FC2ブログ

投資を始めたきっかけ 続き

金村 圭介(김 용규)

投資について勉強しようと思って図書館に向かいました。
目当ては最初に買ったマネー本で少し紹介されていた、投資信託は詳しく知りたいと思ってです。

とにかくどの本がいいか分からず、手当たり次第に借りて何冊か読みました。
でも真面目な本というか、投資信託のしくみ的な本ばかり借りてしまい、最後まで読まずに途中で読むのをやめてしまうことが多かったです。

そんなことを何冊か繰り返していたころ、1冊の本に出会いました。
竹川美奈子さんの「投資信託にだまされるな! -本当に正しい投信の使い方」という本です。
目からうろことは、このことでした。面白くて一気に読んでいました。

投資というと、一攫千金を狙うとイメージがありました。
僕が投資を始めてもいいかなと思ったのは「余裕資金もあるし、少しくらいギャンブルしてもいいかな?いい本に出会って必勝法でも見つけたいな」といった考えがあったからです。
また「安い時に買って、高い時に売ればいいんでしょ?ちゃんと勉強したらいけんじゃね?」という考えもありました。オーバーコンフェデデンスというやつです。

でも本に書いてあったことは、まったく違っていました。
手数料の安いインデックスファンドを買って、長期的に運用して、世啓経済の成長に乗る。
こんな簡単な方法で資産運用ができるのがびっくりしました。まったく知らない世界がそこにはありました。
その後、同じような本を何冊も読みました。

内藤忍さんの「初心者は株を買うな!」
山崎元さんの「超簡単 お金の運用術」
カンチュンドさんの「忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」

これらの本を読んでインデックスファンドの世界に陶酔していきました。
これなら僕にもできそうだなと思ってやってみようかなと思い始めました。

そして証券会社に口座に口座を開いて投資を始めるようになったのでした。

関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply