアですね。

匿名希望 様

メール返信しておきます。

2022/03/10 (Thu) 09:39 | EDIT | REPLY |   
-  

様々な拒絶反応を見せる統合失調症・精神病患者
金村 圭介

カラオケで、アゲアゲエブリナイトをマラカスつきで歌わされたことに未だに根に持っている。
→そのくらい、何ならフルチンで鼠先輩のギロッポンの夜も歌えば良いのに、プライドが高くて寒い金村

全国の下町を毛嫌いしている。雑多な感じが苦手
→下町の方が金村をお断りである。
こんな、不吉な精神病の金村に来て欲しくない。

実家に帰省など帰る場所だと思っている。
→家族のガンであり、食卓を凍りつかせる厄介者。

2022/03/10 (Thu) 11:31 | EDIT | REPLY |   
-  

色々と改善がみられるようかと思ったがやっぱりダメだった金村!
やはり、単項式である観光や文系項目の勉強は固執な異常性格のため得意だが、マニュアル車の運転(前方を視認しながら、シフトチェンジが必要)バイクの運転(前方を視認しながら、バランスを取り左足のギアチェンジ)
いずれも半クラッチが必要
や、楽器の演奏(音符を視認しながら、抑える指の移動)
などは、あたふたして人を殺したり、騒音となりかねない。金村氏にはさせない方が賢明である。

2022/03/10 (Thu) 12:23 | EDIT | REPLY |   
-  

統合失調症(障害3級)でも地方公務員になることは可能なのでしょうか。応募条件に反したりはしないのでしょうか。

質問日2016/01/15
共感した0
ID非公開さん

違反報告する
ベストアンサー
三級:日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの

つまり、日常生活がままならなかったり、社会生活上の制限が大きかったりして、仕事を継続していくことは難しいと思います。

私の属する自治体でも、チェックを行い、精神疾患等の可能性のある方は採用しないようにしています。本人も、周りも大変となり仕事どころではなくなるからです。

2022/03/10 (Thu) 12:46 | EDIT | REPLY |   
-  

>>結局は現実に目を背け固定概念に固執し強硬した結果と言う事でしょう。
努力(進学・就職)して得た結果(現実)が理想とのギャップでストレスになる。
自分が変われない(変わる必要が無いと思っている)ので結果(現実)も変わらず、ストレスはいつまで経っても解消できない。
どこかで失敗を受け入れて軌道修正出来れば違った結果になったかもしれませんね。

この方の仰るように職場内での人との対峙により、改善していくべきなのに、セミリタイアしてしまうのが軌道修正だなどと、自分のニガテな事から目を背け、虚構に生きるわからずやの、金村圭介

2022/03/10 (Thu) 12:55 | EDIT | REPLY |   
-  

みなさん、華美で浪費しろ。傍若無人に豪快にやれと言っている訳ではない。

けど、みんな
「あ、ちょっと違うな」察し
疾患は不可避 この内向性のマイナス思考は
自己弁護の固まり、俯瞰した事実のねじ曲げ
金村が解放されないぞ!

2022/03/10 (Thu) 14:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply