FC2ブログ

人と違う考え方をする

金村 圭介(김 용규)

ここ数日で下記の本を読みました。

こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義

新品価格
¥1,365から
(2013/4/6 19:16時点)


内藤忍さんの本はほとんど読んでいるので、特に目新しい内容はなかったのですが、復習という意味では、内藤さんの考えが整理できる本でした。

本の中で一番印象に残ったのは下記の部分です。

本書で繰り返しいっているのは、人と同じことをしているかぎり、ビジネスでも投資でも成功しないということです。
8割の人はテレビや新聞を見て、自分が多数派に入っていると安心する。入っていなければ、多数派の意見を参考にして行動する。
しかし、そういう人はお金を守ることはできません。
多数派の意見に安心しないというのはつまり、自分の考えを持つということです。


僕も本当にこうありたいと思います。

多くの人は、仕事に打ち込み、車を買い、生命保険に入り、家を買い、子どもを作り、金曜日の仕事終わりに飲みに行き、週末にゴルフに行き・・・・・そうやって社会経験を積んで立派になっていきます。

僕はそれで幸せを感じることができませんでした。
人並みに仕事はできないし、車も家を子どもも欲しくないし、飲み会は大っきらいだし・・・・。

周りは、それが幸せになる唯一の方法であるかのように、価値観を押し付け、強要してきます。
その意見を信じていれば、できない仕事を無理矢理頑張り、行きたくもない飲み会やゴルフに行ったりしていたかもしれません。
そんなクソつまらない人生を送っているかと思うと恐ろしいです。

しかし、色々な本やブログを見て、自分で考えて、大胆な節約を投資を組み合わせることで、40歳でのセミリタイアが実現味を帯びてきました。
ダメサラリーマンでいい、飲み会なんか行かなくてもいい、車も保険も家も持たなくていいと自信を持って思えるようになりました。

でも、これとて絶対的な正解ではありません。
人の意見はしっかりと受け止めた上で、自分の考えを持つ。
こうやって生きていきたいと思います。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 4

There are no comments yet.
water boy  

そうそう。相対的な価値観ではなく絶対的な価値観で生きる事が一番満足度の高い人生をおくれますよ、きっと。
お互い資産運用ブログなんですが、なぜか価値観の話がでてくるとコメントしたくなっちゃいますね。価値観の捉え方が似ているのかもですね。

2013/04/06 (Sat) 21:42 | EDIT | REPLY |   
ぽんぽこ  

人は生まれたときも裸、死ぬときも裸です。
仕事にしろ家庭にしろモノにしろ、多くを持つ楽しみもあれば、それを持つことによる苦しみ、代償もありますね。

私もキムさんと同様の価値観なのですが、心の中では、それだけでは自己愛過ぎるのでは?、とささやくもう一人の自分もいます。

私はセミリタ済みですが、今セミリタ準備のために頑張ることはいいのですが、それが人生の第一目的になってはむなしくなりかねません。
節約だけでは潤いも不足します。

セミリタ後の人生の目的の準備を同じような大きさで進めていくことをお勧めします。

平たく言うと、それがないと、セミリタ直後は開放感で幸せになりますが、半年もすると生きていく上での「張り」を失い、それがストレスになってきます。

2013/04/06 (Sat) 23:56 | EDIT | REPLY |   
kim99  

>多数派の意見に安心しないというのはつまり、自分の考えを持つということです。
そうなんだけど、それが難しい。
>周りは、それが幸せになる唯一の方法であるかのように、価値観を押し付け、強要してきます。
世間の荒波の中で典型的な人間を装いきれない自分に不安を感じますが、、、週末に資産の時価会計し直してる人たちって、(今週は特に為替も日経平均も動いたので、、、)売る人、買う人という多様な人ががいて成り立つ市場を知っているし、取引量が少ない株やETFを売買しようする苦労を知ってるわけで、典型的な人間ばかりじゃない巨大な世界がそこにあるわけで、、、
一方 大槻ケンジとか寺山修司みたいな他人と同じじゃない自分に悩む思春期を送ってる人もいるし、、、他人のいってることが本当に理解できるのか哲学しているビトゲンシュタインとかもいるし、、、

誰でも自分の考えってもっているのだろうけど、それをじっくり意識している余裕がなくて、日々暮らしているので、リタイアして、それを意識する余裕ができた時に、社会に適応する為に捻じ曲げた、自分の考え方が、本来もっている自分の考えかたと乖離していることに、精神を病む、、、

夢とロマンのアクティブファンドな人生を送りたいと思いつつ、現実はインデックスファンドな人生を送る戦略をとったほうが生存確率が高いわけで、、、そこには葛藤があるのでしょう。
そこで葛藤している余裕がなかったり、葛藤することがめんどくさいので
典型的な人間を装うことが楽な環境にいる人は、装ってしまうのでしょう。
葛藤と、乖離が小さいうちに悩むことを繰り返さなければ、自分の考えを意識することもなくすごせる。それが幸せなのか不幸なのか?  わからない私は、自分の考えをもってないのでしょう。
そんなことを悩んでいる time があったら、
日銀が金融緩和するお金をすくいあげる方法を考えたほうが、、、、time is money

2013/04/07 (Sun) 02:20 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김 용규/金 容圭)  
コメント返信

water boy 様
> 相対的な価値観ではなく絶対的な価値観で生きる事が一番満足度の高い人生をおくれますよ、きっと。

価値観を強要してくる年配の人が多いですが、絶対的な価値観を創造していきたいと思います。

ぽんぽこ 様
> セミリタ後の人生の目的の準備を同じような大きさで進めていくことをお勧めします。

セミリタイア後の人生の目的。そうですね。
確かに、毎日だらだらするが目的では、ちょっと・・・っていう気もしますね。
まあ、現状では、趣味(筋トレ、裁判傍聴、韓国語)等に没頭しつつ、全国を転々としていくことが目的ですかね。このあたりはあと10数年間じっくりと考えたいと思います。

kim99 様

ものごとを考えない楽さ、一種の鈍感力は大事なこともあると思いますね。
僕も仕事ではなるべく深く考えず、パターン化、単純化して処理していきたいと思っていますが・・・
人生においては、じっくり考えたいなと思います。

2013/04/07 (Sun) 09:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply