FC2ブログ

ダメサラリーマンでもいい

金村 圭介(김 용규)

週末から今日にかけて下記の本を読みました。

稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方


最近は堀江さんの本にハマっています。
この本も非常に面白くて、夢中になって読みました。
堀江さんの考えは非常に斬新であり、いつも発見があります。
まさに本を読んでいるって感覚になります。

その中で注目した部分が下記の通りです。
商人はいつの時代も差別されてきました。ご存知のように、江戸時代は士農工商の制度によって商人は社会の一番下の階層に位置づけられ、おとしめられていたわけです。
(中略)
商人は「金を持っているやつが一番強い」ということを肌で知っているので、実は身分制度なんてどうでもよかったわけです。


この感覚は僕らに生きるヒントを与えてくれます。

ブログで何度も言っていますが、僕はダメサラリーマンです。
人事部からの評価も最悪で、昇任はすでに同期から3年遅れ・・・。
今後もどんどん差が開いていくでしょう。
残念な人だと思われていることでしょう。
または眼中にないか・・・・。

しかし、僕はお金を貯めています。
同期でバリバリ仕事をしている奴でも、やれ飲み会だ、やれデートだ、やれ車だと貯金がほとんどないみたいな人もいます。

僕は社会的には彼らに完敗しています。
でも、金は僕のが持っている。
給与額は次第に引き離されていきますが、資産額では引き離していく自信があります。

そして20年後の48歳の時。
彼らは課長や部長にでもなって、年収も1,000万円近くなっていることでしょう。
反対に僕は会社を辞めて、ほぼニートで年収50万円くらい・・・。
社会の最底辺です。

ただ僕にはそんなことはどうだっていいんです。
僕にとっては、仕事のストレスがなく、時間がたっぷりあり、おいしいごはんが食べられるだけのお金があり悠々自適な生活を送ることが、絶対的な幸せと確信しています。

身分や世間体等は一切関係なく、その頂に向かって歩むだけです。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply