fc2ブログ

スポーツの判定から学ぶ不満との向き合い方

金村 圭介(김 용규)

camera-ged02525ce_1280.jpg

W杯、WBCと連続してスポーツのビックイベントがあり、この冬は大いに楽しませてもらいました。
日本の躍進もあり歓喜することは多かったのですが、今回は判定に注目したいと思います。

近年多くのスポーツではビデオ判定が導入されており、サッカーではVAR、野球ではリクエスト(チャレンジ)と呼ばれています。
同じビデオ判定でも、両者のやり方には違いがあります。

サッカーのVARは、担当審判が独自で介入して、重大で明白な間違いを主審に知らせるもの。
監督・選手が「今のは違うだろ」と言っても、ビデオ判定はしてくれません。
逆を言うと、選手が訴えなくても判定が変わったりもします。
完璧ではありませんが、3D技術とかも使って1ミリ単位で分かります。

一方で、野球のリクエストは、監督から訴えがあって、初めてビデオを見てくれます。
対象のプレイで、限度回数に達していなければ、訴えれば必ず対応はしてくれます。
ただ、審判独自でビデオチェックをして、判定が変わることは基本ありません。
サッカーに比べるとザックリな感じで、微妙な場合は元の判定通り、変わるのは明らかに誤審の場合。

ビデオ判定を導入して、より正確に試合を運営するのは、まさに社会の縮図。
その意味で、より現実社会に近いのは、サッカーのVARか?野球のリクエストか?

野球のほうだと思います。

自分が不条理なことを受けた時に、第三者が介入して正してくれることはそうありません。
しかし、納得いかなければ自分から訴えることはできて、明らかにおかしいことなら覆る場合もあります。
残念ながら万能ではなく、微妙な場合や証明できない場合は変わらないし、そもそも全ての事案で受け付けてくれるとは限りません。

で、野球選手の判定に対する態度は、不満との向き合い方で学ぶ点が多いなと思います。

完璧ではないにしてもビデオ判定の制度があり、ジャッジの正確性は一定程度は担保されている。
その上で過度に文句を言うのは、スポーツマンシップに反する行為です。
まして、ジャッジのせいで負けたなどと言うのは、究極にダサい。
仮にそう思っていてもグチるのは親しい間柄のみにして、それ以外では自分の実力不足ってことにしないといけません。

野球選手以外の全ての社会人も同じように振る舞うべきだと思います。

納得できないことがあれば、直接相手にでも然るべき機関でもいいですが反論する。
した上で変わらないのであれば、それ以上は言っちゃダメ。
それが社会ってもんだし、自分の実力です。
受け入れて、それを前提に身の振り方を考えないといけません。
人や組織のせいにするなど言語道断。

不満との向き合い方にも学ばされたスポーツ観戦になりました。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 6

There are no comments yet.
-  

おめーよ、旧帝の理系じゃないくせに、何、
粋がってんだ。
社労士、司法試験でもないだろう?
もっと難易度が高いトコロで勝負しろよ???

2023/03/25 (Sat) 01:19 | EDIT | REPLY |   
そも  

社会や人を恨んでいる内は他にどんないい所があってもたぶんダメだな。
例えほんとにそれらに非があった場合でも、恨んでる限りなにも前に進まん
どこかの国みたいになる。

2023/03/25 (Sat) 04:37 | EDIT | REPLY |   
-  

しつこいようだがあ、おまえ、旧帝の理系では無いな?
ソレでは、粋がれないだろうって?

2023/03/25 (Sat) 10:18 | EDIT | REPLY |   
-  

金村さん😊簡単な質問です。
旧帝出身ではないですよね?
駅弁ですか?

2023/03/25 (Sat) 12:35 | EDIT | REPLY |   
-  

2度と社労士のクソみてえな資格の話題ブログ書くなよハゲ!
バカ!

2023/03/25 (Sat) 12:58 | EDIT | REPLY |   
金村 圭介(김 용규)  
コメント返信

そも 様

あいつのせいで俺は活躍できないと思ってるスポーツ選手がダメなのと同じ理論ですね。

2023/03/26 (Sun) 09:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply