FC2ブログ

反対派の情報を取り入れる

金村 圭介(김 용규)

札幌旅行中に下記の本を読みました。

「普通の人」が「日本株」で年7%のリターンを得るただひとつの方法



人間というのは、基本的に自分の都合のいい情報ばかり取り入れがちです。
僕なら、無意識的にインデックス投資を推奨する本ばかりを読みます。
しかし、それはただの自己満足に浸っているだけであり、成長にはつながりません。
反対派の意見の取り入れる必要もあります。

その意味でこの本は最適の一冊です。
しかも、運任せのギャンブルを投資を推奨している訳ではなく、日本株による長期投資を真面目に書いており、良書です。

本書の中の一部を紹介します。

日本株の株価は2012年末から上昇に転じたものの、TOPIXはバブルのピーク時だった1989年12月末から2012年12月末までの23年間では6割の下落、同様にITバブルのピーク時の1999年12月末からの13年間では4割も下落しており、たくさんの人が大きな損失を被りました。
(中略)
しかし、「日本株でリターンは得られない」と考えるのは大きな間違いです。
(中略)
2012年末までの13年間で株価が上昇した銘柄は1008もあり、その数は東証一部銘柄の6割近くにのぼりますし、24%を超える銘柄については株価が2倍以上に上昇しています。


今後も日本経済全体は低成長にとどまることが予想されますので、日本株のインデックスファンドで長期的なリターンを得るのは難しいと考えるできるでしょう。
(中略)
経済成長率が低い国のインデックスファンドに投資することは、「『成長する銘柄』と『成長しない銘柄』をセットで買う」ようなものであり、成長しない銘柄のマイナスによって、本来成長する銘柄から得られるはずだったリターンも奪われてしまいます。
(中略)
市場全体を丸ごと買うインデックス投資を捨て、「成長銘柄だけを選ぶ」のが日本株でリターンを得るための有力な投資方法と言えるのです。


TOPIXは時価総額の加重平均であるため、大型化株の影響が大きい。
そのため、大型株が低迷すると、全体は下がっているのに、上がっている株は結構あるというのは聞いたことがあります。

しかし、個別株投資で長期的にTOPIXを上回るリターンを上げられる確信は持てず、本書を読んでもインデックス投資への考えは変わりません。
今後もインデックスファンドを使った長期国際分散投資をコアとして、サテライトとして個別株投資にもいそしむ予定です。

ただ、1つの考えに固執するのではなく、さまざま情報を入れて見識を広げていくことは意識したいと思います。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 2

There are no comments yet.
kenz  

「今後も日本経済全体は低成長にとどまることが予想される」のに、わざわざ、その日本限定で成長銘柄を選ぶ、また、なぜ選べるのかがこのファンドへの疑問です。

「この池にはほとんど魚はいないし、いても小魚ばかり。でも俺の腕なら大魚を釣れる」と豪語するのはただのオーバーコンフィデンスかと。

2013/09/19 (Thu) 20:38 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김 용규/金 容圭)  
コメント返信

kenz 様

おっしゃる通りだと思います。
現状では、国際分散投資が一番いいかなと考えます。

2013/09/19 (Thu) 23:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply