FC2ブログ

1年間ありがとう

金村 圭介(김 용규)

話をするのが遅れましたが、
巨人リーグ優勝しました。

2_480x800.jpg

今年もキャンプに行って、1年間、ずっと応援し続けての優勝。
感無量です。

今年の巨人が優勝できた原因としては、選手層の厚さと完璧なリリーフです。

まず、選手層の厚さですが、
外国人2人(ロペス、ボーカー)の活躍により、控えの選手が充実しまくっています。
矢野やボウカーの代打がいて、代走に鈴木、松本が守備固めで出たりと、終盤思いきってカードが切れるし、戦力が落ちません。
特に、リリーフでピッチャーを送る時に、野手も変えて、打順をいじって、リリーフピッチャーに打順が回りにくくする。こんな戦略が多く見られましたが、これも戦力が充実しているからこそ、できることです。

だいたい優勝する時には、絶対的な数字を残した選手がいます。
去年であれば、打率、打点のタイトルをとった阿部慎之助です。
しかし、今年は打撃3部門や先発投手の主要部門でのタイトル獲得は難しそうです。
結果、MVPは巨人からではなく、ヤクルトのバレンティンでしょう。
そういう意味では、ありふれた言い方ですが、みんなで掴み撮った優勝といえるでしょう。

次に完璧なリリーフですが、
山口、マシソン、西村まじ最高です。
全員が60試合を超えそうな登板数で、防御率は1点前後。
これまでも、勝利の方程式(ダイエーの篠原、ペドラザ)、JFK(阪神のウィリアムス、藤川、久保田)などの強力リリーフがありましたが、今年の巨人は過去最強ではないでしょうか?
こんなに落ち着いて見てられる、リリーフ陣は初めてです。

これでリーグ優勝を勝ち取り、あとはクライマックスと日本シリーズ。
日本シリーズ連覇したチームを僕はまだ、見たことがありません。
今年は絶対に行けます。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 3

There are no comments yet.
あさ  

バレは例え三冠でもチームが最下位だからMVPは難しいと思います。
最下位じゃなくせめて4位とかならまだわかりませんでしたが。

そして阿部は成績だけの活躍じゃないです。
今年は不安定だった巨人の投手陣を引っ張り、ケガしてでも試合に出続け、選手のフォローをしたりチームの精神的支柱の役割もしていました。4番は変わりましたが、阿部中心打線だったのは間違いありません。阿部は数字だけの活躍じゃないので巨人からMVPを選ぶとしたら断トツで阿部でしょうね。

2013/09/23 (Mon) 12:26 | EDIT | REPLY |   
キリエ  

確か、パはオリックスの優勝を予想されていましたが、誤算はどのあたりだったのですか?

2013/09/23 (Mon) 14:02 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김 용규/金 容圭)  
コメント返信

あさ 様
> バレは例え三冠でもチームが最下位だからMVPは難しいと思います。

やはり最下位からでは難しいですかね?
確か、岩隈が21勝してMVP取った時に楽天は5位。
最下位でも、ホームランの日本記録を更新したので、あげてもいいと思っています。

キリエ 様
> 確か、パはオリックスの優勝を予想されていましたが、誤算はどのあたりだったのですか?

優勝予想は、ソフトバンクで、オリックスは3位以内には確実と言っていました(2013年3月29日付「今年はやるぞ!オリックス」参照)。
そして、9月23日現在での順位は5位で3位以内はほぼ絶望的と大外れです。

今年のオリックスは、イデホを中心に強力クリーンナップを中心にして、得点力に期待しつつも、先発のコマが揃っておらず、投手陣を不安していました。
しかし、得点も失点もリーグ最少と全く予想外の展開でした。

エースの金子、そして佐藤と平野のセットアッパー、クローザー。
あとは、コマ不足の中、先発陣を何とかやりくりして、失点がリーグ最少というのは、うれしい誤算です。

ただ、得点が取れませんでした。
イデホと糸井の活躍は予想通り、バルディリスもレベルアップしましたが、1・2番が固定できなかったのが痛いです。
特に、坂口の調子が全く上がってこず。平野もケガでシーズンの多くを棒に振りました。
得点力の高い、糸井、イデホの前にランナーを置けなかったのが、低迷の結果だと思います。

また、運というか全体的な流れが悪かった。
正直言って、楽天がそんなに強いとは思えません。
シーズンは長いので、本当に強いチームが勝ちそうですが、何となくいい流れになるというか、ノリというか、そういったモノも大きいと思います。
楽天はその波にうまく乗れたのでしょう。


2013/09/23 (Mon) 22:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply