fc2ブログ

尾瀬旅行記(2・3日目)

金村 圭介(김 용규)

尾瀬旅行記の2・3日目です。

■2日目

2日目は、会津若松の東山温泉でお目覚め。
前日夜もバイキングを食べまくり、この日の昼・夜もグルメが控えているので、朝食バイキングは少しセーブして。

PXL_20221002_223125448.jpg

PXL_20221002_225223282.jpg

今後のアクセスの関係上出発が10時前なので、ゆったりと温泉に入ります。
バスで会津若松駅まで戻ってきました。

PXL_20221003_012504243.jpg

ここから会津鉄道に揺られて、福島屈指の観光地である大内宿に向かいます。
車両は赤べこを模したもの。

PXL_20221003_021603645.jpg

大内宿の最寄り・湯野上温泉駅は、いい雰囲気出してます。

PXL_20221003_030526031_20221006230525ed0.jpg

PXL_20221003_030506508_202210062305232b1.jpg

さらにバスに乗って、大内宿に到着。
大内宿は、江戸時代の宿場町をそのまま保存した地区。
特筆すべきは、実際に人が住んでいるってことです。
茅葺屋根の立ち並ぶ通りを歩き、小高い丘からは地区全体を一望。
見事です。

PXL_20221003_032446987.jpg

PXL_20221003_033544036.jpg

有名なグルメもあります。
ねぎそばと言い、ねぎを箸代わりにして食べます。
食べ方が面白いのはもちろん、十割そばで、純粋にそばとしても味わい深い。

PXL_20221003_040752773.jpg

もう1つ”しんごろう”と言う五平餅的なものもいただきました。
甘辛味噌が絶品です。

PXL_20221003_051208737.jpg

バスで湯野上温泉駅に戻り、この日は近くの民宿で宿泊。
宿のおじさんが入り口ロビーのソファーで昼寝をしていて、「こんにちは」と呼びかけると「おぉ!すいません」と起きました。
こういうの嫌いじゃありません。
ここでも福島県民割が使え、1泊夕食付で宿泊費5,200円で2,000円のクーポン。
部屋も十二分に綺麗です。

PXL_20221003_063408700.jpg

近くを散策すると、壮大な風景が広がっています。

PXL_20221003_064244830.jpg

明日は早朝から尾瀬に向かうので、宿の朝食はなし、昼食も尾瀬には大した店がありません。
食料調達とクーポン消費を兼ねて、近くのセブンイレブンで1,500円分の爆買いです。
福島では誰もが知っている酪王カフェオレは必須。

PXL_20221003_071526920.jpg

宿に戻り、夕食の準備ができるまで、フィールドワークの全国女子アナチェック。
夕方のニュース内で、女子アナの叔父が撮った写真を紹介するなどゆるい雰囲気です。
毎度思いますが、地方にも素晴らしい女子アナがいて、地域創生はバッチリですね!

PXL_20221003_083320030.jpg

PXL_20221003_091958402.jpg

そうこうしている間に、夕食の時間となりました。
山間部の会津地方らしく、山菜、川魚等が並びます。
名物の馬刺しや焼肉もあり、めっちゃ豪華。

PXL_20221003_093222131.jpg

PXL_20221003_092948128.jpg

PXL_20221003_093830906.jpg

食事後は、源泉かけ流し温泉に入り、浴衣姿でアイスを食べます。
明日に備え、早めに寝ました。

■3日目

いよいよこの旅行メインの尾瀬に行きます。
朝は6時半起き。
パン、サラダ、チキン、酪王カフェオレを食べて出発です。

尾瀬までは、会津鉄道で会津高原尾瀬口駅で下車。
そっからバスに乗って、登山口まで行きます。
最寄り駅から2時間とエグい遠さで、しかもバスが1時間待ち。
関東側から来る電車のアクセスを考えており、東北の田舎者は無視です。

バスで山道を登っていくと、ブナの原生林が眼下に。
少し紅葉もしています。

PXL_20221004_022327674.jpg

お昼前にようやく登山口の沼山峠バス停に到着。
ここからさらに山道を行きます。
木道が整備されており、とても歩きやすいです。

PXL_20221004_024544697.jpg

PXL_20221004_025135805.jpg

40分ほど歩くと、草原?に出ました。
山の中にこんなに広大な場所があるのは驚き。
草が紅葉していて美しい。

PXL_20221004_050205154.jpg

PXL_20221004_032647557.jpg

さらに歩くこと20分ぐらいで、目的地の尾瀬沼に到着。
朝7:30に湯野上温泉駅を出発して、尾瀬沼に着いたのが12:30過ぎ。
5時間以上の時間と電車・バスで片道3,000円以上かけてこの風景を見に来ました。
沼と山の美しい自然は本当に爽快で、時間とお金を掛けて来た甲斐があります。

PXL_20221004_043717325.jpg

当初計画では近くの山小屋に泊まろうと思いましたが、目をつけていた山小屋がこの日は休み。
他にもありますが、明日の天気が微妙だったこと、そもそも重い荷物を背負い登山するのがしんどいので、山小屋は回避。
尾瀬沼で散歩したり、読書して2時間ほど過ごし、2時半頃に帰りました。

登山→バス→電車で会津若松を少し超えて、喜多方のビジネスホテルへ。
チェックインしたのは夜の9時になっていました。
県民割利用で素泊まり3,700円と2,000円分クーポン。

PXL_20221004_121947634.jpg

田舎の9時は真っ暗で店も全然やっていません。
クーポンを使って、セブンイレブンでドリアを買って、持ち帰るとめっちゃ片寄っていました・・・
でもチーズが上手くて、かなり染みます。

PXL_20221004_123159291.jpg

2・3日目は田舎の観光。
観光地を効率よく回れる都市部とは違い、長時間掛けて1つの場所に行く1点豪華主義です。
でもわざわざ行く価値があると、多くの人が思うから観光地になっているわけで。
本当にいい思い出になりました。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 3

There are no comments yet.
金村チャリース  
チャリソース金村

“一般人”を自称しながら、モデルやYouTuberとして活動している木下優樹菜が、かつて人気ギャルタレント・みちょぱこと池田美優に、「この席、マジで譲らねーから!」と宣戦布告していたことを告白した。


《みちょぱと一緒にしないで欲しい》
 木下は2019年11月にタピオカ騒動で芸能活動を自粛する以前から、「みちょぱを敵視していた」(芸能記者)そうだが、一方のみちょぱには「眼中になし」というつれない態度を取られていたようだ。


 木下は先日、自身のYouTubeチャンネルに「BreakingDown5を終えて、私は命を賭けることを心に決めました」という動画を投稿。総合格闘家・朝倉未来選手が発起人の1人である格闘イベント『Breaking Down5』で、リポーターを務めたことを振り返りつつ、≪リポーターの席はマジで譲らない≫と宣言し、芸能人時代、元ヤンキーのギャルモデルの席を14年間死守したことをアピールした。

「続けて木下は、≪みちょぱが出てきた時も言ったからね。『この席、マジで譲らねーから!』って≫と、かつてみちょぱに宣戦布告していた驚きの過去まで暴露したんです。確かにみちょぱは、バラエティ番組で、学校をさぼり、家出を繰り返していた中学時代の話をよくしていますし、時には“ケンカ武勇伝”を披露することも。また元カレが“塀の中”に入ってしまったというエピソードはもはや鉄板ネタといえるでしょう。

 木下にとって、元ヤンでギャルモデルのみちょぱは、“キャラがかぶる”邪魔者だったのかもしれません。しかし、現在の木下は芸能界を名目上引退したことになっているので≪だけどもうさ、譲っちゃったのよ。ダサ! 自分で一番わかってる、ダサいのよ≫と自虐していました」(同・前)

 ネット上では、木下からみちょぱへの宣戦布告に対し、

≪譲ったというより貴方が勝手に転げ落ちただけだと思う≫

≪「元ヤン」という事以外は、全く共通項が無いように思うんだけど≫

≪みちょぱと一緒にしないで欲しい≫

 など、否定的な声が噴出している状況だという。

みちょぱは当初から眼中になかった
 そんな木下はタピオカ騒動以前、テレビでみちょぱをあからさまにこき下ろすこともあったという。2019年5月放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)で、密着ゲストの鈴木紗理奈と食事をした際、みちょぱを令和代表のヤンキータレントと持ち上げたかと思いきや、痛烈なダメ出しをしていたのだ。

「木下いわく、みちょぱはタレントとしては駆け出しながら、すでに“いい子”になっているとのこと。『もっとダルそうに……優樹菜がその時ぐらいだったら自分らしさを出したい』と、自身を引き合いに出しながら、キャラクターが定まってないと苦言を呈していました。

 スタジオでそんな木下の弁を聞いていたみちょぱは困惑しきりでしたが、今にして思うと、木下は自身を脅かす存在が出てきたことに焦りを感じて、あのようなダメ出しをしたのではないでしょうか」(同・前)

 事実、その後、木下がタピオカ騒動で芸能界から退いた一方、みちょぱはバラエティ界を席巻。昨年12月、「ニホンモニター」が発表した「2021テレビ番組出演本数ランキング」では、第8位の420本という大記録を残している。

「みちょぱは、いま最も売れているタレントといえる有吉弘行との共演回数が多いのですが、それはひとえに彼女のバラエティスキルが高いからでしょう。2020年4月には、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、かまいたちやアンガールズ・田中卓志、オアシズ・大久保佳代子ら人気芸人が、みちょぱの知られざる実力を褒め称える『みちょぱスゴイぞ芸人』という企画が放送されるなど、近年のみちょぱは、“元ヤンだけど実は賢い”イメージが広まっています。

 今年2月、日本生活環境支援協会が、20~60代の働く男女を対象に調査した『仕事ができそうなタレントランキング』でも、女性タレント部門で第2位に輝いていますし、木下が死守した“元ヤンのギャルモデル”という席に、現状、みちょぱは座っていないように感じます」(ウェブメディア編集者)

 そもそもみちょぱは、以前から木下に対して、「一線を引いていた」(同・前)との指摘も。

「2020年7月、『サンデー・ジャポン』(TBS系)が、木下の芸能界引退の話題を取り上げた際、ゲストのみちょぱは、MCの爆笑問題・田中裕二から『ギャルの先輩?』と話を振られ、『私は世代が違うので、あんまりそういう感情を抱いたことはないんですけど……』と発言。木下がみちょぱを意識する一方、みちょぱは木下のことをなんとも思っていなかったことが、ここで明らかになったわけです。

 また、2018年11月放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)で、ゲストの木下が、かつて『クイズ!ヘキサゴン2』(同)発のアイドルグループ『Pabo』のメンバーだったという話題が出た時、みちょぱが『Paboって何?』と口にしたのも印象深いですね。

 やはり木下のことは、はなから眼中になかったのでは……。芸能界を引退後も、毎日のように炎上を巻き起こす木下を見ていると、みちょぱのこうした態度は、やはり『正解だった』と言えるのでは」(同・前)

 木下にとってみれば、自身をライバル視しないみちょぱのスタンスには、不満を感じているのかもしれない。木下から突然名前を出されたものの、完全にスルーしているみちょぱ。当初から“眼中になし”だっただけに、今後も公の場で木下の名前を口にすることはないのかもしれない。

2022/10/08 (Sat) 21:05 | EDIT | REPLY |   
しょうのすけ  

社労士試験合格おめでとう&お疲れさまでした。
きむさんに触発されて私も資格を取ろうかと考えていますが、勤め人であり、なかなか時間を確保することができません。
そのため、どうしても最短距離で試験に挑みたいと思います。
たとえば、教科書と過去問だけで合格できるとか、必要最小限での合格ラインをクリアできる方法を教えていただければと存じます。2年間実際に勉強されたキムさんの目線で教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

2022/10/09 (Sun) 10:20 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

しょうのすけ 様

まずは全範囲を理解しないと話になりませんが、そのためには予備校の講義を受けたほうが早いと思います。
分かりやすいし、その分記憶にも残りやすいとかなと。
しっかり理解した上で、ゴリゴリ覚えて、過去問等で実践にもなれつつみたいな。
これを何周かすれば、択一式が安定して合格点が取れるようになると思いますが、問題は選択式。
どこが抜かれるか分からないし、1科目でも5点中3点を割るとアウトなので、気が抜けません。
テキストを読む込むことが必要です。

2022/10/09 (Sun) 10:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply