FC2ブログ

個別株投資成績(2014年第3回目)

金村 圭介(김 용규)

月の第1日曜日なので、個別株投資成績の公開です。

(参考)前回の成績

個別株管理票(2014.3)

リターンは8.0%、一方のベンチマークのリターンは18.5%

ベンチマークとの差は-10.5%です。
前回は-18.3%だったので、1カ月で7.8%差を縮めたことになります。
もちろん、まだボロ負けですが・・・

好調の理由は、下記引用の通り、2社が自社株買いを発表したことです。

2014/02/06 日本経済新聞 朝刊

三井物産が5日発表した2013年4~12月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比19%増の3019億円となった。機械・インフラや鉄鋼製品といった非資源の各部門が好調だったうえ、為替の円安も全体の収益を押し上げた。同社として初めての自社株買いを実施する方針も発表した。
(中略)
同日発表した自社株の取得は3月下旬までに4000万株(現在の自己株式を除く発行済み株式の2・2%)、500億円を上限に実施する。岡田譲治最高財務責任者(CFO)は「4~12月期の好業績や潤沢なキャッシュフローに加え、金属資源への投資が一段落したため」と説明した。取引時間中の自社株買い発表を好感し、5日の同社株は一時前日比110円(8・4%)高の1425円まで急反発した。


2014/02/19 日本経済新聞 朝刊

18日にはキヤノンが上限500億円の自社株買いを発表した。
(中略)
キヤノンの自社株買いは昨年9月以来。手元資金が約8000億円と潤沢で、これまでも資本効率向上のため機動的に自社株買いを実施してきた。配当利回りなどの観点から足元の株価が割安との判断もあるようだ。


ちなみに自社株買いとは、

自己株式取得の一つで、株式市場から過去に発行した株式を自らの資金を使って直接買い戻すことを指す。

株式会社が、株主への利益還元やストックオプション(従業員持ち株制度)等に利用するために行う。自社株を買い入れて消却することで、利益の絶対額が変わらなくても一株当たりの資産価値やROE(自己資本利益率)が向上する。

野村証券ホームページ 用語解説より


ってなことです。

同時期に2社共に自社株買いの発表があったことは、ラッキーでした。

それでも、まだTOPIXには大きな溝を開けられており、僕の投資センスの無さを露呈しています。
しかし、いつかは逆転することを祈りながら、個別株投資というゲームを楽しみたいと思います。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 2

There are no comments yet.
UA  

もう1銘柄いきましょう。相場の動向もあるからボーナス時期にこだわらなくてもよくない?セミリタイアしたら半年間は遊んで遊び飽きたら半年間バイトするってのもいいんね、。

2014/03/02 (Sun) 14:58 | EDIT | REPLY |   
キム・ヨンギュ(김 용규/金 容圭)  
コメント返信

UA 様
> もう1銘柄いきましょう。相場の動向もあるからボーナス時期にこだわらなくてもよくない?

余裕資金も貯まってきたり、日本株の比率も下がってきたし、今検討中です。

2014/03/02 (Sun) 23:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply