FC2ブログ

もうすぐプロ野球開幕

金村 圭介(김 용규)

今週の30日からいよいよ日本プロ野球が開幕します。
基本的には、お金のことを語っていくんですが、大のプロ野球ファンとしては、この話題は語らずにはいられません。
やはり開幕前にやることと言えば、自分なりの順位予想です。
さっそくセリーグ・パリーグの僕なりの予想をしてみたいと思います。

セリーグ
1位 巨人
2位 阪神
3位 広島
4位 ヤクルト
5位 中日
6位 DeNA

1位は巨人を予想しました。これは巨人ファンだからではありません。杉内、ホールトン、村田を獲得し選手層がさらに厚くなり盤石の体制です。完全に抜けている感がありますので、中盤以降ぶっちぎるのではないかと考えています。
2位は阪神です。正直言って、ここ数年間阪神が優勝していないのが不思議なくらいです。今年は、城島がキャッチャーができずブラゼルと守備がかぶったり、マートンの怪我など不安要素はありますが、実力的にいえば軽くAクラスには入ると思います。
3位は大胆に広島を予想しました。ここ数年で若手を中心先発投手陣が揃ってきています。前田健太、バリントン、福井、今村、ルーキーの野村、復活をかける大竹など将来性のある先発陣が多いです。抑えはサファテが務めるでしょう。気がかかりは打線ですが、残留した栗原を中心に、東出、そよぎ、廣瀬など経験のある中堅どころは健在でしょうし、赤松、松山、岩本、丸などさらなる飛躍が期待できそうな選手もいます。若手が波に乗ってくれば、台風の目になりえるでしょう。
4位はヤクルトにしました。ここはやはり青木のメジャー移籍が大きいと思います。変わりにミレッジという外国人が入り期待が高いようですが、新外国人は本当にやってみないと分かりません。バレンティンは去年ホームラン王は取りましたが、打率も低くそこまで活躍したという印象はありません。今年は研究されて数字が低下する可能性もあると思います。投手は館山、石川を中心に由規、村中など若手にも実力のある人がいるので、安定感があります。
5位は中日です。正直言って去年、優勝したのが奇跡だと思います。さすがに今年は去年以上は打つとは思いますが、和田にも陰りが見えていますし、ブランコ、山崎など4番で確実に結果を出してくれそうな人が見当たりません。井端と荒木もそろそろでしょう。今後は堂上に期待したいです。投手はチェンが抜けたことが大きいです。川上が復帰しましたが、2ケタいけばいいくらいだと思います。
6位はDeNAです。投打共に軸となるような選手に乏しく、経験不足もあり1年間安定して高い勝率の残すのは厳しいと思います。

こうして戦力分析すると巨人はぶっちぎりで、2位~5位までは戦力拮抗、横浜は劣っていると思います。1強、4中1弱です。

(パリーグは次回)
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply