FC2ブログ

あんなオッサンでもできるんだから・・・

金村 圭介(김 용규)

図書館で借りて、下記の本を読みました。

「ここ一番」に強くなれ!


世の中の本質を鋭く解説してくれる面白い本でした。

その中でも下記の部分が印象に残りました。

すべての仕事は「やればできる」レベルだ

電車に乗っていると、たいていロクでもないオッサンと出くわすものだ。
よれよれにくたびれたスーツを着て、何カ月も磨いていないような靴を履き、スーツの肩にはフケが乗っている。そして酒臭い息を吐きながら、短い足を組んで恥ずかしげもなくスポーツ新聞のアダルト欄を読みふけっている。
あんなオッサンになってはおしまいである。
しかし、もう一歩踏み込んでほしい。
あんなオッサンでも、とりあえず「サラリーマン」をやっているのだ。
どんな会社のどんな部署かは知らないが、与えられた仕事をこなし、それで何十年も食っていけてるのだ。
仕事なんて、しょせん「あんなオッサン」にもできるレベルなのだ。
いま会社から給与を貰っている人は、すべて「やればできる」レベルの仕事を与えられているのだと思って間違いない。
仕事を必要以上に難しく考えるのは、バカのやることだ。
仕事とは、あなたが思っている以上に簡単でシンプルなのである。

すべての仕事は「やればできる」とは思えませんが、「あんなオッサンにもできるレベル」という点は非常に共感しました。

以下は、就職して最初の職場での経験です。

就職したばかりで、右も左も分からない状態。
覚えることも膨大で、お客さんとの対応もうまくいかない。
そんな時に、平然と仕事をこなしている周りのオッサンがすごく見えました。

しかし、1年して慣れてきた頃には、しょぼさが目につくようになりました。

・大して業務量もないのに、いつも慌ただしくしていて、机の上は書類の山
・自分の担当業務の知識しかなく、電話での問い合わせがあると、すぐに別の部署に電話を転送
・ベテランなのに、僕に成績が負けている
・目の前で電話がなっているのに、気がつかずに、上司に「○○さん電話なってるんだから、取ってくださいよ」と言われる

とまあひどい人も数人は目にしてきました。
もちろん、メタボで、禿げかかっていて、鼻毛が出ていて、変なところから毛が生えていて、ヨレヨレのスーツ着ていて、オッサン臭がします。
会話も知性の欠片もありません。

でも、筆者の述べる通り、そんな人でも仕事をしており、しっかり家族を養えるだけの収入を得ているのです。
すべての仕事が「やればできる」レベルとは思いませんが、「やればできる」の仕事もたくさんあるんだというのは、実感しています。

僕が予定通りセミリタイアするために一番難しいのは、しっかりと収入を確保すること。
天性のケチなので節約は今後もちゃんとできるだろうし、資産運用もルールに基づいて冷静に実行できています。

ただ、仕事に関しては、ちゃんと続けれれる自信がありません。
仕事能力は低いし、一度どん底を見ており、またいつ心が折れてしまわないか心配です。

もちろん、自信過剰になり、調子に乗るのはよくありません。
それで大きなミスをすることはあります。

しかし、「あんなオッサンでもできるんだから」という視点を持ち、仕事をシンプルに考え、自分のペースを崩さないことが重要でしょう。
ちょっと見下すくらいで自分優位に立ち、自信を持っていくくらいでちょうどいいかもしれません。
関連記事
Posted by金村 圭介(김 용규)
        

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply