FC2ブログ

ある意味羨ましい

金村 圭介(김 용규)

マネー本などを読んでいると、マネーリテラシーのない人が紹介されています。

・宝くじ・ギャンブルにお金を使う
・独身なのに生命保険に入る
・毎月分配型の投資信託を買う
・リボ払いをする

宝くじ・ギャンブルは控除率が高すぎます。
独身の人なら、死んだ時にお金で困る人もまあいないのに、極めて損な賭けである生命保険に入る必要もありません。
毎月分配型の投資信託は、税金を繰り延べにできないので、資産形成期には不向きです。
リボ払いはバカ高い利率を取られており、本人がそれをよく分かっていないことが多いです。

本では「合法的にだまし取られている」などとボロクソに言われています。

確かに、経済的には合理的ではなく、滑稽だなと思うこともあります。
しかし、当の本人は幸せなのかもしれません。

宝くじやギャンブルはワクワクドキドキがあり楽しいです。
生命保険に入れば、何となく精神的な安定を得られるかもしれません。
分配金が入れば、テンションが上がるし、普段はしないような思い切った贅沢もできるかもしれません。
リボ払いは利息は払わないといけませんが、将来の楽しみを先取りできます。

彼らに言わせれば、「損とか得とかそんなことばっかり考えていて楽しいの?もっと大らかに生きたほうがいいんじゃない?」と。

お金のことを深く考えず、積極的に消費しても、普通に働き給与を貰い、年金を貰えば、ぼちぼち生きていける人が大半です。

自分はそうなろうとは思わないし、性格的にできませんが、お金のことを特に考えずに、大らかに使っちゃう人もある意味羨ましいです。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply