FC2ブログ

人間の欲望についての考察

金村 圭介(김 용규)

昨日のスピードスケート見ましたか?
加藤条冶は5位、長島圭一郎は6位・・・
金メダルもと言ってただけに、惨敗にガックリきました。
本人達も本当に残念だったことでしょう。

でもよく考えてみると、世界で5位と6位ってものすごいことじゃないでしょうか?
僕を含めて多くの人間は、世界で100位以内に入れることなんてないはずです。

人間の欲望というのは際限がないのです。
県大会で優勝したら次は全日本、全日本で優秀な成績を納めたら次は世界大会、そこである程度戦えるようになったら次はオリンピック、銀メダルを取ったら次は金メダル、金メダルを取ったら次は連覇。
どこまで行っても、これで満足ということはないのです。

もちろんこの欲望こそが、人間がここまで進化してきた源泉であり、素晴らしい本能です。
僕たちが株式市場で、リターンを期待できるのもこの欲望があるため。

しかし、欲望をある程度制限しないと、どんどん大変になってしまいます。
加藤選手も長島選手も、金メダルを狙って辛い練習を積み重ねましたが、残念ながら幸福感は得られませんでした。
日本人として頑張ってほしいのですが、そんなにハードルを上げなくても・・・とも思います。

欲望については、僕も気をつけないといけません。
僕は40歳で5,700万円貯めてセミリタイアする目標があります。
セミリタイア後は贅沢することは望んでおらず、ストレスなく平穏な時間を過ごせればと思っています。

ですが、下記のような思いがよぎることもあります。
例えば40歳で41歳まで働けば、その分色々なことができる。
世界一周旅行にも行ける。
2年3年と長く働けば、もっと多くの贅沢ができ、定年まで働けば、東京のベイエリアの高層マンションも買えると思います。
こうやって欲望を増幅させて、働き続ければ、結局セミリタイアできません。
その結果、多くのお金を使えても、たぶん仕事のストレスで幸せにはなれません。

欲望という本能を見方にして自分を高めることは必要ですが、ほどほどでいいと考え楽に生きるバランス感が必要になってきそうです。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 2

There are no comments yet.
しん  

人間の欲望、自我こそ資本主義社会の発展の源でありその恩恵も享受していると思いますが、もし、欲望や自我を捨てれたらどれだけ楽な人生なんだろうと思う時もあります。

2014/02/12 (Wed) 20:02 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김 용규/金 容圭)  
コメント返信

しん 様
> もし、欲望や自我を捨てれたらどれだけ楽な人生なんだろうと思う時もあります。

楽でしょうね。でも仙人じゃないと無理かもです。

2014/02/12 (Wed) 23:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply