FC2ブログ

融通が利かなくていい

金村 圭介(김 용규)

自民党政権誕生以来の株高は、ほんまにやばいです。
僕も、インデックスファンドを積み立てて、ほったらかしにしているだけの超グータラ投資ですが、投資額約1,000万円に対して利益が約360万円。累積リターンは36%になっています。

こうなるとある考えが頭をよぎります。
全部株にしておけばもっと儲かった、さらなる上昇に向けて株の比率を上げるべきかも。
という考えです。

このいかにも危険な考えを阻むのが、手作りの資産運用規則です。

第5条第1項で、アセットアロケーションについて下記の通り定めています。
日本株式 25%
日本債券 15%
先進国株式 27%
新興国株式 13%
先進国債券 10%
日本不動産 5%
外国不動産 5%


そして同条第2項でリバランスについて定めています。
前項のアセットアロケーションを堅持し、リスクとリターンを一定に保つために次の各号の場合にリバランスを行う。
(1)ボーナスからリスク資産に振り分ける場合
(2)リレー投資、追加投資を行う場合
(3)前項のアセットアロケーションから相当程度乖離が生じ、必要と判断する場合


ブログで散々、この規則について公開し、厳密に運用していることをアピールしているので、そうそう簡単にアセットアロケーションを変えられません。
変える場合は相当程度の理由が必要です。

世の中、臨機応変は必要ですが、もっと大事なのは、しっかりとルールを覚えてこれを守ること。
投資でも全く同じで、僕のように投資のド素人はすぐ感情的になるので、常に冷静に行動することが必要です。

現在もこれからも、インデックスを確実に上回るような投資などはできると思っていません。
融通の利かない投資で行こうと思っています。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply