FC2ブログ

トーシロ投資法って?

金村 圭介(김 용규)

ここ数日間、主に通勤時間を利用して下記の本を読みました。

臆病者のための株入門 (文春新書)臆病者のための株入門 (文春新書)
(2006/04)
橘 玲

商品詳細を見る


筆者の本はこれまでに何冊も読んでいますが、作家だけあって面白い。
他の資産運用本に比べて、読者に読ませるという視点が強いんです。

本の中で紹介されているのが、ど素人のための投資法「トーシロ投資法」です。
まず、株式市場の代表的な手法のメリット、デメリットを

①トレーディング(デイトレードを含む)
メリット:ゲーム性が高く、いちどハマるとやみつきになる
デメリット:ゼロサムゲームなので、初心者の大半は敗退していく

②個別株長期投資(バフェット流投資法)
メリット:資本主義の原理に忠実なので、もっとも大きな利益が期待できる
デメリット:企業調査に時間と努力が必要

③インデックス投資(経済学的にもっとも正しい投資法)
メリット:あまりにも簡単で考える必要すらない
デメリット:平均的にしか儲からない

としています。

そして

「トーシロ投資法」では、この3つの手法のメリット、デメリットを組み合わせて自分なりに楽しむことを提案したい。
少額の資金をアグレッシブに投資するなら、先物や信用取引でレバレッジをかけてみたい。
日本のバフェットを目指して、選び抜いた少数の銘柄を長期で保有するのもいいだろう。
このように、本人のやる気や資金額によって投資手法はさまざまなのだが、もしもあなたが初心者で、これから株式市場を体験するのなら、リスクのとれる金融資産の8割を世界市場ポートフォリオに投資し、残りの2割をトレーディングや個別株投資に割り当てるくらいが基本になるだろう。

と記述されています。

これはまさに、コア&サテライト戦略で、僕も実践している投資法で、なんだかうれしくなりました。

僕も最初は、インデックス運用のみ100%でしたが、色々勉強するうちに少し遊びの部分を入れたくなり現在は日本の個別株株投資も行っています。
個別株投資をやっていて思うのは、こんな面白い遊びはないということです。
企業の事業内容を見たり、見よう見まねで決算書を読んだり、企業の成長性を考えたり、新たな企業を発掘したり・・・時間があっという間にたってしまいます。

現在、全リスク資産に占めるサテライト(個別株)の割合は1%程度です。
今後は、ボーナスでの日本株投資時に新たな個別株を買っていく予定なので、比率は少しずつ上がっていくと思います。

しかし、サテライトはその名のとおり衛星。インデックスファンドを愚直に積み立てていく姿勢は何ら変わりありません。
大人の楽しみの入れつつ、コア&サテライト戦略(=トーシロ投資法)を継続していきたいと思います。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply