FC2ブログ

ほんものの価値を見よう

金村 圭介(김 용규)

先日、ヤフーニュースを見ていたら下記のような記事を見つけました。

<冷凍食品二重価格>消費者庁が6業界団体に適正表示を要請

 消費者庁は25日、スーパーなどで販売される冷凍食品の価格表示で、実際にはない「希望小売価格」を販売価格と並べ、販売価格がより安いように見せかけるのは景品表示法違反(有利誤認)の不当な表示にあたるおそれがあるとして、日本チェーンストア協会など六つの業界団体に、適正な表示にするよう要請した。

 同庁によると、冷凍食品は大半がメーカーが希望小売価格を定めない「オープン価格」制だ。にもかかわらず、スーパーやドラッグストアでは「メーカー希望小売価格500円の品 半額の250円」などの表示があったり、新聞の折り込みチラシで「メーカー小売参考売価の3割引」などの不当な二重表示が横行しているという。


まあ、確かに、わざと高い価格を見せつけて、大幅割引しているように見せかけるのは、卑怯です。
消費者庁の立場として取り締まるのは至極当然でしょう。

でも、割引率が高いからと言って、物を買うのは、賢い消費者とは言えません。

いくら割引になったとかは全く関係ありません。
現在の価格と商品の質を総合判断して、買う買わないを決めることが大事です。

500円の物が250円になっているよりも、同じ品質で定価のまま200円で売っているものを買うべきです。

割引率に惑わされずに、本質を見極めましょう。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 2

There are no comments yet.
kim99  

スーパーの冷凍食品の価格ってあれが二重価格というものかとスーパーの表示をみると たしかに、定価とはかかれてるわけではなくて、、二重価格するスーパーって、プライベートブランドの冷凍食品を展開してなくてナショナルブランドだのみなのでしょう。ローソン100とか業務スーパーはプライベートブランドですから。とすると、スーパーとナショナルブランドを展開している両社間に何か二重価格のメリットがあるのだろう。いったいそれは?

冷凍食品のプライベートブランドを作れれば解消すると思うのだけど、、、何か障害があるのでしょう。冷凍食品を作るのに必要な液体窒素を取引する市場とかあるのか? 製鉄会社が酸素を取り出す過程でできるものなので、それを使って冷凍食品を、、ってことは、製鉄会社が扱う製品をあつかってる商社の系列の食品メーカーが有利なわけで、、、でも消費者市場に興味をもってる商社でないとね、、、液体窒素を取引する市場を作るべきか? 消費者庁ってそこまでやらないから、政治家とか企業家とか入り込む余地があるのでしょう。そのへんまで切り込む報道してくれるのかな? その製鉄会社の粗鋼生産量が減っては液体窒素が減ってしまうし、、、

2013/04/27 (Sat) 15:59 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김 용규/金 容圭)  
コメント返信

kim99 様

いつもコメントありがとうございます。
今回は自分にはちょっと難しかったです。

2013/04/27 (Sat) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply